人気ブログランキング |

DAY BY DAY

fujitart.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 1174 )


2019年 03月 31日

4月の展覧会

d0114140_19582753.jpg

「公園」をテーマにと言われ
一句詠んじゃう?と思いましたが
やっぱり版画にしときました。

「Another day in the park」
という企画展に参加します。
吉祥寺のgallery 悟 SATORUです。
岡田浩志、佐藤春菜、常田泰由、好宮佐和子、藤田修
の5名です。
まだお会いしたことのない方もいて、
とても楽しみ。
新作4点の発表です。新作です。

明日は世の中の話題が一気に
「和平」になってしまいそうですので
(あっ、和平は私が決めたものね。^_^)
で、早めの告知です。
4月20日からです。

今日ギャラリーからDMが届きましたとさ。


Gallery SATORU


...........


by fujita-art | 2019-03-31 19:59 | Comments(0)
2019年 03月 29日

イケムラレイコ そして


d0114140_19061418.jpg
その作家を知ったのはパリのギャラリーでした。
受付近くに置いてあった図録が気になって名前を見ると
LEIKO IKEMURAとありました。
図録を見ただけで好きな作家だな、と。
おそらく15、6年前のことだったかと。
今日、やっと時間が取れたので新国立美術館へ行ってきました。
「イケムラレイコ/土と星 」と題した展覧会です。
これね、見ないと後悔しますよ。
IKEMURA の世界観が堪能できるし、展示もまた素晴らしい。
唯一困ったのは図録が重かったことくらい。(^^)
全てではないですが写真も撮れます。
好きな平面作品の部屋は写真NGだったのは残念でしたが。
目にしっかりと焼き付けて来ました。
IKEMURA を見た後は表参道へこれまた大好きな作家
尾関立子さんの「STOCK」と題した個展へ。
作家の原点でもあるSloughシリーズで
またまたそそられる銅版画の展示でした。
やっぱり自分が持ち合わせていない感性の持ち主に
惹かれます。^_^
さて、ワタクシも明日から頑張ろうっと。

d0114140_19062269.jpg

イケムラレイコ展

DEE'S HALL 尾関立子展


...............



by fujita-art | 2019-03-29 19:11 | Comments(0)
2019年 03月 28日

川柳作家

d0114140_16522212.jpg


版画家改め川柳作家となりました。
ウソ(^^)
ただ、マイブームであることは確かです。
今日(3月28日)の毎日新聞朝刊にmy句が載っちゃいました。
なんと今月はこれで3度目。
しかも今回も「秀逸」を頂きました。(お〜!)
どうなってるんだ
もうびっくり。^_^
プロのコピーライターも参加している仲畑流万能川柳は
投稿川柳では最も難関と言われてるんです。
難関であればあるほど挑戦したくなりますよね。
だって、落ちても言い訳できるじゃないですか(笑)。
だいぶ動きの鈍って来た頭の中のハードディスクを
フル回転。
つまりその、ユーモアのリハビリね(^^)。

「楽しくなければ人生じゃない」

毎朝食事を済ませ、仕事に入る前に4句を詠んで、
ハガキに書いてポストに投函するのが日課になっています。
あっ、言っておきますが
美術家としてのお仕事は今、めちゃめちゃ忙しい状況です。

で、

今回「秀逸」を頂いた句はこれ

CMを 挟んでじらす 程かいな by だ・ピンチ

でした。

またね。


■写真(上)は庭のボケの花。もっとボケるよう精進します。
 (下)は 今日(3月28日)の毎日新聞朝刊



d0114140_16524297.jpg

...............


by fujita-art | 2019-03-28 16:59 | Comments(0)
2019年 03月 18日

近況報告

d0114140_08305936.jpg

ブログよりフェイスブックの投稿が多くなってしまった今日この頃。
満を持して、期待に応えて、待望の、、、、投稿です(^.^)。
何を隠そう、ワタクシ川柳始めました。
冷やし中華ではありませんセンリュウです。
毎日新聞の朝刊に
中畑流万能川柳と言う人気のコーナーがありまして、
これ、
1日1600句の投稿があり
その中からたった18句が選ばれると言うものでして、
そこに投句を始めたんです。
なにせ100倍近い倍率ですので(ちょっとオーバー?)
簡単にはいかないのですが、
それでも今まで4回ほど掲載されました。
で、
3月16日には、
な、なんと
秀逸作品に選ばれまして、

版画家改め川柳作家と名乗るのも時間の問題かと(^.^)。

柳名は「だ・ビンチ」です。

そう、このブログで使っている名前です(^.^)

その最新句とは

「 寒いねと 言える幸せ だけど猫 」by だ・ピンチ

でした。


またね


...................



by fujita-art | 2019-03-18 08:32 | Comments(0)
2019年 01月 01日

謹賀新年

d0114140_13415876.jpg
「平成」最後の新年だそうです
次の元号が気になるところですが
いっそのこと昭和と平成を合わせて
「和平」なんてどうでしょうか
まぁ どうなるかはさておき
新年あけましておめでとうございます
本年もどうぞよろしくお願い致します
世界中で和平が結ばれますように
そして
皆様にとって平和な年でありますように

Good day & Peace !



...................


by fujita-art | 2019-01-01 00:00 | Comments(0)
2018年 12月 29日

シルバーシート

d0114140_13284093.jpg

「どうぞ」

そんなつもりでシルバーシートの前に立ったわけではないのだが、
若くて綺麗なご婦人が席を譲ってくださった。
昔、黒服でヤクザ風の若者がさっと席を立ち「どうぞ」と言われたことはあったが、あれ以来だ。
まさか無言の威圧感があったとは思えない。
きっと髪を染めずに白人になっていたからに違いない。
席を譲ってもらった手前、人生に疲れ果てた老人を演じようと
寝たふりをする。
今年最後のギャラリーの店番を早めに終え帰宅電車内のことでした。

年末だというのに、ハワイにも行かず、大掃除もせず
出かけて下さった奇特な方々に心からありがとうです。

年明けは5日からです。

■写真は山茶花が落ちた年末の庭。




.................



by fujita-art | 2018-12-29 13:31 | Comments(0)
2018年 12月 24日

クリスマスおめでとうございます。

d0114140_09322944.jpg
平和がありますように。


by fujita-art | 2018-12-24 09:33 | Comments(0)
2018年 12月 17日

始まります

d0114140_22021130.jpg

明日搬入展示の予定です。
で、
今週末から始まる個展の展示の模型です。

人様に見せる程のものではありませんが、
こういうの楽しいでしょと、まぁ予告編みたいなもんですネ。
あっ?予告編見て本番を見なくていいって思ったでしょ。

画面右側のドアらしきとこを開けるとトイレがあるので、
寒くなって来た事だし
「スミマセ〜ン、トイレ貸して下さ〜い」って入って来たら如何?

12月22日から吉祥寺はGallery SATORU にて
「noise」と題した個展です。

Gallery SATORU



..................





by fujita-art | 2018-12-17 22:04 | Comments(0)
2018年 11月 22日

優 遇

d0114140_21294085.jpg
しばらく忙しく
おちおちインフルエンザなんぞには
かかっているヒマはないので
今日はお仕事前に予防接種を受けて来ましたとさ。

でね
今年から何と、なんと、ナント〜!

半額でした!!

高齢者優遇とかで、市が半額負担ですって。
ホッホッホ、どうだいいだろう(^-^)
映画だって、美術館だってシルバー価格だぜ!

でさ、時々シニア割とか表記されるんだけど
「死にゃぁ」って聞こえちゃうのよね。(ナゴヤ?)
まぁ、わからないでもないけどさ、
もうちょっとだけ待っててね。

そしたらチミたちの出番も多分来るからさ(>_<)

なんのこっちゃ。(^_^)








...................


by fujita-art | 2018-11-22 21:32 | Comments(0)
2018年 09月 08日

秋の図書館

d0114140_17474195.jpg
d0114140_17475561.jpg


本を全く読まなかったわけではないけれど
図書館の本をかたっぱしから読むような
いわゆる文学少年ではなかった。
ただ、版画を作っていると
どうしても本との関係が気になってくる。
書かれた内容以上に
印刷だとか製本だとかが気になってしまう。
内容より先に装丁や表紙に惹かれて買ってしまうこともある。
表紙とタイトルにつられて買って読み始め難解すぎる文章に
はたと気がつく。
ぅん?これ前にも一度買ったな。( ̄_ ̄ i)
そんな間抜けな本との関係である。
で、
版画家としては
本の体裁になる前の箱に入った版画集なんかも気になる。
まぁ、気にはなっていたけれど
本気で取り組むことはなかった。
そんな時、本をテーマにした企画展の誘いを受けた。
さて、どう取り組むか。
いや、どう取り組んだか。(^_^)
あなたが見たこともないような本に出会えるはずです。
秋の図書館、ぜひお出かけください。



《秋の図書館》

岩崎ミュージアム( 横浜・山手/港の見える丘公園前)
横浜市中区山手町254
TEL 045-623-2111

2018年9月27日(木)~10月28日(日)9:40~17:30
     〈10月1、9、15、22は休館日〉


版画と本は歴史的に深い絆があります。
本は版画の揺り籠であり、版画は本をいろどる言葉でした。
《秋の図書館》は版画と、本と、言葉の親密さを呼び覚ますための、
個性を異にする版画家たちの展覧会です。  〈柄澤齊〉


参加メンバー
東逸子、岩切裕子、柄澤齊、木下恵介、木村繁之、
田中彰、田沼利規、中村桂子、藤井敬子、藤田修、
筆塚稔尚、古谷博子、安井寿磨子、横山智子、渡邊加奈子


岩崎ミュージアム



............................



by fujita-art | 2018-09-08 17:54 | Comments(0)