<   2014年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2014年 07月 31日

漬け物

空いた座席に腰を下ろすと
隣の青年が顔の前で手をヒラヒラさせ始めたんです。
ぅん?電車の中にコバエでも入ってきたかしら?
しばらくすると横の席が一つ空いたので、
青年から一人分離れて座り直しました。
するとのコバエがいなくなったのか落ち着いた青年。
ワタクシ、席を移動したとき足元に置いた荷物も一緒に動かしたワケです。
あっ?隣の青年が顔の前をヒラヒラさせていたのはコバエじゃなくて、
匂いだった!!!(≧∇≦)
足元の荷物はその日少し多めに買って帰った京の漬物。
しまった、臭かったのね(~_~;)
ワタクシが離れた瞬間に青年はスマートフォンを取り出し
何か打ちはじめています。
きっとTwitterかLINEに「隣のジジィ、ちょーくせぇ!」
とか書き込んでるに違いない。マチガイない。
なんかねぇ、チョットはワタクシも気にはなっていたんですよ。
でもさ、そんなあからさまなジェスチャーしなくたってイイじゃない。
「失礼ですが、何かにおいません?」
とか言ってくれれば、
「青年、申し訳ない。お詫びに柴漬けひとつ持って行くかい?」
とかなんとか世代を越えたコミュニケーションが始まったのに。
チミだってニッポン人だろ?
漬物はニッポン人の文化だぞ!
特に京モノは美味いんだからしょうがないでしょうが。
正直に言いたまえ、チミだって、
マクドナルドのハンバーガーに入ったピクルスはなければイイと思ってるでしょ?

ともかく、OLやサラリーマンの帰宅時間には少し早かったので
つまり、ラッシュ時じゃなくて助かったけどね。
人が大分少なくなったので座席に荷物を置いたら、
やっぱくせぇ〜!
暑さのせいかな?(ー ー;)
[PR]

by fujita-art | 2014-07-31 19:38 | Comments(0)
2014年 07月 30日

切る

d0114140_1161934.jpg


若い頃は、髪の毛は自分で切っていた。
床屋に行く余裕がなかったからだが、
今はプロに任せる。
少なくなった髪の毛を切るのは勿体無いので
滅多に行かないけれどね。
出来れば枝毛とか言うものが欲しい。
一本が二本に増えるのは魅力的だ。

木を切るにはノコギリを使い、
布や紐類ははハサミを使う。
紙類にはカッターナイフを使用するけれど、
版画で使う紙はほとんど手で切る。
定規を当ててビリビリッと。
箱物のオブジェなんぞこしらえていると
どうしてもガラスを切る必要が出てくる。
以前はダイヤモンドカッターって言う道具を使っていたが意外と難しい。
失敗が多く、不燃ゴミが増えてしまう。
ところが最近はオイルカッターって言う便利なものがあり、
これを使うと、失敗がほとんど無い。
ガラスを切るときの適度な緊張感と、カッターで傷をつけ
パカッと綺麗に割れるときの爽快感はたまらない。

こんなにいろいろ切っているのに
切れる男ネ!
と言われないのは何故? (泣)
[PR]

by fujita-art | 2014-07-30 11:11 | Comments(0)
2014年 07月 28日

箱入り娘

d0114140_19535042.jpg


額を作ってもらうとそのサイズに合わせた箱に入ってきます。
その箱に入れた状態で画廊やコレクターや美術館へと移動して行くワケです。
ところが、立体モノやキャンバスのようなモノは
箱を別にこしらえなくてはなりません。
箱屋さんに頼んでもいいのでしょうが、
ヒマと技術を持て余しているワタクシは
自分で作ることになるワケです。(^_^)
基本的には5ミリほどの段ボールを使います。
作品より一回り大きく作ります。
ウコン染めの布で簡単な袋を作って作品を包み、
箱に収めます。
作品を作っているときのような緊張感はありませんが、
相手も決まっていないのに、嫁入り支度をするようなものです。
秋のbox展に向けての準備です。
あとは作品の裏と箱の表に、タイトルや日付などを記した
内容証明書のようなシールを貼り付けておしまい。
今後、嫁入り先が決まった場合は、
作品の裏と箱の上に仲人をしたギャラリーのシールが貼られて行きます。
後々、作品の経歴を辿る手がかりになります。
作品は2点ほどできたので、あと一、二点ほどあるといいかな、と。

それにしても暑い日が続きます。
コンビニの一番涼しい「箱」の中に置いてある
ガリガリ君を今日も買ってしまった朝でした。
[PR]

by fujita-art | 2014-07-28 19:55 | Comments(0)
2014年 07月 23日

三時のおやつ

d0114140_19195772.jpg


「おはぎ」
なんとも嬉しい今日のおやつですこと。
10時と3時は職人さんの一服のお時間です。
三日間ほど左官屋さんになって、
少々くたびれてきた玄関と廊下を漆喰で塗って見ました。
初めは少々手こずりましたが、三日目ともなるともう大丈夫。
コテの使い方も、マスターしました。
いつでも、看板が出せます。
まぁ、もっともキャンバスにシルバーホワイトで
地塗りをするのより簡単かな、、。
だって、ストロークの痕跡を残していいんですもの。
綺麗になったら、ワタクシの版画を掛けてくれました。
お〜、なんかひとんちの家みたい(笑)。
廊下も結構なぬりでがあって、くたびれました。
それでも完成すると、大きな達成感があり楽しいですね。
昔から職人作業は結構好きなんです。
自分で出来ることは自分でする。
死んだじっちゃんの口癖です。
あっ、そんなことを言っていると
「シェフのお仕事もステキよ〜!」
と言うような言葉が聞こえたような気が、、。
死んだフリ、死んだフリ。

明日は朝からアトリエで、
本業のお仕事を。
うぅん?
どっちが本職だったかね?
[PR]

by fujita-art | 2014-07-23 19:36 | Comments(0)
2014年 07月 16日

悪魔のささやき

シャワーの前に汗をかく。
言っておくが冷や汗ではない。
な・なんと筋トレ。
始めて十日経つ。
スクワットと腕立て伏せと腹筋を始めた。
運動は中学生のとき以来だ。
中学時代はバスケット部に所属していた。
レギュラーではなく、ハイオクだ。
補欠とも言う。
そんなことはどうでもいい。
五十年ぶりの筋トレはなかなかキツイ。
初日はそれぞれ十回で終わった。
あまりの不甲斐なさに、心を鬼にして、
二日目20回、三日目30回、四日目40回、、、、。
と増やして行った。
人間その気になれば出来るものだ。
今は100回とはいかないが、
それでも70回にはなった。
今週中に100回を目指す。
たったそれだけと思う慈愛に欠けた貴方がそこにいるかもしれないが、
初日に十回しかできなかった還暦過ぎの、
筆より重いものを持ったことがない
中学時代バスケ部で補欠だった
あーちすとだと言うことを忘れないで欲しい。
そんなワタクシが一大決心をして始めた筋トレを優しく見守って欲しい。
このまま行くと、夏が終わる頃には、
マッチョなあーちすとの誕生かもしれない。
モテてしまうかもしれない。
心配だ。ほどほどがいいかもしれないな。
もうひとつ心配がある。
昔から何かを始めて、他人に言ってしまうと
大概そこで終わるというジンクスがある。
だから、今回は秘密にしておこうと決心したのに、
今日はヒマだったし、遠藤がまた負けてしまったので、
思わず発表してしまった。
ジンクスが心配だ。
そうそう、何故筋トレかと言えば、
あまりの暑さで汗ばむのがシャクに触り、
外的要素で汗をかくより、自発的に汗をかいたほうが
腑に落ちるので、始めたのだ。

こんなにがんばっているのに、
さっき、足の爪を切ろうと屈んで手を伸ばしたら、
石のように硬い体の故か、
足がつってしまった。
あまりの痛さに、これは毎日のスクワットのせいだよ
筋トレなんかやめちゃえと言う
悪魔のささやきが聞こえた。
負けない!
絶対に続けて見せる。
悪魔よ!去れ!

柔軟体操の方がいいのかな?
[PR]

by fujita-art | 2014-07-16 18:15 | Comments(0)
2014年 07月 09日

ブラジルが?

ブラジル負けちゃいましたね。
うっそ〜!って言うくらい点を入れられちゃって。
だいたいドイツ強すぎます。心も身体もターミネーターみたいでした。
もし、ワタクシがブラジル人だったら、もうドイツ品なんて買わない!!
まぁ、ワタクシはブラジル人ではないのでお仕事の版画に使う紙は
ドイツ製を使ってますが、、。
これがまたいい仕事してくれるんですね。それはさておき
正直に言うと、昨日まではドイツを応援していたんです。
でもね、2点取られたあたりから、何となくブラジルがんばれ!って。
それが3点、4点、5点、、。と、
こうなっちゃったら誰だって判官びいきになっちゃいます。
後半に入っても更に2点!!
そんなにいじめなくたっていいでしょ。
あんなに強いブラジルがもう泣きそう。
唐突に子供の頃よく見てた「コンバット」っていう
アメリカの戦争ドラマ、思い出しちゃいましたよ。
あの頃からドイツ軍は強かったものね。
サンダース軍曹、なつかしいなぁ。
「チェックメイトキングツー、こちらホワイトロックどうぞ」
小学生の頃、良くマネしてた。
あっ?興味ない?
話が逸れた?
で?明日は?
オランダにアルゼンチン?
もう、何が起こるかまったく分からないですね。
そう、今はまだうだつの上がらないワタクシですが
ルーズベルトゲームみたいにそろそろ
「大逆転」しないかねぇ。
[PR]

by fujita-art | 2014-07-09 15:53 | Comments(0)
2014年 07月 07日

デート

d0114140_23225910.jpg


今日は七夕。
棚ぼたではない。
恋い焦がれて、会いたくて会いたくて、
なんて人もいるわけでも無く
待っていてくれるような人もいない。と思う。
ワタクシを待っている人は、
かかりつけの医者くらいです。
二人もおります。
言っておきますが三角関係ではありません。
二人とも約束の日にこちらが会いに行くと言う決まりです。
二人とも冷たいんです。
もっと情熱的に迎えて欲しいのに
「お変わりありませんね」なんて、、。
もっとさぁ、「会いたかったわ〜」とか
「嬉しい、また来てくれたのね」とか
言いようってものがあるでしょ。
私のことを忘れないようにと、いつも写真を撮りたがるんで
まぁ、興味はあるらしいです。

えっとー、次のデートはいつだったかな。
あら、今月は二人とも約束があった(^_^)
もう、そろそろこんな関係はやめようかな。


■写真はこりもせず今年も参加しちゃった京都のうちわ展に出した、
  「暑苦しいうちわ」  第9回現代アートうちわ展
[PR]

by fujita-art | 2014-07-07 23:29 | Comments(0)