DAY BY DAY

fujitart.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 25日

版のお仕事。

「写す」ということだけにとどまるものはたんなるPrintで終わってしまう。版を通した時の、版のリアリティを物質感の強いインクを使って提示する。モノの存在感が人の死生観にまで昇華していく。その辺りのことをいつもぶれないように仕事をしたいと思っている。版画の仕事はなかなか奥が深くて、やりがいがあります。



d0114140_1974065.jpg

http://www.asahi-net.or.jp/~wi9o-fjt
[PR]

by fujita-art | 2007-07-25 19:08 | Comments(0)


<< 下ごしらえに手間がかかります。      汗だく。 >>