DAY BY DAY

fujitart.exblog.jp
ブログトップ

タグ:美術館 ( 60 ) タグの人気記事


2010年 12月 17日

ライティング

d0114140_1651314.jpg


オープニング前日。
今日は朝一番でライティングの立ち会いです。
ワタクシおだてにはすぐ乗りますが、
脚立の上など怖くて乗れません。
見ているだけで十分です。
今日も昨日に引き続き、笛をふくだけです。
このライティングはなかなかくせ者で、
ライトの種類や微妙な照度で印象がガラッと変化します。
ライトは狭角なものを使って頂きました。
但し、あまり大げさな演出は避けたいと思い、
できるだけ静けさを誘うようなライティングを心がけました。
大変だったのは展示ケースにあてる照明でした。
中身の配置を変えてみることで、なんとか解決。
ライトの位置によっては光が視界に入ってしまいます。
そんなときはそのライトに
ハニカムと言う蜂の巣型のカバーを被せます。
っで、でしゃばり過ぎたライトが少し「はにかむ」んだな。

いよいよ明日から始まります。
横須賀美術館、第8展示室。
藤田修 ー 深遠なるモノローグ ー
2011年4月3日までです。ぜひ、お出かけ下さい。
[PR]

by fujita-art | 2010-12-17 16:53 | Comments(0)
2010年 12月 16日

オープニング二日前

d0114140_21465474.jpg


オープニング二日前。
今日は展示作業。
プロの展示業者さんがキッチリ仕事をしてくださいました。
ワタクシは笛をふいていただけですけど。
なんか展覧会前のこういった時間結構好きです。
制作している時は一人ですが、
展示は共同作業です。
一通り、壁に作品が掛かり、展示ケースに詩画集が収まりました。
なかなか良い展示空間になりました。
あとは照明です。
ライティングもとても重要で、明日の作業となりました。
明日も立ち会います。
やっぱり、気になるところですから。
明日の作業が終われば、ワタクシのすることはありません。
ブログで展覧会ニュースを流したり、
お友だちを美術館へ無理矢理案内したりするだけです。
[PR]

by fujita-art | 2010-12-16 21:48 | Comments(0)
2010年 11月 06日

深遠なるモノローグ


横須賀美術館での個展のチラシデザイン案が届きました。
デザイナーさんが7パターンも考えてくれました。
その内一点を選ばさせていただきました。
メールで送られてきたデザインは銀色またはグレーの下地に
展覧会タイトルと作品が品良く配置されたものです。
展覧会のタイトルは「藤田修 -  深遠なるモノローグ」
「しんえんなるものろーぐ」
つまりその、なんだか知らないけれどムズカシそうな顔をして
一人でブツブツつぶやいているって言うイメージでしょうか。(笑)
お年頃のワタクシにはピッタリのタイトルです。(ねっ)
まぁ、何はともあれ、
校正刷りがあがってくるのが楽しみでございます。
[PR]

by fujita-art | 2010-11-06 21:47 | Comments(2)
2010年 11月 04日

40回目


体育館の様な収蔵庫で、新作二点をお見せする。
今日、横須賀美術館の展示のための
最後の作品を届けて来ました。
担当学芸員さんの反応もとても良くひとまず安心です。
9月に発表した、詩画集「生まれるのに時があり」も
展示ケースに入って美術館でお披露目です。
近々、案内チラシも上がってくるとのことです。

実は今回の個展、1981年の初個展から数えてみたら、
ちょうど40回目でした。
多いのか少ないのかは、人それぞれでしょうが
まぁ、オジサン、よく頑張ったなぁと
誰も言ってくれないので、自分で言っちゃいますけどぉ。
[PR]

by fujita-art | 2010-11-04 21:57 | Comments(2)
2010年 10月 15日

10月の展覧会


版画を始めたのは大学3年の春です。
当時はまだ版画科はなく、
確か絵画科油画専攻版画教室みたいな所属ではなかったかなと。
その今は版画科となった多摩美術大学の10年に一度の展覧会が
10月23日から11月21日まで多摩美術大学美術館であります。
40年目の展覧会は参加者150名と、大所帯です。
ワタクシも1点出品しております。
同じ日に、東京オペラシティ・アートギャラリーで
「紙の上の競宴」と題した収蔵展が始まります。
こちらは代表作「Rain」を含む3点が展示されるようです。
オペラシティの方は12月26日までです。

多摩美術大学美術館

Print Composition 2010 多摩美術大学版画の40年
会期:2010年10月23日[土] → 11月21日[日]

東京オペラシティ
[収蔵品展]紙の上の競宴
会期:10.23[土]- 12.26[日]

■12月18日から始まる今年最後の個展(横須賀美術館)の詳細は後ほど
[PR]

by fujita-art | 2010-10-15 18:05 | Comments(2)
2010年 10月 12日

お楽しみはこれからだ


大好きなED(エドワード)ルーシェ
彼の作品があるというので、
これは見なくてはもったいない。
取り合えずサッと見てから学芸員室で打合せです。
展覧会は横須賀美術館でのポップアート展でした。
打合せは個展までのスケジュール確認、
最終的な新作を含めた出品作の数、
写真撮影のスケジュール、
詩画集のための展示ケースのチェック、
広報チラシと図録のデザインについて。等々
否応にもモチベーションが上がって来ます。
会場の確認のために照明を落とした展示室へ。
閉館後の夜の美術館は、なんだか墓地のようで
ちょっとコワイです。
その顔で何を言うか?ですか。
何はともあれ、お楽しみはこれからです。
[PR]

by fujita-art | 2010-10-12 21:34 | Comments(0)
2010年 10月 11日

もう一点


12月18日からの横須賀美術館での展示に向けて
もう一点新作をどうしても作らなければならない。
作らなければならないと言っても
必要を感じているのはワタクシだけなのですが。
マケットを眺めて展示プランを検討していると
やっぱり、もう一点欲しいのです。
そんなわけで、
今日も夜まで工房でした。
ちょっぴりですが、先が見えかけてきたかなと。
でも、期日的には結構厳しそうです。
今週もまだまだ忙しさが続きます。
[PR]

by fujita-art | 2010-10-11 22:30 | Comments(0)
2010年 08月 10日

模型

d0114140_20403142.jpg


一点一点の完成度が重要なことは言うまでもありませんが、
会場をどのようにまとめるかはさらに重要です。
個展という場では展示においても
出来るだけ作家がかかわった方がいいかなと思う訳です。
写真は9月から12月にかけての三箇所の会場模型です。
1/20の簡単なものですが
個展の時は出来るだけ作るようにしております。
模型はイメージを固めるためですが、
個展に向けて気持ちを高揚させる意味もあります。
写真手前右が9月7日からのギャラリエアンドウ、
手前左が翌8日からのカスヤの森現代美術館の第二展示室。
そして奥の大きい会場が12月から来年の4月に予定している
横須賀美術館の第8展示室です。
9月の展示プランはほぼ決まりですが、
横須賀美術館は新たな作品も作る予定なのでまだ未定です。
そんなワケで、今年の忙しさは当分続きそうです。
[PR]

by fujita-art | 2010-08-10 20:42 | Comments(0)
2010年 07月 15日

浜田知明


1980年、大学を出た翌年、鎌倉近美で浜田知明展を見た。
大学を出たが就職もせず、不安と焦燥の中にいたワタクシに
版画のそれも銅版画の強いメッセージ性とその美しさの再発見をさせてくれた展覧会でした。
入館料もやっとの思いだったと思うが、
当時の図録がアトリエにあるのは、相当の刺激を受けたことが伺える。
あれから30年経った昨日、葉山館で浜田知明展を見て来る。
今年92歳になられると言う、九州に住む銅版画家の仕事ぶりは
今も尚、健在で、当時はなかったブロンズ彫刻の数々と共に
非常にメッセージ性の強いもので、その作品の質の高さに感銘を受ける。
尊敬する作家、宮崎進とも共通する過酷な戦争体験が
単に口当たりの良いインテリヤ版画とは一線を画す。
必見です。

神奈川県立近代美術館 葉山
[PR]

by fujita-art | 2010-07-15 13:55 | Comments(2)
2010年 06月 06日

三者三様

d0114140_21105310.jpg


同じ版種を使用していたり、ほぼ同世代だったり、
同じ地域に住まいを構えていたり
共通点は多いようにも思えるのに、出てくる表現は全く異質です。
カスヤの森現代美術館で始まった「ヨコスカ版画の視点」
オープニング三人展のレセプションに参加しました。
同時開催(というかそちらがメイン)の『渦と記憶』能勢伊勢雄・植田信隆展と
合同オープニングパーティーでした。
不思議なJINMO氏のE.ギターの演奏で幕を開け、
にぎやかなひと時でした。
今月の三人展の後は
7月からワタクシの9月まで順次、個展が開催されます。
美術館敷地内(?)で採れた野菜がうまかったです。
[PR]

by fujita-art | 2010-06-06 21:32 | Comments(4)