DAY BY DAY

fujitart.exblog.jp
ブログトップ
2015年 06月 22日

感性だけでは片付けられない

d0114140_20173668.jpg


何も束縛されない自由の中にあるより、
制約されたシステムの中で目的を達成する方が
着地点が明確になる場合が多い。
美術表現においても同じようなことが言える。
神奈川県立近代美術館・葉山で開催中の
「ムルロ工房と20世紀の巨匠たち」というタイトルの展覧会を見て
その感をさらに強く持った。
版画制作には感性だけでは片付けられない
技術的な問題が大きく関わるのだが、
版画技法(技術)に精通しているアーティストはそれほど多くはない。
しかし、優れた版画工房の職人の助言と技術的な助けを借りて
作家が版表現に挑戦すれば、感性と技術が相まって
作り手の想像を超え、完成度の高い作品が生まれる。
版画制作には完成に至るまでのプロセスが
かなり複雑な工程を踏み、
その工程はシステマチックに進めなければいけない。
作家は気の向くままに制作を進めても決して上手くはいかない。
作家がやろうとしていることをよく汲み取り、
最善の技法を示し、作家がイメージする以上のものへと
導くのが優れた版画職人と言える。

今まで正直それほど興味が無かった
ジャン・デュビュッフェやジョアン・ミロの
ムルロ工房で作った版画作品がたまらなく魅力的だった。
彼らは版画の制約された技法の中で
とてもシンプルに仕事をしていた。
やろうとしていることが明快に表れた版画のマジックとも言える。
版画制作を日常的に行っている者にも
刺激的で、美しい展覧会であった。

前期を終え、作品の入れ替えもあるようなので
会期中にもう一度見たいと思う。

神奈川県立近代美術館・葉山
[PR]

by fujita-art | 2015-06-22 20:26 | Comments(2)
Commented at 2015-07-01 17:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by fujita-art at 2015-07-02 15:34
カギコメさん、
現段階で決まっているのは10月渋谷と来年の1月池尻の個展です。
詳細はその都度ブログにアップしますので、ご確認ください。


<< 寝るしか無い      大きくはなったけど、、、 >>