<   2014年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2014年 12月 27日

弱さが強さに変わる瞬間(とき)

d0114140_23125792.jpg


12月24日東京都庭園美術館へ
内藤礼の「信の感情」展を見に行ってきました。
内藤礼さんの作品が気になりだしたのは
確か1998年横浜美術館でみた
「イヴォン・ランベール コレクション展」の時からでした。
消え入るようなドローイングが2枚ほど展示されていたように記憶しています。
一見すると儚く、今にも消えて無くなりそうな画面でした。
何も描いていないように見える画面をじっと見ていると
柔らかな光の束のようなものが浮き上がってきました。
あんなに弱い絵画を見たのは初めてでした。
でもそれが立ち止まって静かに対峙した時に
弱さが強さに変わるのでした。
あぁ、こんなアプローチもあるのかと。
大きな声でがなり立てるような色も、
人を驚かすような荒々しいイメージもありません。

庭園美術館の歴史的な空間を手のひらに乗るような小さな人形が
空気感までも変えてしまうのはさすがです。
ここでもささやくような小さな声が
しっかりと聞こえてくるのでした。

併設のギャラリーでのキャンバス作品と併せて
心に残る今年最後の展覧会でした。
[PR]

by fujita-art | 2014-12-27 23:18 | Comments(0)
2014年 12月 20日

写真家の中で

d0114140_21501122.jpg


知り合いの写真家が自宅のガレージを改造して
本格的なギャラリーを始めることになり
そのオープニング展に出品依頼があり、
搬入がてらお邪魔してきました。
来年の3月に8人の作家によるグループ展で幕を開けるのですが
ワタクシ以外は全てフォトグラファーだそうです。
一流の写真家の中に一人だけ異端児が入るようなもの。
ただ、以前から自分の作る作品は
写真としてのアプローチもありかなと密かに思っていたので、素敵なチャンスを頂いたとも思っています。
一つだけ問題があるといえば、価格設定です。
どういうワケか、写真は版画よりかなり高い。

なんて思っていたら、結局ワタクシが
ただ単に無名だったと言うだけ。というオチでした。
当分、価格は上がらない売れない売れっ子あーちすとです。



■写真は本文とは関係がありません。
 こんなの欲しいな、、タイプライター。
[PR]

by fujita-art | 2014-12-20 21:52 | Comments(0)
2014年 12月 15日

教えてもいいですが

d0114140_2125259.jpg


いつもお世話になっている版材を扱う専門業者から
樹脂版の取り扱い方法についていろいろ聞かれる。
今まではこちら側がほとんど質問をしていたのに
今回は逆の立場になったワケです。
話は製版作業に関わることがほとんどで、
なんでも他の客から、上手くいかないというクレームらしい。
あっ、版画のハナシです。
長いことお世話になっているので、
寝食を忘れて、昼寝を怠らず秘密の研究によって獲得した
ノウハウを教えちゃいました。
電話だったのでどの程度伝わったかは定かではありませんが。
「コツがあるんです」言って仕舞えば元もこうもないのですが
当事者がなんでもない事だと思っていることも
他の人にはそうでもないということも稀にあるようです。
でもね、お客さん、新しい作品を作るっていうことは
膨大な時間と度重なる失敗があっての話だからね。
材料やお店のせいにしちゃぁ、イカンゼヨ。
新しいことをするということは、それなりに大変なワケで。
トリセツを見ればすぐに分かるようなものでもない、と言うことも覚えておいてね。
YouTubeを見るだけじゃ身に付かないもんだよ。

話は変わりますが寒くないですか?
今朝、車を出そうとしたら
窓という窓がぜ〜んぶ凍っておりました。
さぶいのイヤだね。
固いカラダが、なおさら固くなってしまいます。

■写真は新作の中の一点の部分です。
[PR]

by fujita-art | 2014-12-15 21:06 | Comments(0)
2014年 12月 03日

サワサワしていた心がチョッピリおさまる

d0114140_1836488.jpg


個展が続くときはいくつもあると考えるとやっていけません。
コツは複数の個展は一つと考えます。
部屋が幾つかあると考えることにしています。
それぞれの部屋ごとにテーマがあり、
全体を見渡しながら作品を作って行ったり
選定して行ったりします。
ですから、期間はそれぞれ違っても
その年に行われる個展はひとつと考えるようにしています。
毎回、ギャラリーごとの模型を作るのですが、
これが出来るともう半分出来たようなものです。
、、、なんて思っていると落とし穴が潜んでいるので
気を付けなければいけません。
イメージは固まっていても実物が全てあるわけではありません。
これからイメージを形にしていく作業が大変なワケです。
版画はまだいいのですが、
今回は一点モノのオブジェを何点も作らなければならないので
頭が痛い、ということになります。
今日は午後から工房で4箇所の模型を作り終えたので
サワサワしていた心がチョッピリおさまりました。
三時のおやつはおしるこをいただきましたとさ^o^。


■写真のマケットは左から3月、4月、6月、10月です。
[PR]

by fujita-art | 2014-12-03 18:40 | Comments(0)