DAY BY DAY

fujitart.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2016年 12月 23日

実験中

d0114140_13464423.jpg

先ず最初に思いつきから始まる。
ひらめきといっても良いのだが
いくら良いアイデアが浮かんだとしても
それをカタチにするには様々な角度から検討しなければならない。
つまり何度も失敗を繰り返し作って見ないとモノにならない。
多分、研究室で繰り返される実験と似ている。
アイデアはいいんだけど詰めが甘いよね。
と、言われないためだ。
で、
作家はあくまでも作品を作るワケだけれど
ギャラリーに並んだ瞬間から商品になる。
これが少々厄介なのだが
商品を扱うのはギャラリストだから作家は考えなくても良い。
作家はただ作品のことを考えてれば良い。
はずだ。

でもね、
自分の手を離れた時から商品になることも忘れてはいけない。
アイデアはいいのに詰めの甘い作品を見て
ふと思う。

今日もアトリエで次の作品を製作中。

クリスマスおめでとう。





.......................................


[PR]

by fujita-art | 2016-12-23 13:49 | Comments(0)
2016年 12月 19日

シェアする、しない

d0114140_19491960.jpg

ネット上の情報で発信元がはっきりしないものは
どんなに興味をそそるものであっても
シェアなんぞしない方が良い。
まことしやかに語られていることでも真実はそう多くはないからだ。
たとえ発信元が分かったとしても
その情報がウソかマコトか見極めなければならない。
これが非常に難しいので更に厄介なのだ。

絶対に大統領なんかに選ばれるワケがないと思ったから
冷やかしのつもりでテレビにも出て
言いたい放題ジョークのつもりで暴言を吐いたら
予想外の展開に、、、。
オイオイ選ばれちゃったよ。( ̄▽ ̄)
どうしよう?参ったなぁ〜。
予定いっぱいなのにどうしよう?
なんてことにならないようにするためにもだ。

で、ワタクシ。
猫と遊ぶほど暇を持て余しているのに
忙しい忙しいと ボヤいていたら
本当に忙しくなってしまった2016年だった。
だから来年はどんなに忙しくとも
あ〜ヒマだヒマだ、ヒマすぎる、と言うことにしよう。

ぅん?

全く仕事がなくなるのもどうか?

ゥ〜ン、、、。
やっぱり
シェアは・しないでね。







..........................................................

[PR]

by fujita-art | 2016-12-19 19:56 | Comments(0)
2016年 12月 17日

食い逃げ

d0114140_20563386.jpg

お腹すいたな〜( ̄▽ ̄)。
と思っていたら、なんてことでしょうワタクシのために
ご馳走がたくさん用意されているではありませんか。
えっ?お前のためじゃない?
そんな視線は無視して良いお年頃なので
美味しく頂きました。
あのね、60を過ぎた人間は遠慮しちゃいけないんことになってるんです。
ついでに言うと90になったら無銭飲食券が国から支給されるんですよ。
100歳になったら何をやっても許してもらえます (^^)。
で、吉祥寺のGallery SATORU でのオープニングでした。
本日は池尻の monochrome gallery RAIN へ作品を届けて
その足で吉祥寺へ向かうためにいくつも電車を乗り継いできたので
お腹が空いたのです。
幾つになってもお腹だけはすくんだな。
ご馳走様でした。あ〜、お腹いっぱい。
あっ、そうそう展覧会はですね、今年一年を振り返ったもので
Compilation 2016と言うタイトルで見逃した展覧会が
ダイジェスト版のように見られます。
一作家、二、三点になっています。
ワタクシのものも二点ほど飾っていただいておりますが食べられません( ̄▽ ̄)。

ありゃ〜!食べることに夢中で写真を撮るのを忘れちゃった(><)。
取り敢えず只今居候中の孫「きなこ」の写真をアップしとこ(^^)。

あっ、明日以降は行ってもご馳走はありませんから、
見るだけよ、残念!!




ギャラリーSATORU




..............................

[PR]

by fujita-art | 2016-12-17 21:02 | Comments(0)
2016年 12月 13日

年末年始のバカンスは葉山へ

d0114140_16235649.jpg

1995年の11月
-Streams 1995- と題した個展をギャラリー池田美術に企画していただく。
自分の中では新たなステージに立ったような展覧会だった。
その四ヶ月後、同ギャラリーで
谷川晃一1000点のデッサンと言う展覧会が行われた。
そんなに広くない画廊には全点飾れない、、、、。
展示出来ない展覧会だなんて、すごい作家だなぁと思ってた。
あの頃の画廊は企画の一つ一つがかなりエキサイティングだった。
そして、画廊主自身に譲れない企画がありそれを押し通すことができた時代だった。
谷川晃一さんとはお会いしたことがないけれど
同じ画廊で同じ時代に生きていることのうれしさ。
もしやと思い、ゴチャゴチャした本棚から当時の個展の芳名帳をひっぱりだした。

やはり、谷川晃一さんのサインが確かにあった。
何だかそれだけで親近感の湧く単純さ。

今日、葉山で谷川晃一展を見てくる。
「陽光礼讃」というタイトルの谷川晃一・宮迫千鶴展である。
少しどんよりした日だったけれど中に入るとタイトル通りの底抜けな明るさが。
なんでこの作家は描くことをこんなに楽しんでいるんだろうか。
1996年に見た1000点のデッサン展の時もそうだった。
とにかく描く、
ごちゃごちゃ言わずに描くまさに「絵描き」なんだなと思う。

年末年始のバカンスは葉山へ、、。

「陽光礼讃」写真も撮れます。

d0114140_16234753.jpg

神奈川県立近代美術館・葉山


■上の写真は当時のギャラリー池田美術のリーフレット
 下は葉山の展示風景




......................................



[PR]

by fujita-art | 2016-12-13 16:30 | Comments(2)
2016年 12月 01日

お泊まり

d0114140_18021316.jpg

お父さんがお仕事でがっかいと言うところに行くので
昨日からおじいちゃんちにお泊まりです。
おじいちゃんちは2年ぶりです。
おじいちゃんとおばあちゃんはやれやれとか言いながら
何だか楽しそうです。
おじいちゃんちはうちより広いので
まずはあっちこっちの部屋を探検しています。
しばらくお世話になるみたいなので、
僕は良い子にしていますにゃん。
そう、2年前に登場したキナコですニャン。
もう3歳になりましたふにゃ〜。



■写真はまだチョッピリ緊張気味のキナコ



.........................


[PR]

by fujita-art | 2016-12-01 18:04 | Comments(0)