<   2015年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2015年 07月 31日

頑固者

d0114140_18564151.jpg


マリちゃんへ

あのさぁ、
いつまでそんなに意地張ってる気?
もう一週間も経つっていうのに。
君も相当頑固だね。
そんな意地張ってないでさ、
もっと気楽に考えなさいって。
パッといこうよ、パッと。
そんなに力入れて意地張ってたっていい事ないんだから。
君の今までの頑張りはちゃんと見てきたし、
雨にも風にも負けずに頑張ったその成長ぶりは見上げたもんだよ。
だからさ、もういいって。
全てを解き放つ時が来たんだ。
つぼみのままでいる必要はない。
今こそ花を咲かせる時がきたんだ。
ねっ、マリーゴールドちゃん^o^。

種から育てたマリーゴールドがつぼみをつけたまま
なかなか開こうとしません。
頑固です。







[PR]

by fujita-art | 2015-07-31 18:59 | Comments(0)
2015年 07月 25日

カナリア

d0114140_19424477.jpg


淀んだ空気。
シンナーやガソリンと言った溶剤類の匂い。
亜麻仁油で練ったインクの匂い。
初めて訪れた人には、
かなり怪しい部屋の非日常な匂い。
どれだけ身体に悪いかわからない。
仕事場には目には見えない毒が漂っている、、、。

そうだカナリアを入れてみれば確認できるハズだ。
いつかテレビで見た
なんとかサティアンに入って行く機動隊員のように。

あいにくカナリアがいなかったので、
工房前に植えたペチュニアを切って工房に入れてみた。
ペチュニアには悪いがここは犠牲になってもらう。
この花は種から育てた愛おしい子供達だ。
帰りが遅くなって探しに来た家族が
倒れているワタクシを発見するなんて言う事態を避けるためだ。
頑張れ、ペチュニア君。

さすがにワタクシに育てられた子供だからか、
意外と工房の空気がワタクシの心のように澄んでいるのか、
今のところカナリアならぬペチュニアは元気だ。
日本中のあちこちで人が倒れているこの異常な暑さの中でも、
優雅に花を咲かせているペチュニアが
見た目よりも強いだけなのかもしれないが。





[PR]

by fujita-art | 2015-07-25 19:44 | Comments(1)
2015年 07月 22日

なんとなく気分が良い日

d0114140_18494452.jpg


アトリエで仕事をしていると
ここを乗り越えなければ喜びは得られないという境界がある。
それは経験値だけでは乗り越えることはできない。
壁と言ってもいいものだ。
壁を乗り越えるには
根気と忍耐が必須条件で、それに希望をもって臨むことだ。
しかし、どんなに時間を掛け、
どんなに一生懸命に取り組んだとしても
壁の向こうに新しい世界があるとは限らない。
もしかしたら、先には
絶望という断崖絶壁があるだけかもしれない。
それでもそれでも挑戦し続けなければ生きていけない。

今年3本の個展を終え
今は秋の新作展に向けて毎日製作に励んでいる。
十年ほど前からずっと取り組んでは
完成を見ず挫折していたイメージがいくつかあり、
この夏やっとなんとかなりそうだ、と言う段階に入った。
今まで技術がイメージに追いつかなかったのか、
単純に根気がなかったのかはわからないが
お蔵入りしていたイメージだ。
ぅん?
ひょっとしていいんじゃねぇ?
勘違いでなければ良いが、、、。
とにかく何かがうまくいく時ほど身体に良いものはない。
どんなに疲れていても気分がいいから単純だ。
もっともこの先、思いもよらない負の出来事があるかもしれないが
とりあえず今日は気分が良い。

そして、明日も制作は続く。
あっ!
明日は出かける用があった。
ダメじゃん。


■写真は壁ではなく、アトリエにある
古いロッカーのドア。






[PR]

by fujita-art | 2015-07-22 18:52 | Comments(1)
2015年 07月 11日

紫外線にはご注意を

d0114140_20021536.jpg
毎日歩くようになり、結果少しスリムになり
健康的に日焼けもし、
なかなかのイケメンになったかと思っていたら、
それは自分勝手な思い込みで
ある年齢以上になると
「少し痩せたみたいだけどどっか悪いの?」
とか、
「顔色悪いけど肝臓でもやられた?」
とか
まぁ、そんなこんなで出かけるときは
帽子と男の日傘で、紫外線対策です。

今日は天気も良かったので朝からひさしぶりの上京。

先ずはずっと行きたかったヘレン・シャルフベック。
初めてお目にかかるフィンランドの作家。
おぉ〜、こんな作家がいたなんて
こりゃ見なきゃ損ですよダンナ。
持って生まれたようなその実力もさることながら、
様々な画家に感化されつつ独自のスタイルに昇華させて行く
そのセンス、素晴らしいの一言です。
なんか、日本の中村彝を思い出しちゃいました。
チラシや看板に使われていた自画像はもちろん、
18歳の時に奨学金を得ることになる「雪の中の負傷兵」や
二十代に描いた女の子の小品なんて、もうたまりません。
ホルバインやベラスケスの模写なんてものも
展示されているんですが、これがまた上手い。
東京芸術大学美術館で26日までですがオススメです。

その後、キドプレスで我が青春のジャスパージョーンズの版画を見せて頂いたり、
池尻のGallery RAINで久保卓治さんのフォトポリマーグラヴュールを堪能したり、
渋谷ギャラリエアンドウで岡田浩志、下角宗範の2人展で元気を頂いたりと
充実した1日でした。

東京芸術大学美術館







[PR]

by fujita-art | 2015-07-11 20:03 | Comments(0)
2015年 07月 04日

寝るしか無い

d0114140_12295419.jpg


ワケあって8月以降は仕事のスケジュールが立てられないので、
7月末までに終えなければならない。
10月に予定している個展に向けての新作作りのハナシである。
なのに風邪を引き、思いの外長引いている。
60も過ぎると風邪も馬鹿にできない。
告白しよう。
ワタクシ、熱や痛みには人一倍弱いのだ。
もう、寝るしかないのだが、
寝てばかりいると腰や背中が痛くなって仕方がない。
あまりにも痛いので横になるのだが、
すると更に悪化する。
暫く前から自転車に乗れない事情が発生し、
ならば歩くだけと、
毎日一万歩以上は歩いていたが、
全く歩かなかった年寄りが急に歩いたので腰にきたかもしれない。
ワタクシの今のこの状況は日本にとって損失だ!(ナニガ?)
布団の上でiPad mini に何を書こうが
政府は何も言ってこない。
とりあえずワタクシの言論は今の所守られているようだ。
勘違いでなけれがいいのだが、、、。
ただ言いたいことも言えない時代にならないように
言いたいことを言っておこう。
どうなっているんだこの国は( ̄▽ ̄)。
何もやる気が出ないというのに、
こんな事を書き始めたぐらいだから
ソロソロ起き上がれるはずだ。

やっぱ、
疲れたから、もう一眠りするか、、、。
[PR]

by fujita-art | 2015-07-04 12:32 | Comments(1)