DAY BY DAY

fujitart.exblog.jp
ブログトップ
2008年 01月 29日

版画の戸籍簿

版画を作ったら、そのデータを記録する用紙に必要事項を記入します。用紙といっても市販のものがある訳もなく作家がそれぞれ工夫をして作ることになります。制作年やエディション記録等を記入していくものです。いわば、版画の戸籍簿のようなものです。ちなみに僕の記録簿は、通し番号から始まり、タイトル、日付、サイズ、エディション、版材、技法、用紙、インク、価格、発表、収蔵、それとエディション記録と制作記録などが記入できるようになっています。あと作品写真が添付できると完璧です。どこへお嫁に行ったかまでの消息は分かりませんが、何部刷ったかは記録しておかなければ大変なことになります。いわば限定出版なので面倒ですがやらなければならない作業の一つです。


http://www.asahi-net.or.jp/~wi9o-fjt

d0114140_2048475.jpg
[PR]

by fujita-art | 2008-01-29 20:49 | Comments(2)
Commented by moonlit-9 at 2008-01-30 23:49
エディション記録、悩みの一つです。パソコンで管理できる便利なツールを手に入れたのですが、制作して1年くらい経つと、結局メモをどこに書いたか忘れて残り部数が合わなくて慌てます。やはりまめに続けるしかないんでしょうが・・・ホント面倒です。
Commented by fujita-art at 2008-01-31 09:03
まったくです。僕のように工房で刷るのではなく、エディションも画廊からの要請があってから刷り増しするようなめんどくさがりやには余計に記録は必要になってきます。


<< 個展案内速報です。      浮世絵、再考(最高)。 >>