DAY BY DAY

fujitart.exblog.jp
ブログトップ
2007年 08月 28日

銅版画の基礎講座 10

マジックインキ
 マジックインキ(油性マーカー)の詰め替え用インキを版面に塗り、完全に乾かしてからリグロインかホワイトガソリンをちょこっとたらしてみると干ばつの後の地面のようなひび割れができます。マジックインキが濡れている間にフィルム状のものでぐにょぐにょ押さえて離せばエルンストのデカルコマニーのような表情を作ります。それらを腐蝕してあげるとマジックインキがグランドの役目をしながらおもしろい表情を出すごとができます。
 まぁあまり技法ばかりに頼っても逆効果となりますけれど。


http://www.asahi-net.or.jp/~wi9o-fjtd0114140_20454454.jpg
[PR]

by fujita-art | 2007-08-28 20:47 | Comments(0)


<< 銅版画の基礎講座 11      銅版画の基礎講座 9 >>