人気ブログランキング |

DAY BY DAY

fujitart.exblog.jp
ブログトップ
2007年 09月 05日

日本画

先週、平塚市美術館に行ってくる。黒田清輝展と斉藤典彦展を見る。黒田清輝はさておき、斉藤氏は日本画家と括られているけれどあえて日本画に括る必要性は見えない。ターナーの幽玄さを彷彿とさせ、豊かな色面はその前に立つ者を暖かく包み込む。日本画といわれるのは単に描画材料の分類にしか思えてならない。特に近年の仕事に目を見張るものがありました。見た後、担当学芸員としばし立ち話。


http://www.asahi-net.or.jp/~wi9o-fjtd0114140_2151128.jpg

イメージ写真と本文は関係ありません。

by fujita-art | 2007-09-05 21:53 | Comments(0)


<< からす      夏の常設展示 >>