<   2015年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2015年 12月 30日

見なかったことにして下さい

d0114140_16544196.jpg

すっかりその存在すら忘れていた、
本当に忘れてた、
大学卒業記念に版画専攻の学生で作った版画集に納めた作品が、
こともあろうかネットオークションに。

一度市場に出たものならば仕方ないと思いますが、
ただ純粋に作ることだけを考えて市場に出るようなことは決して無い、
いわば純粋無垢で、まだ作品と呼ぶにはあまりにも幼稚すぎるもの。
(そんな時代も確かにありました。)

作品はもちろん売り物ではありませんでした。
皆んなでシェアした36年前に作った版画集の中の一点です。

個展もまだ一度も経験してないし、
人様にお見せするレベルではない、
まだまだ青臭い、思考の浅い薄っぺらなイメージの作品です。

どっから出てきたの?
恥ずかしいったらありゃしない。

誰ですか?私の甘酸っぱい青春の思い出を世間に晒したのは。
恥ずかしいから自分で落札しようかとも思いましたが、
作者の名前で本人が手をあげる勇気もなく、
早く消えてくれないかと時々見ていたら、
世の中には奇特な人もいるもんで、気がついたら落札されておりました。

多分、あれは事故ですね。
ネットをやりすぎて指が腱鞘炎になってしまった人が
無意識のうちに落札ボタンを押したとしか思えません。
まぁ、裏は綺麗でしょうから
鏡餅の下にでも敷いてください。

でも、なんかコワイな。
どこで何が出てくるかわかりません。
ちゃんと責任持って作らなくちゃね。


作家志望の若い方は今作っている作品は
簡単に手放さないほうがイイですよ。
その時は最高だと思っても、、、
あっ、人によるか?
才能ある人には関係のないお話でしたね。(^^)



さて、家の大掃除、残るは私の書斎だけです。
今日は大晦日だと思っていたらもう一日あったんですね。
頭の中も大掃除しなくちゃ( ̄▽ ̄)。

ーーーーーーーーーーー

blog を時々見て下さった方々、一年間ありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いします。
やり残したことがある方は明日中にやっちゃいましょう(笑)
みなさん、良い新年をお迎えください。


■写真は本文とは無関係です







[PR]

by fujita-art | 2015-12-30 16:58 | Comments(0)
2015年 12月 28日

チラシミュージアム 第二弾

d0114140_15072760.jpg


d0114140_15075173.jpg

d0114140_15080205.jpg


チラシミュージアムというアプリにアップしました。
iPhoneかiPad専用ですのでお持ちの方は
チェックして下さい。

チラシミュージアム

なお、ここに掲載されている作品がすべて展示されるとは限りません。








[PR]

by fujita-art | 2015-12-28 15:16 | Comments(0)
2015年 12月 18日

スクワット500回

d0114140_21062989.jpg

珍しく仕事が忙しい。
いや、報酬を得るワケではないので、仕事とは言えないか?
始めてしまった新作版画の制作で工房に朝から夕方まで籠城の毎日。
で、作業が立て込んでくると手は腱鞘炎気味になるワ、
腰痛が出てくるワでどうにもイカン。
重たいエッチングプレスのハンドルを回す回数が多くなると腰にくる。
以前、太極拳の達人に
プレスを回す時は屈伸をすると腰に負担が少なくなるよ、
とのアドバイスを思い出し、
スクワット式プレス回しを実行。
スクワットの回数を数えたら一回の刷りに25回×2で、50回。
朝から10枚刷るとスクワット500回にもなってしまう。
工房の行き帰りも近頃ウォーキングだし、
急に足腰マッチョになってきた(^ ^)。
マズイ!
近頃、もの忘れが多い年頃で、
このまま足腰丈夫な老人になってしまったら、
スタスタ徘徊しだして家族に大迷惑が予想されるではないか。
スクワットも程々にしておかなければ、、、。
ヤッパリ仕事も程々が宜しいようで。

■アマゾンから届いた少し大きめのカッターマット。












[PR]

by fujita-art | 2015-12-18 21:09 | Comments(0)
2015年 12月 12日

エッチングプレスを使う前は油を

d0114140_17173570.jpg

版画用エッチングプレスは使うたびに必ず油を差します。
ここのところ毎日刷り作業があるので、
結果として毎日油をさす事になります。
圧のかかった重い無垢の鉄の塊のようなローラーを
スムースに動かすためです。
幾重にも組まれた歯車のお陰で
ハンドルを回すのにはそれ程力はいらないのですが、
それでも、
一日に何回もプレス機を回す作業は腰に負担がかかります。
身体中の関節にも出来ることなら油を差したいと、
切実に思ったりするワケです。

作り始めてしまった新作版画のシリーズが12点組になってしまい、
エディションも何故か12部の為、
全部刷ると144枚になってしまう計算です。
どうしよう( ̄▽ ̄)。
各2部、24枚刷ったあたりで、身体の油が切れてきました。
もっ、いいか、、、、。
工房の前に立っている自販機から冬限定の「おしるこ」を選んで、
今日も油を売っている、師走の午後です。







[PR]

by fujita-art | 2015-12-12 17:24 | Comments(0)
2015年 12月 03日

雨の日は美術館

d0114140_20455649.jpg


東京国立近代美術館「Re:play 1972/2015- 「映像表現 '72」展、再演」を見る。
出品者名を見ていくと、
現代美術に名を残す多くの作家が8mmフィルムを使った映像表現に挑戦していたことに先ず驚く。
誰もがスマホ一台で映像作品が簡単に作れる今の時代と違って、
動機は、たぶん8ミリカメラが面白かったんだろうなと、、。
72年と言えば、ワタクシは美大受験の浪人生活まっしぐら。
今考えれば、つまらない石膏デッサンなんぞを強いられて、
おおよそ当時のアートシーンとは全くかけ離れておりましたっけ。( ̄▽ ̄)

竹橋ではもう一つ、
常設展示室で藤田嗣治の全所蔵作品展をやっていると聞いたもので。

ワタクシパリへ行くたび「フジタの孫よ」とジョークを言っておりますが、何か?(^ ^)。

この展覧会、こっちが企画展示ではと思うほどの濃い内容でした。
観客もReplay展より、ずっと多かったです。
特に戦争画、初めて目にしたわけでは無いですが、
オダギリジョーのFOUJITAを見た後だったんで、結構身にしみましたね
当時は戦意高揚のためなんて言っておりますが、
今見ると、ただただ戦争の悲惨さだけが目に残り、
結構重たかったです。
じっちゃん、凄いね。
映画は正直イマイチ物足りなかったのですが、
この展覧会とセットで見れば面白いです。
FOUJITAの流れで、十代の頃に夢中だった靉光の自画像と久々に対面し
充実した時間を過ごせましたとさ。

展覧会はどちらも今月13日までだそうです。
映画の方は?

東京国立近代美術館

映画「FOUJITA」






[PR]

by fujita-art | 2015-12-03 20:49 | Comments(2)