DAY BY DAY

fujitart.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2012年 11月 22日

紅葉とグレコ

d0114140_21212830.jpg


朝イチで一つ用事を済ませたあと
京都の東福寺の紅葉を愛でて参りました。
今週がピークだそうで、
人生の秋をお迎えになった方々がいるワ、いるワ。
まっ、そう言うワタクシもその一人ではありますけど。
エッ?お前は冬だろうって?、、、。
そんな事はさておき、
交通整理をなさっていたお兄さんが言うには
一時間に4万人もの人が訪れるんですって。
拝観料が400円×40000×?時間。
わぉ~!
ゲスの勘ぐりはやめておきましょ。

紅葉狩りのあとは一路大阪へ。
そうです、念願のエル・グレコ展を見に、
国立国際美術館へ。
初めて目にする作品も多く、とっても満足な一日でございました。
特に、最後の部屋を飾る「無原罪のお宿り」は圧巻です。
メトロポリタンのあの作品があったら、
完璧なのになぁと思うところもありましたが、
まぁ、贅沢はいけまん。
エル・グレコを語るには充分でしょう。
オススメですよ。
来年は東京に来るそうですが、見ちゃったもんね。

d0114140_212234100.jpg

[PR]

by fujita-art | 2012-11-22 21:25 | 美術館 | Comments(0)
2012年 11月 19日

ハンドプレス

d0114140_20113543.jpg


感光性樹脂版を使った自家製活版印刷をさらに簡単に行えるよう
活版用手動印刷機を作ってみました。
作りは単純なのですが、とても美しく印刷出来ます。
活版には平圧プレス機があれば話は早いのですが
少々お高いので
様々な試行錯誤の結果、最終的にたどり着いたのは
ハンドプレスでした。
まぁ、要は判子の原理なんです。
それで、均等に圧がかかれば良いワケで。
活版印刷の命とも言える、紙に出来る凹みもバッチリです。
2年前に集画集で開発した活版印刷よりも仕上がりがよろしいようです。
ちょっとした事でも新しいものが出来ると
楽しいものです。
名付けちゃおうかナ。

FUJITA HAND PRESS

なんてね。
[PR]

by fujita-art | 2012-11-19 20:19 | Comments(0)
2012年 11月 17日

ワシ


ああ、なんて言ったら良いのでしょうか。
歳?
いやいやまだまだ若いもんには負けん、などとは決して言いませんが。
一週間ほど風邪を引いておりまして、
やっと治ったと思ったら、
今度は腰が痛い。
腰痛緩和のためのサポーター、アマゾンしちゃいましたよ。
そこへ持ってきて、血圧が久々に上昇し始めるわ、と
まぁ、さんざんですな。
だいたい寒くなったのがイケません。
冬が近づくたびに思うのですが、寒いのはキライです。
もう何回冬を迎えた事か。
もしね、人生を60分と置き換えてみると
ア〜タ、ワタクシあと1分もないんですよ。
だからね、ワタクシを街で見かけたら労ってあげましょう。
ワタクシのことを知らない?
いいんです。近いナっと思った人にはやさしくしてあげましょうと言う事です。
世界中で思いやりの環です。
愚痴っぽくなって、どうもイカんですね。
ところで、最近良く思うのですが、
ジイさんになると自分のことを「ワシ」って言うじゃないですか。
まる子ちゃんのおじいちゃん「友蔵」でしたっけ?
あんなイメージですよ。
ワタクシはあと何年したらワシって言うのかなぁって。

今日は久々のブログ更新ですが
なんにも考えずに書き始めてしまったら、ほらこの始末。
そろそろ、「ワシ」にした方が良いのでしょうか?
[PR]

by fujita-art | 2012-11-17 21:59 | Comments(0)
2012年 11月 10日

寒いと思って厚着をして出かけたら暑かった



いつもの版表現ではなく
ドローイングで独自の世界観を表出していたのは
遠藤竜太さんの個展でした。
趣きのあるギャラリー港房(銀座)です。
3階のメインスペースと同時に地下の会場では
リトグラフとインクジェットプリントによる表現。
特にインクジェットによる写真イメージが清々しく
見応えがありました。
残念ながら今日が最終回でした。

吉祥寺のギャラリーSATORUでは初めて見る
江波戸龍の子供や動物をモチーフにした癒し系絵画。
綿布の代わりに麻布を使用していました。
ゴツイ表面とは正反対の優しい表現が
まさに現代の病んでいてちょっぴり危うい心を表現するものでした。
25日まで。
ワタクシ、Gallery SATORUさんでは、来年秋に個展の予定です。

最後は渋谷松涛へ、
お世話になっているギャラリエアンドウへ。
さかぎしよしおうさんの新作展です。
作品の事だけにとどまらず、現代美術状況や
作家の立ち位置と言ったようなことを、
さかぎしさんと語り合いました。
いつも、自身の方向性や生き方を話し合う事になり、
有意義な時を持つので、作家の在廊は必要だなと痛感。
是非ともたくさんの方に見て頂きたいなと。
24日迄ですので、オススメです。

因みにアンドウさんでは来年の3月に予定が入っております。
どうしよう?(笑)



Gallery SATORU

ギャラリエアンドウ
[PR]

by fujita-art | 2012-11-10 20:52 | Comments(0)
2012年 11月 08日

早川重章・鎌倉展

d0114140_20193765.jpg


敬愛する早川重章さんの鎌倉での個展を拝見しました。
80年代のはじめから作品を見させて頂き、
また、見ていただいています。
いつもその確かな造形力に敬服しているのですが、
ペーパーワークの小品を並べた今回の個展も
学ぶべきものが多いものでした。
こんな風にブレない仕事をとワタクシも見習いたいものです。
腰痛が、とか血圧がとか言っている場合ではありません。
88歳のバリバリ現役作家です。
ワタクシ、とてもじゃないけど
あと30年も仕事をするなんてムリです。
少し、風邪気味で寝てようかなとの思いを断ち切って
夕方からアトリエで作品作りに励んで見ました。
まぁ、ポーズだけですが(泣)。


ギャラリー夢松洞


■写真は早川重章展
[PR]

by fujita-art | 2012-11-08 20:25 | ギャラリー | Comments(0)