人気ブログランキング |

DAY BY DAY

fujitart.exblog.jp
ブログトップ

タグ:版画芸術 ( 6 ) タグの人気記事


2007年 12月 01日

執筆した雑誌が届きました。

天気がよかったので、家のペンキ塗りをしていたら、雑誌「版画芸術」が届きました。版画実践講座を執筆しています。サブタイトルが「自分でできるフォトエッチング」。ちょっぴり恥ずかしいタイトルではありますが(編集のHさん、ごめんなさい)、心配していた作品写真のしまりもよく一安心(顔写真は見なかったことにしてください)。限られたページ数なのでどこまでお伝えできるかわかりませんが、というか、興味を持って読んでくれる方がいるかどうかわかりませんが、もし、読まれることがありましたらご一報ください。(いないか)版画芸術・冬号、阿部出版。12月1日発売です。
19ページのタナカギャラリーの広告写真、結構気に入っています。

http://www.asahi-net.or.jp/~wi9o-fjtd0114140_2092318.jpg

by fujita-art | 2007-12-01 20:10 | Comments(0)
2007年 11月 08日

まさにガセだね。

執筆した版画芸術のゲラ刷りが送られて来ています。便利なもので今はPDFとか言うものを使ってメールで送られてくるので最終的な本と変わりません。ただオジさんアーティストはわがままなので編集者も大変です(ご苦労様です)。
ところで、使われているポートレート写真ですが田村正和(古い!)あたりと差し替える訳には行きませんでしょうか?その程度の偽装もダメですか?読者の方々にもそのほうが良いのではないかと、、、、。(がせねた)

http://www.asahi-net.or.jp/~wi9o-fjtd0114140_17572030.jpg

by fujita-art | 2007-11-08 18:03 | Comments(0)
2007年 11月 06日

シロウトは伸ばします。

原稿を書いていてprinterやcomputerをカタカナ表記するのに長音をどうするか迷いました。プリンターと書くべきかプリンタと短くするべきか。横棒一本に悩むこと15分。どっちが正しいのか。実はどちらでもいいらしい。調べてみると技術屋さんはプリンタと表記するとか。そのような方々から見るとプリンターと伸ばす表記は素人っぽく見えるのだとか。
っで、結局出版社の意向に従いました。ハイ、素人なので伸ばしておきました。
版画芸術12月号でーす。

http://www.asahi-net.or.jp/~wi9o-fjtd0114140_21251427.jpg

photo by tomo

by fujita-art | 2007-11-06 21:27 | Comments(0)
2007年 10月 15日

写真は撮られるより撮る方が気楽です。

狭いアトリエにたくさんの撮影機材を持ち込んで取材が行われました。そんなに大げさにされると困惑します。「自然にしてください」と、カメラマンに言われても、無理です。この年になるとレントゲンやCT撮影ならもう慣れたものですが、手持ちのカメラには緊張の連続です。やっぱり、制作は誰も見ていないところで秘密裏に行なうものです。

「版画芸術」のHさん、カメラマンのYさん、遠いところ朝早く、お疲れさまでした。結構楽しかったですよ。

http://www.asahi-net.or.jp/~wi9o-fjtd0114140_2132488.jpg

by fujita-art | 2007-10-15 21:32 | Comments(0)
2007年 10月 13日

サンプルは誰でもできるフォトエッチング

版画専門誌の取材が近づいているので、今日はそのコーナーで紹介する超カンタンなフォトエッチングのサンプルを仕上げました(3分クッキングみたいです)。サンプルなのでわかり易いイメージを心がけました。同時に原稿も書き上げました。誌面が限られているので、あまり詳しく書けないのが残念ですが長文だとボロが出そうなので、いいことにしましょ。
この分野で詳しい方がいたら目をつぶってください。

http://www.asahi-net.or.jp/~wi9o-fjtd0114140_22175829.jpg

by fujita-art | 2007-10-13 22:19 | Comments(0)
2007年 09月 26日

教えるほどのことではありませんが

銅版画を制作していても、なかなか取っ付きにくいフォトエッチングをもう少し簡単に出来ないだろうかと、版画専門誌のスタッフから相談され、執筆協力する事になりました。デジカメやデジムービーがこれだけ普及すると、映像イメージを作品に取り込みたくなるのも合点がいきます。普段狭いアトリエで制作している秘密のノウハウ(笑)を大公開しちゃいます。と、言っても僕が知っている事などたかが知れているので、つまらなくても大きな心を持ってご容赦ください。


http://www.asahi-net.or.jp/~wi9o-fjtd0114140_2026786.jpg

by fujita-art | 2007-09-26 20:30 | Comments(0)