人気ブログランキング |

DAY BY DAY

fujitart.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2007年 09月 20日

作品の良さが変わるわけではないけれど

どうやって作っただとか、どれほど大変だったとか、材料はどうだとか、そんなことはどうだっていいと思う訳です。要はその作品がおもしろいかどうかです。昨日、ギャラリーをいくつか回ったときの感想です。
レシピを聞いて味が変わるわけではありませんが、レシピは自分で調べたり、想像した方が楽しいというものです。


http://www.asahi-net.or.jp/~wi9o-fjtd0114140_21202963.jpg

by fujita-art | 2007-09-20 21:22 | Comments(0)
2007年 09月 19日

手が覚えていることはなかなか伝えられません

 口で伝えられることには限界があります。力加減だとかタイミングだとか、その辺はやはり伝えるのは難しいかなと思います。ほかにもデータでは残せない、人の感情だとか感性だとかそういったものは自分の経験で会得していくしかありません。
 今日、ムサビでの講義を終え、そんなことを思った次第です。


http://www.asahi-net.or.jp/~wi9o-fjtd0114140_2261613.jpg

by fujita-art | 2007-09-19 22:07 | Comments(0)
2007年 09月 18日

カロリー表示が気になります

昔から「太った画家と太った聖職者は信用できない」という持論がある。なのに、このままいくと信用できない(版)画家になってしまう恐れが出てきた。そんなとき、新聞で目にした岡田斗司夫著「いつまでもデブと思うなよ」という本を知る。本当に太っていたらレジに持っていきにくいだろうなと思うようなすごいタイトル。早速購入しざっと読む。なかなかおもしろい。ほとんどの食品にはカロリー表示があることを知る。読後、食品パッケージに記されたカロリー表示がやたらと気になる今日この頃です。


http://www.asahi-net.or.jp/~wi9o-fjtd0114140_1931561.jpg

by fujita-art | 2007-09-18 19:35 | Comments(0)
2007年 09月 17日

今日は暑さが気になりません

ここのところずっと試行錯誤していた試みがやっと形になりそうだ。フォトポリマーの再現性と銅版画の物質性とを合わせたものをなんとか作品化できないかと苦労していた。版画の面白さは技術的な完成度をクリアーした先にある絵画の本質の追求かなと思っています。若い頃よく読んでいた一冊の技術書の中の一行に今回ヒントを見つけたのがきっかけでした。今年中に次なるステップに進みたいと願っています。


http://www.asahi-net.or.jp/~wi9o-fjtd0114140_22222275.jpg

by fujita-art | 2007-09-17 22:26 | Comments(0)
2007年 09月 16日

浅知恵に残るは勘と経験です

 9月も半ばを過ぎたというのにこの暑さはいったいなんなのか。やっとこれからは涼しくなり夏の猛暑で煮立った(?)頭も少しは冷静さを取り戻すかと思っていたのに。肉体の衰えを思考の深さでカバーしようと思っても、もともとふぐ刺しのような薄い脳みそではどうにもなりません。(浅知恵)残るは勘と経験というなんとも不確かなものに頼るほかなさそうです。まぁ勘と経験だけは歳を重ねなければ手に入れられないものではありますが。


http://www.asahi-net.or.jp/~wi9o-fjtd0114140_18421145.jpg

by fujita-art | 2007-09-16 18:42 | Comments(0)
2007年 09月 15日

二人か三人いればいい

100人中100人の賛同を得るような作品はあり得ない。かといって100人すべてに理解されないのも問題があるのだろうし、やっぱり寂しい。目指すところは100人中2人か3人といったところではないだろうか。もちろんもっと多い方がうれしいけれど、世の中そんなに物好きはいないでしょ。そんなわずかな人たちの言葉に励まされて今日も作品を作り続けているわけです。


http://www.asahi-net.or.jp/~wi9o-fjtd0114140_19411999.jpg

by fujita-art | 2007-09-15 19:43 | Comments(0)
2007年 09月 14日

最小限の情報からでも

 たとえば豪華なオーディオルームで聴くレコードではなく、手のひらに乗るようなそれもガーガーと雑音がいっぱい入るようなトランジスタラジオから聴こえてきた音楽に胸が締め付けられた少年時代の経験のような。たとえば新聞の片隅に載った小さなそれもドットの荒いモノクロ写真の美術作品に目が釘付けになるような。最小限の情報からでもその人の琴線に触れるような、そんな作品を作りたいと思っている。たぶん本物とはそういうものだろうと思う。


http://www.asahi-net.or.jp/~wi9o-fjtd0114140_22184823.jpg

by fujita-art | 2007-09-14 22:20 | Comments(0)
2007年 09月 13日

スイカでスイスイ

 今更ですが、初めてスイカを購入しました。その便利さは散々聞いてはいたのですが、使ってみるとまぁこれは便利です。「えっ?今まで持ってなかったの」などとおっしゃらないでください。電車を利用する機会が少ないだけです。切符を購入している間に電車が行ってしまったことが今まで何度あったことか。でも、もう大丈夫。若いビジネスマンやOLさんのように財布に入れたまま改札機をポンッとたたいて入ったり出たり。いかにも都会人ぽくっていいですね。(イナカもん)


http://www.asahi-net.or.jp/~wi9o-fjtd0114140_21145995.jpg

by fujita-art | 2007-09-13 21:18 | Comments(0)
2007年 09月 12日

もう一度学生時代に戻りたい

 工房には思いつくものはほとんどがそろっていました。到底個人では揃えることは不可能と思われるモノがいっぱいです。何ともうらやましい限りです。もう一度学生に戻りたいと思ってしまいました。
 今日、武蔵野美術大学でフォトポリマー・グラヴュールの講義と実演を行う機会を与えられ、そんなことを思った次第です。自分のスタジオと勝手が違うのでちょっぴり心配でしたがなんとかうまくいきホッとしています。


http://www.asahi-net.or.jp/~wi9o-fjtd0114140_19214196.jpg

by fujita-art | 2007-09-12 19:22 | Comments(0)
2007年 09月 11日

改札は結構面白い

改札を通るとき、切符を横にして入れてみる。ちゃんと縦になって出てきます。今度は裏返しに入れてみる。スゴイ、表になって出てきました。いろんな人がいることを想定して改札は作られているんだろうなと感心しきりです。僕はおもしろがってわざといろいろ試していますが(馬鹿だね)、機械が止まったことはありません。でも、乗り越し切符にはちゃんと反応するんだろうな(あたりまえか)。同乗者の分と一緒に二枚あわせていっぺんに入れたらどうなるのかな。まだやっていないのでどなたか挑戦してみてください。


http://www.asahi-net.or.jp/~wi9o-fjtd0114140_20551294.jpg

by fujita-art | 2007-09-11 20:59 | Comments(0)