DAY BY DAY

fujitart.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2013年 03月 29日

ヨコスカ

d0114140_1843820.jpg


工房から歩いて10分程度の所に海軍の司令官邸があります。
桜の咲く時期だけ一般開放されるのですが、
生まれて初めて行ってきました。
1913年に建てられたものらしいのですが、
今まで、地元の歴史にあまりにも無知でした。
ここの所、美術館の依頼もあって、
ヨコスカをテーマに作品をこしらえていましたが
もっと勉強しておくべきでした。
生まれた時から当たり前のように
日本の制服軍人とアメリカ人が街を行き交っている所です。
当たり前すぎてなんにも興味を持たずに生きてきましたが
かなり特殊な街のようです。
明日まで渋谷で見せている「YOKOSUKA DETAILS」
第二弾を考えても良いのかとな、と思わされました。

d0114140_18435452.jpg


司令官のおウチから帰ってきたら
横須賀美術館から次回企画展のポスターとチラシが届きました。
4月27日から6月30日に行われる「街の記憶」と言う展覧会です。
副題が(写真と現代美術でたどるヨコスカ)とあります。
出品作家は 
秋山さやか、石内都、市川美幸、北井一夫、鈴木昭男、
薗部澄、高橋亜彌子、高橋和海、田村彰英、東松照明、
浜口タカシ、藤田修、ホンマタカシ、森山大道、若江漢字
と言った、ビックネームにワタクシの名前もちゃっかり入っております。
日本を代表する写真家の作品の中で、
ワタクシのインチキ版画がどう見えるか、
ここはひとつ、おおいに楽しんじゃおうかなと。
[PR]

by fujita-art | 2013-03-29 18:48 | ギャラリー | Comments(0)
2013年 03月 28日

桜とギャラリー

d0114140_202281.jpg


朝一番で野暮用を済ませ、
お世話になっているギャラリー白川で打ち合わせ。
京都のアート事情をお聞きしたり、
次の展開を相談して来ました。

ちょうどblogで知り合った彫刻家の個展が寺町通のギャラリーで
初日を迎えると言うことを知り、
伺って来ました。
作家本人にお会いするのは始めてでした。
版画、コラージュ、石彫といろいろありましたが
全て「家」がテーマのようです。
中でも石のおうちが良かったです。

ギャラリーを後に町歩きをしていると
寺町通りの品揃にこだわりがありそうな本屋を見つけ、
帰りの新幹線で読もうと
「森山大道、写真を語る」を一冊買って帰りました。
古本ではないのに50%offでした。
京都のカカクハカイ?

実は久しぶりの京都
楽しみにしていた桜はちょっぴり早かったようです。
受験生の時代から、サクラサクには縁がないようです。
秋の紅葉は見たんだけれどね。
どうやら春より秋の方がお似合いのお年頃のようで。
ヤッパリね。

ノブコ・ウエダ展

■写真は東寺のしだれ桜
[PR]

by fujita-art | 2013-03-28 20:07 | ギャラリー | Comments(2)
2013年 03月 25日

披露宴

d0114140_8592859.jpg


「ここで恩師の◯◯先生に一言お願いします」
へぇ~、どんなお方でしょうか。
ところで、ここの料理はなかなかいけますね。
なんて食べる事に夢中になっていたら
背後から突然マイクを突きつけられました。
ハッ?ワタクシ?エッ?
何かの間違いでは?人違いでは?
あのね、ワタクシ、準備さえしていればそこそこいい話もしないではないのですよ。
でもね、食事中(笑)に、突然ご指名を受けてもアタフタするだけですって。

昨日、十年ほど前にちょっぴり偉そうに、
インチキアートを教えた少年が立派な青年になって
可愛いお嫁さんをもらったお披露目の式での事でした。

式にはありがちな長ったらしいスピーチもなく、
親戚のおじさんの詩吟やどじょうすくいもない
それでもとっても和やかな披露宴でした。
唯一、無ければよかったのはワタクシのシドロモドロの挨拶でしょう。

でも、なんだかうれしくって。
友達がいっぱいの、暖かい人柄のよく出た式でした。
オメデトウ、ONOE君。
[PR]

by fujita-art | 2013-03-25 09:01 | Comments(0)
2013年 03月 22日

骨董屋ではありません


「こちらは売っていただけるんですか?」
「申し訳ありません、売り物ではないんです。」
今日、珍しく工房でお仕事をしていると
六十絡みの紳士が入って来ました。
ワタクシの趣味で並べているガラクタに惹かれたご様子。

お好きですか?

お目が高い!

なんて骨董屋の親父にでもなった気になって
そろばんを弾きそうになりましたが、
あーちすとだった事を思い出し、
骨董屋のオヤジではない事をキッパリと宣言しました。(笑)
壁にはワタクシの作品を掲げているのですが、
そちらには目もくれずパリで手に入れた年季の入ったテストハンマーや
使用不能なオイルランプに興味をお持ちになったようです。
残念ながら版画の方に目を向けさせるには
ワタクシ、まだまだ修行が足りないようです。
でもなぁ~、、、、。
いっそのことアンティックショップの看板でも出しちゃおうかな。
版画工房としてはちょっぴり複雑な来客でした。(泣)
[PR]

by fujita-art | 2013-03-22 19:23 | 版画工房 | Comments(0)
2013年 03月 21日

ロバート・キャパ

d0114140_13565833.jpg


自分の個展をそっちのけで横浜美術館へ行ってきました。
「ロバート・キャパ/ゲルダ・タロー 二人の写真家」と言う展覧会です。
行こう行こうと思いつつ、なかなか時間がなく終わり近くになってやっと見る事が出来ました。
やはり、写真は強いです。戦時下の報道写真ということもあるのですが
作り事ではない現実を見せてくれる写真からは
否応無く、人間の愚かさや、悲惨さを突きつけられます。
来月末から写真中心の展覧会に参加予定があるので
見ておかなくてはいけないだろうと思っていたのでした。
スゴい人(入所者数)でした。
近づいてじっくり見るということは出来ませんでしたが
人々の頭越しに見るだけでも充分でした。

横浜美術館
[PR]

by fujita-art | 2013-03-21 14:01 | 美術館 | Comments(0)
2013年 03月 18日

なんでも鑑定団

「いい仕事してますね。」
ルーペ片手に次から次へと運ばれてくる版画の鑑定です。
今日、横須賀美術館の収蔵庫で菅野陽(1919-1995)の作品を三十数点拝見させて頂きました。
どんな、技法を使っておられたか判断を任されたワケです。
責任重大です。
そこでルーペ片手に鑑定団の中島誠之助さんのように
「いい仕事してますね」と唸ったワケです。
歴史上の大先輩の銅版画を直に手に取る事が出来るなんて
シアワセです。
様々な技法を試みており、
中でも一番印象に残ったのが
ディープエッチングを重ね重ねしながら
版を削ったり、磨いたりして深いマチエールをこしらえている作品でした。
版に対峙する時の作者の気持ちが読み取れるような、
いい仕事です。
エッチング、アクワチントを始め、
シュガーチント、ドライポイント、サルファチント、
はたまたヘイター刷りもありました。
ただね、100%分かったかと言われると
そりゃアナタ、無理ってもんです。
でも、そう言う時は銅版画でい~んです。
もっとも、そう言うワケにはいかないので
無難な答えをしておきました。が、なにか? (笑)
[PR]

by fujita-art | 2013-03-18 20:56 | Comments(0)
2013年 03月 13日

初日

d0114140_1030311.jpg


お~、ななんと晴れました。
ワタクシの個展のオープニングと言えば、
9割方雨と相場が決まっているのにもかかわらず
今回の初日は晴れました。オドロキです。
これはきっとワタクシの最近の行いが良いからに決まってます。
何が良いかって、そりゃアナタ
おやつを控え、早寝早起きをしているからに他なりません。

懐かしい方、お世話になっている方、長い付き合いの方、
全然知らない方、知っているのに名前が出てこない方、
強そうな方、控えめな方、
知り合いかと思ったらただの通りすがりだった方、
いろんな人が来て下さいました。
普段、人里離れた田舎暮らしのワタクシには
刺激的な一日でございました。
この場を借りて御礼を申し上げます。
また、アンドウさんにはワタクシが口にした事も無いような
おいしい飲み物や食べ物を用意していただき
ありがとうございました。

さて、この個展30日までやっております。
お天気の良い日に、どうぞお出かけ下さい。

ギャラリエ・アンドウ
[PR]

by fujita-art | 2013-03-13 10:36 | ギャラリー | Comments(4)
2013年 03月 04日

DM

d0114140_19233644.jpg


世の中様々な情報に溢れていますが
全てが真実とは限りません。
偽情報、拡大情報、ねつ造、誤解、勘違い、と
真実を見極める深い知識と豊富な経験が必要です。
さて、3月12日から始まる個展の案内DMがあるのですが
実はこのDMも正しい情報とは言えません。
そもそもこの案内ハガキを作るために画廊に渡した作品は
昨年の12月のはじめの頃だったと記憶します。
その後、ワタクシは飽くなき探究心とあふれる研究心をもって
個展に向けて脇目も振らず、ただひたすらに新作制作に没頭していたワケです。
ギャラリーに渡した作品のことも忘れるほどにです。
そんなワケで、渡した後にその作品が気に食わず
なんと言いましょうか、つまり、その、手を加えたワケです。
ですから、DMに掲げた作品はありません。
つまり、DMを送り付けられてしまった方々におきましては
こんな作品見たくないワ、と思ったとしてもご安心ください。
その作品はもう、ありません。
ちょいとばかり手が入ったものはありますが、、、、。
しつこい様ですが、世の中に溢れる情報を信じてはいけません。
真実を知るには、あなた自身のその目でしっかりと見なければなりません。
そう言うワケで(どういうワケ?)、
是非ともギャラリーへ、お足を運び頂きたいと思うワケです。
なんてね。

ギャラリエ・アンドウ
[PR]

by fujita-art | 2013-03-04 19:37 | ギャラリー | Comments(2)
2013年 03月 01日

搬入

d0114140_20521286.jpg


まだ十日以上ありますが
12日から始まる個展の搬入と展示作業を今日無事終えました。
この後、ギャラリーが写真を撮ったり、
版画集のための棚をこしらえたり
キャプションをこしらえたりするワケです。
顧客の対応やらなんやらギャラリーはギャラリーで
様々なお仕事がある事でしょう。
4月27日から始まる美術館の搬入も終えているので
一段落と言ったところです。
ただし、刷り増しが一枚も無いので売れたら大変です。
最もそのような事は滅多に無いので(笑)、
焦ることもありませんけれどね。
ですからこの記事をご覧になって欲しいな、
なんて思わないほうが身のためですよ。(何が?)
でもね、ギャラリーに来たら欲しくなっちゃうかもです。
冗談は顔だけにしておいて、
12日の初日に是非、お出かけ下さい。
ワタクシ、初日は絶対におりますので。
えっ?じゃあ行かないって?
そんなことは言わずにおいでやす。
渋谷にあるギャラリエアンドウさんで
12日から30日まで。日曜、月曜日がお休みですのでご注意を。


ギャラリエ・アンドウ
[PR]

by fujita-art | 2013-03-01 20:55 | ギャラリー | Comments(0)