<   2015年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2015年 04月 27日

グーグル先生は教えてくれない

d0114140_1445082.jpg


不在のお詫び

この度、日本橋小伝馬町にある
JINEN Gallery へお出かけ下さった皆様へ。

4月14日から二週間の-select-と題した展示も昨日26日無事終了しました。
期間中多くの方々が来て下さったにもかかわらず
本人体調不良のため何日も在廊することが出来ず
心よりお詫び申し上げます。
沢山のメールでの励ましと作品に対する好意的な感想も
本当にありがとうございました。
また、展覧会の主催者であるかんの様ご夫妻には
最後の搬出作業まで快く引き受けていただき、
心から感謝しております。

個展が終わった翌日には打ち上げとばかりに
楽しみにしていた東京ドームのチケット
これも体調イマイチのため、いつもお世話になっている友人に譲りました。(ぉお〜〜〜!)
会いに行くと約束していたポール・マッカートニー兄さん
約束破ってゴメンな。
来年もう一回来てよ、絶対会いに行くからさ。

まぁ、それでもいつまでも休んでも居られず
アタマだけは動かそうと思いますが
重すぎてなかなか思うようにいきません。
こういう時の知的労働者の弱点(^o^)。

さて、ワタクシが居なかったばかりに
謎の「ガラス無しサクヒン壁から浮かし方法」のヒミツを
聞き出すことが出来なかった若い将来ある作家のみなさん
どうか、ご自分でお考えあそばせ。
グーグル先生に聞いても答えてくれません。
何故かって?
ワタクシがまだグーグル先生に教えてないからです。

それと、キャプションにあった
フォトポリマーグラヴュールとか言う表記ですが
どういう技法かしらと、グーグル先生に聞いても
ワタクシについてしか答えてくれませんよ。
だって、こんなインチキくさい呼び名は
ワタクシが言い始めちゃったからです(あっ、言っちゃった)
若い作家のみなさんもグーグル先生に頼れないお仕事
しちゃいましょ(^o^)。

兎にも角にも、皆さま
ホントにどうもありがとうございました。

次の個展は六月、香川県丸亀市です。


■写真は JINEN GALLERYの FB より
[PR]

by fujita-art | 2015-04-27 14:55 | Comments(0)
2015年 04月 23日

元気を貰う

d0114140_18135647.jpg


事情がありここ一週間近く
すべての活動を停止せざるを得ない状況にあった。
今日めでたく再稼働(?)をするにあたって
まずは暖機運転ということで、
鎌倉近美へ「鎌倉からはじまった1951-2016」展を見る。
鎌倉近美(神奈川県立近代美術館・鎌倉)にも深い事情があり
来年の3月で活動を停止すると言う。
一年かけて、閉館の2016年から開館の1951年まで順にさかのぼり
開催された展覧会、そこで関わった作家の作品が並ぶ。
会場に入ってまず感じることは、なんと質の高いことか。
これはテーマ展ではなく、常設展示にして欲しい。
Part 1の今回は時代もあり、同時代の作家も多く、
それも代表的な優れた作品が並び、見応え充分です。
鋭気を養うにはピッタリでした。
この後、part2、part3と続き、
歴史の重みを帯びた作品が続くことを想像するだけで
もう、元気が出てくるのだ。

日本の美術館にはそこへ行けばいつもあの作品が見れる
と言う優れた常設展示の美術館がまだまだ少ない。
歴史を知らずに新しいものは作れない。
特に若い作家はこの展覧会は絶対に見るべきであると
還暦過ぎのワタクシは思うワケです。


そうそう、
日本橋小伝馬町のJINEN Gallery での個展は
日曜日までです。
こちらもどうぞお忘れなく(^o^)。

神奈川県立近代美術館・鎌倉

JINEN GALLERY
[PR]

by fujita-art | 2015-04-23 18:21 | Comments(2)
2015年 04月 18日

滅多に居ない在廊記

d0114140_21335917.jpg


「いつもブログを見てます」
なんと言う恐ろしいお言葉(^-^)。
穴があったら入りたい。
トイレはあるが穴はないので、一応ガマン。
ステキな女性が個展会場を訪ねて下さった。
きっと帰り道では連れの方と
ワタクシに遭ってしまった事を後悔しているに違いない。

今日は若い作家にはエラそうなコトばかり喋っていたら、
話を終わらせたいのか、突然ワタクシに握手を求めた来た。
若い女性の手を握るのは30年ぶりだ。
あの頃主人も若かった( ̄▽ ̄)。

次の在廊はおそらく週末になると思うが、
この個展は見ないと損をする。
ここで見ないと次は四国だからだ。
見たいと思ったらあと一週間。
いや待てよ?このブログは東京限定ではなく、全国区?
まぁ、兎に角、日本橋小伝馬町のJINEN Galleryまで
迷いながらお出かけしてください。
ワタクシは3回目でやっと迷わなくなった。

そうそう、今回の個展ではどういうワケか
写真家の方が間違ってたくさん来てくださっているようだ。
版画だけど写真でもあるので間違いではない。
写真でもあるが版画でもある。

それと、いつもの事だが、
皆さん展示方法にことさら興味があるらしい。
むしろ作品への興味を上回るといってもいい。
マル秘のトップシークレットではあるが、
わざわざ3階までエレベーターでラクして上がってきた人には
モッタイナイがお教えしちゃおう!
なんとココロの広いことか。
ほんのワタクシの気持ちと思って、
心の奥に大切にしまっておいてくださいませ。

まっ!
そういうワケでワタクシの居ないスキに
ゼヒゼヒお出かけくださいませませ。

JINEN Gallery へのアクセスは


検索して調べてね。(^o^)
[PR]

by fujita-art | 2015-04-18 21:36 | Comments(0)
2015年 04月 13日

50回

d0114140_13455199.jpg


数えてみたら50回でした。
1981年の第一回目の個展から数えてちょうど50回。
4月14日から始まる JINEN Gallery での個展です。
決して多くはないかも知れませんが
何かちょっぴり嬉しくなる数です。
今まで沢山のギャラリーからオファーを頂き
その都度、できる限り真摯に取り組んできたつもりですが
技術や知識や経験が追いつかず
歯痒い思いもたくさんしました。
右から左へと売れるような作品ではないのに
と言うか、ほとんど商売にもならないのにも関わらず
どのギャラリーもホントに良くしてくださいました。

さて、
もしかしたら今、仕事が一番楽しい時期かもしれません。
新しい制作プランもいくつか秘めております。
この後も、6月、10月、1月と個展が決まっています。
今は6月の計画がおおよそ決まり、
10月の個展のための制作に取り掛かり始めたところです。
あとは同時進行で細かいところを進めていきます。

昨夜、明日から始まる個展会場の展示を終えてきました。
素敵な空間に助けられ、
なかなか良い展示になったと思いますが、
どうでしょうか。
ぜひ、見に来ていただけると嬉しいです。


藤田修 – select -
2015年4月14日(火)〜4月26日(日)    ※4/20(月)休廊

JINEN GALLERY
〒103-0001
東京都中央区日本橋小伝馬町7-8 久保ビル3F
TEL:03-5614-0976

開廊時間:12:00〜19:00 ※最終日16:00まで
休廊日:月曜日

JINEN GALLERY

d0114140_13462580.jpg

[PR]

by fujita-art | 2015-04-13 13:52 | Comments(0)
2015年 04月 11日

アンテナ

d0114140_18553860.jpg


銅版画教室に来ている方が
地元のFMに出演すると言うので
古いラヂオのアンテナをあっちこっち動かしていたら、
ポキッと折れてしまい、( ̄▽ ̄)
ちょっぴり焦りながらもそうだ!!と、
急遽工房にあった銅線を折れたアンテナの根元に巻きつけ
窓の外に貼り付けてみました。
オッ〜!
今まで聞いたことのないFMがバッチリ聞こえました。
外見は益々怪しくなった版画工房です。

ラヂオ出演した生徒さんはショーワカヨーとかをメインに
ウクレレで弾き語りをするミュージシャン。
居残り生徒さんとラヂオの前からみんなで応援。(二人ですがナニか?)(^O^)
初めて彼女の歌声を聞きながらの作業は
いつも以上に上手くいきました。
耳はラヂオ、目と手はプレス機の上。
そこに通りがかりの男性が入ってくるワ
イロイロ質問してくるワで、
もう身体中アンテナを張り巡らせた土曜の昼下がりでした。
でも、楽しかった(^o^)。

明日は14日から始まる
日本橋/小伝馬町にあるJINEN Gallery の個展のために、
搬入展示作業があります。
新しいギャラリーでの個展です。
いい展示になるといいなと、思うワケです。
[PR]

by fujita-art | 2015-04-11 18:59 | Comments(0)
2015年 04月 01日

目が回る

d0114140_20141067.jpg


忙しさに目が回ると言ったりするけれど、
展覧会がたて続けにある忙しさの中、
ホントに目が回った。
夕食後、リラックスし、コタツに足を突っ込み
iPadでメールをチェックしていたその時、
突然、目が回ってきた。
おぉ〜、ホントに目が回る忙しさってあるんだと変なところに感心する。
面白くもない画像を高速でスクロールしているように
部屋の中がグルグル回り始めた。
吐き気もするし、
立ってもいられないので、(実際には座っていたが)
とりあえず横になる。
横になっても天井がグルグルぐるぐる回ってる。
ダメだコリャ。
とりあえず寝るしかないと、寝た。

翌朝には治まったが念のために病院へ行く。(エライ?)
目や耳を調べられ、最後はとりあえず脳も調べましょう。と。
アタマに異常があるのは薄々気づいていた。
ひとの名前は出てこないし、髪も薄くなってきた。
自覚はしているが他人に言われたくはない。
頭を輪切りにして調べた「結果」は一週間後。

そして、今日そのMRIの結果が出た。
外見は兎も角、中身はまだ心配ないと言う。
加齢による一過性のものだろうとのこと。(ほっとけ!)
今日はエイプリルフールなので嘘をついてないかと
ドクターに尋ねたが、診察室にいたスタッフ全員に笑われた。
白衣を着ているだけでホントのところ素性がわからない。
どうも怪しい。
今日から年度が変わりドクターの顔も代わった。
確か、先週までは美人の女医さんだったのに
大学出たてのような若い男性に代わっていた。
まぁ、名札も付けてたし、説明も丁寧だったので
仕方がない、信用してやろう。

そんなワケで
まだしばらくは仕事を続けられる。
と言うお話。
[PR]

by fujita-art | 2015-04-01 20:17 | Comments(0)