人気ブログランキング |

DAY BY DAY

fujitart.exblog.jp
ブログトップ
2015年 02月 10日

歴史に学ぶ

d0114140_1721279.jpg


鎌倉近美と鎌倉別館へ。
「湘南の画家たち」との括りで近代から現代の湘南ゆかりの作家たち。
作家は同世代のギャラリー展示ばかりではなく
美術館の常設展示のような作品群を時々見なくてはいけません。
残る作品というのはどういうものなのかと
考える時間が必要だからです。
今日は鎌倉館も良かったですが、
別館の「幻想の系譜」と題しての、
ゴヤ、ルドン、クリンガーの版画の展示が良かったです。
こちらも館のコレクションからのテーマ展示です。
美術館での版画展示で時々気になるキャプションも
よく調べているのか、技法の間違いもほとんど見受けられず
スッと入り込めました。
まぁ、そんな事は本来どうでも良いことなのにね。
キャプションではなく作品を見なさい!
と、もう一人のワタクシが版画家のワタクシに言っておりました。

でもね、版画はいいですよ。
やっぱりね。
ファインアートでもあり
グラフィックアートでもあるんです。
美術館で版画を見るのは
電車の中で文庫本を読むのと似ているのかなとも
思ったりします。(ワカンナ〜イ)
あるいはゴテゴテの油彩画がオーケストラだとすると
版画はソロのバイオリンのようなものかも。
大きさもほとんど一人でしか見れないしね。

まぁ、何はともあれ
まだまだ寒さ続きますので
がんばりましょう。

神奈川県立近代美術館・鎌倉

鎌倉別館

■写真は鎌倉館

by fujita-art | 2015-02-10 17:44 | Comments(0)


<< DMは展覧会の顔です      春からきっと面白くなる >>