<   2016年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2016年 02月 20日

グループ展終了

d0114140_22575408.jpg

本日ギャラリエアンドウでのグループ展、無事終了しました。
最終日雨の中来ていただいた方本当にありがとうございました。
また、私の留守中にお出かけ下さった方々、
ありがとうございました。
また今回ご一緒させていただいた作家の方々、
とても充実した展覧会を体験することができ、
ありがとうございました。
そして、このような機会を与えてくださった
ギャラリエアンドウの安藤さん、ありがとうございました。
個展で自作だけ見せる時とは違って
自分の作品を客観的に見ることが出来た貴重な時間でした。
作品の評価基準は他の作品の中にあって初めて見えたりします。
勿論それぞれの目指すところは違って、
比べるなんぞ野暮なことではありますが、
美術館の常設展示に似て、作品を客観視できる時でした。

さて、池尻 monochrome gallery RAIN での個展も
引き続きよろしくお願いします。
土日のみの開廊ですが、こちらは2月28日までです。








[PR]

by fujita-art | 2016-02-20 23:03 | Comments(0)
2016年 02月 12日

ギャラリートーク

d0114140_20032014.jpg

monochrome gallery RAIN は
土日のみ開廊の週末ギャラリーです。
明日13日(土)は15時から少し話します。
トークショーと銘打っておりますが、
聞き手が一人もいないと独り言で終わってしまうので、
出来れば二、三人は来て頂けると嬉しいかなと。
でも、あんまり多いとインチキ話がバレてしまうので
ホドホドがよろしいかと思ったりするワケです。
もし、ヒマを持て余して困っているというような方がおられましたら
勇気を出してお出かけください。
ヒマなワタクシがお待ちしております。

Monochrome Gallery RAIN






[PR]

by fujita-art | 2016-02-12 20:05 | Comments(1)
2016年 02月 06日

コレクターの喜び

d0114140_21374994.jpg

横須賀美術館で「嶋田しづ・磯見輝夫展、色彩とモノクローム」が始まり、
オープニングレセプションに行ってきました。
浪人時代、苦楽を共にした旧友との再会。
久しぶりにお会いした磯見先生ご家族、心温まるひと時でした。
嶋田しづの軽やかな画面と磯見輝夫の深い精神性を帯びた黒。
清々しさを覚える展示空間でした。
大型版画の多い磯見作品の中に
ガラスケースに収まった小さな版画集の展示があるのですが、
1983年作の「初冬の旅」と言う8枚組の珠玉の小品です。
実はこれ、ワタクシの所蔵作品なんです。(ビックリ!)
自作が美術館に展示されることは時々あるのですが、
コレクションが展示されたのは初めての経験です。
いつもとは違ったこそばゆいちょっぴり嬉しい感覚、
お〜これがコレクター冥利と言うやつか。
名前は出ておりませんがひとりで「ふふふっ」と言う感覚。

っで、今日の結論ですが、、、。
ワタクシの作品をお持ちの方は押入れの奥からたまには出して
美術館の要請があってもなくても
お披露目しちゃいましょう。
えっ?持っていない?
ではまずコレクションのオススメから。
コレクター募集中でございます。ハイw


■写真はお二人の図録です。







[PR]

by fujita-art | 2016-02-06 21:43 | Comments(0)
2016年 02月 03日

ギャラリエアンドウ30周年

d0114140_20574650.jpg

作家の若江漢字さんの個展で搬入を手伝うために
ギャラリエ・アンドウを訪れてからもう四半世紀近く経ちます。
オーナーを紹介され、
初めての個展を企画して頂いたのは1992年のことでした。
ギャラリーがまだ世田谷の上馬にあった時代です。
そのギャラリエ・アンドウさんが30周年を迎えるにあたって
三回に分けて特別企画展を開催します。
二回目の今回は「パースペクティブ - 光」
メンバーは篠原猛史、藤田修、工藤礼二郎、坂田峰夫の四人です。
素晴らしい仕事をされるメンバーに囲まれ、
ドキドキのワタクシです。
ワタクシ以外は実力者揃いで見逃せません。
今日、搬入展示を終えてきました。
これ、かなりいい展覧会です。
今年前半のイチオシ!
2月9日(火)〜2月20日(土)まで
どうぞ、お出かけください。
絶対に損はしません。

ps.初日夕方在廊します。


ギャラリエアンドウ






[PR]

by fujita-art | 2016-02-03 21:02 | Comments(0)