DAY BY DAY

fujitart.exblog.jp
ブログトップ

タグ:個展 ( 123 ) タグの人気記事


2011年 11月 18日

本篇

お待たせしました。
FUJITA2005「刻印された光と記憶」がついに完成しました。
だれも待っていない?
ごもっとも(泣)。
初めの計画では二時間ドキュメンタリーの予定でしたが
義理で見るのはせいぜい3分台かなと思い(笑)、
仕方がないので3分57秒にまとめてみました。(爆)
今日、横須賀美術館に出向き、
今回の映像に出演(?)されている学芸員の方々に無理矢理許可をとりましたので
晴れてYouTubeにアップ致しました。
始めての編集作業は結構オモシロく、
病み付きになりそうです。




[PR]

by fujita-art | 2011-11-18 21:16 | Comments(2)
2011年 10月 28日

予告編


2005年2月26日から3月27日まで
横須賀市民ギャラリーで「刻印された光と記憶」と題された
ワタクシの個展が横須賀美術館準備室の企画で行われました。
しばらく行方不明だった当時のビデオデータが6年ぶりに見つかり、
暇つぶしに、iMovieを使って映画の予告編風に仕上げて見ました。
家族をPCの前に無理やり座らせ、試写会をしたところ
あまりのバカらしさに、呆れられました。
けっこうオモシロく出来たと思うのですが。
なお、本編は順次作業にかかる予定です。
が、予告編に6年かかったので、本篇は何年かかるかわかりません。(笑)



[PR]

by fujita-art | 2011-10-28 17:26 | Comments(3)
2011年 10月 23日

新作もあります

d0114140_17113224.jpg


今回の個展では新作版画が6点ほど掛かっております。
サイズは小さめのものです。
内5点は室内風景のイメージです。
強さよりも内面的な深さを求めたものです。
その中の1点「ray」と言う作品は、
フェルメールの描く室内空間を少しだけ意識しました。
意識だけですが、、、(笑)。
昨日来廊された方にそんな話を聞かせると
納得してくださいました。
もしかしたらフリだけかも知れませんが。(笑)
また、写真家の方は技法についてひとかたならぬ興味を示されます。
ただし、口で説明しても限界があるので、実演したいところです。
基本的には求められればなんでもお教えすると言う立場を貫きますが、
正直めんどくさいなと思う事も、、。
そんな事だから、なかなか市民権を得られないのです。(反省)

明日からは天気も良さそうですので、
よろしければお出かけください。


■写真はギャラリーがきれいに額装展示して下さった新作4点です。
[PR]

by fujita-art | 2011-10-23 17:14 | Comments(0)
2011年 10月 22日

あっ! オブジェもあった

d0114140_2334751.jpg


お昼は「きしめん」
夜は「ひつまぶし」ご馳走さまでした。
地方での展覧会の楽しみの一つです。
画廊は地下2階にあるのですが、
皆さん地上の方がお好みのようです。
だって地上には美味しいものがいっぱいありますもの。

今回の個展にはオブジェ作品も数点展示されています。(知らなかった)(笑)
っで、ぶつ(オブジェ)の方に人気が集まるようで、、、(泣)。
後、一週間。名古屋方面の方がおりましたら、
ぜひ、お出かけください。

M.H.Sタナカギャラリー
名古屋市中区栄3丁目2番3号・日興證券ビルBF2
052-269-3751

■写真は新作版画「palace」(左)と
 存在を忘れていたboxconstruction「サガシアテタモノ」(右)

[PR]

by fujita-art | 2011-10-22 23:39 | Comments(0)
2011年 10月 17日

巡回ではなく巡業?



いよいよ本日から今年最後の個展が始まりました。
会場となる名古屋のM.H.Sタナカギャラリーさんへ
よろしくお願いしますと、電話を入れると、
早い時間に、知り合いの作家の来訪があったことを知らされました。
今回の個展は昨年作った作品が4点、横須賀美術館から京都のギャラリー白川さんへ送られ、
京都から今度は名古屋へ送られ、
それを中心に展覧会が構成されております。
と言っても巡回展ではありません。
会場ごとに少しづつ出品作も変化し、
テーマも微妙に変わります。
昨年評判だった詩画集も展示されていますので、
お近くの方はぜひ、ご高覧ください。
本来なら、初日から顔を出すべきところですが
見せるほどの顔でもないので、
22日の土曜日だけにしておきます(笑)。

M.H.Sタナカギャラリー
名古屋市中区栄3丁目2番3号・日興證券ビルBF2
052-269-3751
[PR]

by fujita-art | 2011-10-17 19:53 | Comments(0)
2011年 10月 08日

名古屋で個展

d0114140_17522842.jpg


ATLAS

沈黙の中で見つめること
心の中で語りかけること
読み解く前に 向こう側に思いを馳せること
イメージのアトラスがそこにある




今日、個展のDMが画廊から届きました。
10月17日(月)から29日(土)まで名古屋で個展が始まります。
ATLASと題した展覧会は
昨年、東京の吉祥寺で行ったATLAS -prologue -
と、題した個展からprologueを外した、本展のようなものです。
並ぶ作品は
今年の春に行った京都での個展に新作が6点ほど加わります。
名古屋方面にお住まいの方はぜひ、ご高覧ください。
私は22日の土曜日に在廊予定です。

M.H.Sタナカギャラリー
名古屋市中区栄3丁目2番3号・日興證券ビルBF2
052-269-3751
[PR]

by fujita-art | 2011-10-08 17:55 | Comments(2)
2011年 05月 30日

ニューバージョン

You Tubeへ動画をアップしようと
iMovieを使って展覧会の模様をまとめてみたのですが、
音楽をつける段階で無料素材をあれこれ捜しました。
これがなかなか見つけられなくて、
まぁこれならというものを使わせて頂きました。
しばらくして、そうか、クラシックなら著作権問題をクリアーできると気づきまして、
音をサティに変えました。
更にフェイドアウトの方法も覚えましたので、
そいつも使って少し短く作り替えました。
そんなワケで前回↓の動画が新バージョンになっております。
ワタクシの作品イメージに少しは近づいたかなと。
えっ?どうでもいい?
まぁ、そう言わずにもう一回だけ見てやって下さいな。(笑)

一応コチラからでも行けますワ。

深遠なるモノローグ
[PR]

by fujita-art | 2011-05-30 09:37 | Comments(0)
2011年 05月 27日

横須賀美術館

2010年12月18日から2011年4月3日まで
横須賀美術館にて「藤田修ー深遠なるモノローグ」と題して
所蔵品展示室8で特集が組まれました。
たくさんの方々に見ていただく事ができ、
良い評価もたくさん頂きました。
特集を組まれた作家としては喜ばしいことでしたが
期間中にあの3.11を迎えることとなりました。
あまりにも大きな衝撃にことばを失い、
これから先、何をどうしたらよいのか、
アートに何が出来るのだろうか
このまま作品を作っていけるのだろうか
様々なことで、しばらく心の中が混乱しておりました。
今、私に出来ることは日常を生きることです。
与えられた環境で、自分が出来ることを精一杯する事。
私がしていることなどたかが知れています。
でも、そんなたかが知れていることでもほんの束の間
ほんとに僅かな人かもしれませんが、
良い感情を生むことになったのであれば、
それでいいと思いたいです。
まだまだ被災された地域の方々は非日常を強いられています。
背負われた哀しみを思うと、言葉を失いますが、
それでも、生きていきましょう。

ここに横須賀美術館で行われた特集の様子を
スライドとしてまとめて見ました。
3分ちょっとありますが、
見ていただけるとうれしいです。

ガンバロウ、ニッポン。







地図
[PR]

by fujita-art | 2011-05-27 23:43 | Comments(2)
2011年 05月 01日

未知の世界KYOTO

d0114140_19363955.jpg

d0114140_19371488.jpg


「すみません、正面の作品はセンター合わせに変えてください。」
初日にギャラリー白川に入った瞬間、作品の位置が気になり
無理を言って、左側の作品の高さを変更していただく。
マケットの写真通りに展示していただいたのですが、
やはり、模型では限界があります。
模型と同じようにワタクシも1/20になれればいいのですが。
あとは全てマケット通りです。
マケット通りなら、展示する必要もない?
そうとも言えます。(笑)

今回は初日にしか会場に詰めることが出来ないのですが、
まぁ、ワタクシがいると作品のイメージが壊れそうなので良しとします。
まだまだ、ワタクシにとっては未知の世界でもあるKYOTOです。
たくさんの方に見ていただけると嬉しいです、
と、イケメンの若い作家が申しております。(笑)

ギャラリー白川は5月8日までです。

ギャラリー白川

■写真はマケットと実際の展示風景
[PR]

by fujita-art | 2011-05-01 19:42 | Comments(2)
2011年 04月 24日

降りしきる雨の歩道


d0114140_19534212.jpg


d0114140_19464626.jpg


わかってはいたことですが、
こうもジンクス通り雨が降るとは、、、。
昨日はじまった京都のギャラリー白川での個展です。
以前、白川の個展の時に来日したアントニー・ゴームリーが
FANTASTIC!と絶賛した石塀小路を雨のなか散歩して来ました。
すぐ近くなんです。
来客は、少なかったのですが雨なのでいた仕方がありません。
それでも、京に住まわれる大切な恩人がいらして下さったり、
画廊の常連さんが来られたり、
ブログを見て来られた方がいたり、皆さんありがとうございました。
昼に夜に美味しい京料理も戴きました。
豆水楼の湯豆腐懐石もなかなかの物でした。
地方の個展の楽しみのひとつでもあります。
さて、5月8日までですので、ワタクシのいないスキにお出かけ下さい。
しばらくの間、雨は降らないようですので
安心してお出かけ下さい。
ワタクシがいかない限り雨は降りませんから。

ギャラリー白川
[PR]

by fujita-art | 2011-04-24 19:48 | Comments(2)