DAY BY DAY

fujitart.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2013年 02月 23日

新作版画集完成

d0114140_19475953.jpg


大きなトラックが工房の前に横付けされ、
私の小さな作品を丁寧に梱包し、
運んで行きました。
今日、横須賀美術館の企画展に出品予定の新作版画集(12点組)が
初めて作者以外の目に触れました。
作品の大きさに対して余りにも大きなトラックに
申し訳ない限りです。
私の作品を運ぶのには軽自動車、いえいえ、自転車で充分です。
この版画集は4月27日から始まる
「街の記憶」と言うものに出品されるものですが、
3月12日から始まるギャラリエアンドウの個展でも、
先行発表します。
軍港の街、ヨコスカを取材した12点からなるものです。
写真にあるのは一枚目「submarine」潜水艦です。
そして、タイトルページにオリジナルハンドプレスによる
活版印刷を使用しました。
また、もう少し近づいたら詳しい情報をお知らせします。
取り合えず、このブログをご覧になった方は
3月12日を空けておいて下さい。(笑)


■版画集「YOKOSUKA DETAILS」
[PR]

by fujita-art | 2013-02-23 20:01 | Comments(0)
2013年 02月 15日

500円フォトブック

d0114140_20441054.jpg
d0114140_20442636.jpg


なんと、驚異の500円フォトブック。
64ページもあります。
いったいどんな風に作っているのか。
まるで印刷業界のSEIYUです。
カカクハカイです。
今日届きました。
しかも、送料無料です。
なかなかのモノです。
文章も入ります。
まぁ、どんなものなのか試しにこしらえてみましたが
いいですね。
ちょっとした記録には十分です。
大きさはA6のみ。ページは64ページだけ。
一回の注文は四冊まで。
それ以外は選べません。
この、牛丼だけ、みたいなところに安くできる秘密があるのでしょうか。
世の中、いろんなものが出てきます。
まだまだ、PCの中だけに記録を保存しておくには
落ち着かない世代です。
紙に印刷されて出てくると、落ち着くんです。
色がちょっと眠いかなとか、
トリミングに少々、難があったりしますが
フォトブックなんてだいたいそんなものです。
ワタクシには全く問題がありません。
今回は試しに先ず一冊でしたが、
増刷して999円くらいで販売しちゃおうかな。
えっ?ダメですか?

500円フォトブック TOLOT(トロット)
[PR]

by fujita-art | 2013-02-15 20:47 | Comments(3)
2013年 02月 13日

ガセではなくカゼ

d0114140_18442542.jpg


週末に体調を崩し一日だけ寝込む。
少し前に家人がインフルを発症していたので
もしや?と思ったが、どうやら単なるカゼだったようです。
ガセではなくカゼです。
ナントカはカゼを引かないと聞いていましたが、
超ナントカはインフルエンザにはならないらしい。
まだまだ3月、4月の発表のための作品造りが終わっておりませんので
ゆっくり寝込んでるヒマはありません。
おやつの時間とお昼寝の時間はありますが。なにか?
しかし、なんですな~、いろいろありますね。
今日はね、キライな歯医者の予約が入っておりましたが
咳が出るからと言い訳をし、予約を伸ばしちゃいました。
伸ばしたところで二週間後には
歯医者のリクライニングシートに横になるんですがね。
まぁ、何はともあれ皆さんも風邪やインフルエンザには
十分ご注意を。
[PR]

by fujita-art | 2013-02-13 18:46 | Comments(0)
2013年 02月 07日

硬派な版画

d0114140_19224250.jpg


おっ、いいな。
「すみません、これ下さい」
濱田富貴さんの個展で小さな版画を頂きました。
この大きさならば、持ち帰っても主人にバレません(笑)。
夕べはサッカーも勝ったしね。
天気も良いし、いい日が続きます。
ここのところ、忙しすぎてやってられね~よ
なんてボヤいてばかりでしたので、まずまずですな。
この若い作家を初めて知ったのは
確か、偶然ギャラリーの前を通りかかって
その案内版の写真が気になり
入って見たのが始まりだったような。
ガッツリしたような、硬派な作品と言うか、
ガテン系な作品で、とてもいいんです。
聞くと、空手部出身だとか。
やっぱり硬派でした。
でも、素敵な女性です。念のため。
土曜日までやっているそうですので、
ぜひ、銀座へお出かけのお方は見に行きましょう。
帰りにりんご屋さんに寄って、
愛ぱっ怒ミニを触ってきました。
欲しいな、この大きさならば主人にバレないかも知れない。
でもなこれ以上小さくなると
ワタクシの進化した目には文字が見えないかね、、。
態度だけは大きいのに、ミニが気になるのでした。

■写真は持ち帰ると隠しきれない大きさの力作

ギャラリーなつか
[PR]

by fujita-art | 2013-02-07 19:28 | Comments(0)