<   2012年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2012年 05月 28日

靴べら

d0114140_13151689.jpg


靴に足が入らない。
歩き過ぎたか、単に新しい靴だからなのか。
もっとも、横着しないで靴ひもを解いて履けば良いのですが。
旅行中「靴べらが欲しい、靴べらを持ってくるんだった」と
毎日ボヤいておりました。
したらね、靴べらに出会ったんですね。
ノッティングヒルで。
例のポートベロー通りに連なる、骨董マーケットですよ。
まるでワタクシを待っていたかのように。
なんだか嬉しくて、即買いです。
まぁ、ジャンク品のようなモノですから、
たいした値ではありませんが。
こう言ったモノに、オジさん目が無いのです。

ラジオからはダービーの話題が流れていましたが、
靴べらについた馬の方がワタクシには断然、興味があるワケです。
[PR]

by fujita-art | 2012-05-28 13:17 | Comments(0)
2012年 05月 24日

シャッポ

d0114140_2254407.jpg


「シャポ バ!」
自作の版画集を見せた時、版画工房の大御所が声をあげた。
「脱帽」という意味だそうでうす。
シャッポを脱ぐというフランス語だとか。
これ以上ないお褒めの言葉に、あぁ〜これで良かったんだと
少なからず、自信をもらった瞬間でした。
うん? 待てよ、ヒョットして部屋では帽子を取りましょうと言ってた?
イヤイヤ、ワタクシ帽子は被っていなかったし、
この白い頭もズラではない。誓って言う。(笑)
ココは素直に喜ぶべきと
言葉がわからないことをいいことに
そう思っておいた方が幸せということにしておきましょう。
それにしても「脱帽=参りました」という日本語と同じ言い回しがあったことに
ちょっとオドロキの瞬間でもありました。

パリの版画工房は素敵な場所です。
[PR]

by fujita-art | 2012-05-24 23:06 | Comments(2)
2012年 05月 20日

ロンドンのカメラ街

d0114140_5585052.jpg


カメラを探しに大英博物館近くのカメラ街へ。
おぉ〜、ここならワタクシの欲しいカメラも手に入るだろうと、
手当り次第に聞いて回るも、
にべもなく、「あいむそ〜り、はげそ〜り」という返事ばかり。
(エゲレスのジェントルマン、結構多いです。)
しかし、ついに、今店にはないけど取り寄せまっせ、
と、言うお店に到達。
いやいや、あっしは「今」欲しいんだな。
じゃ、ちょっくらお待ちを。
と手当り次第電話をかけまくるオッサン。
「ダンナ、明日の昼までにはぜって〜に届けてみせまっせ。」
「よし、じゃ、後はよろしくと」と前金を払って店を出る。
翌日てーともだんの展示を半分見たところで、オッサンから電話。
思わず、日本語で「モスモス」と言ったら、切れちゃったので
へろ〜、へろ〜。
ダンナ、例のブツ入りやしたぜ。
お〜、すぐ取り行くよ。

と、言うワケで壊れた愛機のバージョンアップを手に入れました。
「しぐまで〜ぴ〜つ〜えっくす」
日本で買うより、だいぶ高かったけれど
輸入品だから、仕方ありません。

早速、そのまま大英博物館へ。
めでたしめでたし。

■写真は大英博物館での試し撮り。
[PR]

by fujita-art | 2012-05-20 05:57 | Comments(0)
2012年 05月 16日

カメラが.....

d0114140_1633830.jpg


パリに着いて早々、カメラが壊れておりました。(そんな!)
ワタクシ、パリは写真取材が一番の目的だったのに。
あんまりです。
まぁ、一応予備機なるものは持っておりますけど、
やっぱり、モチベーションがねぇ。
パリ友に連絡をし知恵をお借りするも、
欲しい機種は見つからず、代役カメラで泣く泣くガマン。
ヨドバシでも、ビックでも、コジマでもいいから世界進出してよ。
気分を取り直して今日、ロンドンへ行ってきます。
三泊ほどしてもう一度パリへ戻る予定です。
ロンドンオリンピックも始まることだし、
ヨドバシさん、MUJIやユニクロに負けないで、出店しましょ。
[PR]

by fujita-art | 2012-05-16 16:31 | Comments(2)
2012年 05月 15日

サマータイム

d0114140_233943.jpg


暗くなると眠くなります。
夜ですからね。
夜は暗くなるものと、ずっと信じておりました。
ところがサマータイムと言う時間帯になったヨーロッパでは
夜でも明るいと言う変なことになっています。
はじめてこの季節にパリにやって来ました。
夜の9時を過ぎても明るいと言う、
日本人のワタクシには理解出来ない出来事に興奮して眠れません。
単なる時差ぼけかも知れませんが。
まぁ、いつでもだいぶボケて来ているので、
その辺は不確定要素が満載ですが。
季節が良いからなのか、街は観光客で溢れておりました。
ルーブル美術館なんぞ、もう大変なことになっています。
まぁ、パリの報告は追い追いに。
お楽しみあれ。



■写真は夜の9時(サンジェルマンデュプレ)
[PR]

by fujita-art | 2012-05-15 01:51 | Comments(0)
2012年 05月 11日

睡眠不足


なんだかんだと忙しく、
夜の眠る時間も削られて昼寝をしている毎日です。
若い頃から、睡眠時間が少なかったり、
お腹が空いたりすると、
極端に機嫌が悪くなるようにプログラミングされているようです。
他のことではそれほど機嫌を損なわないので、
メンテナンスは簡単です。
ベッドとご飯を用意すれば、大方は解決します。

友人のカメラマン、ニシムラヒロシさんがパリでのお仕事を終え、
帰国されたとか。
パリまで行ってお仕事なんて、可哀想に(笑)。
ワタクシなんて、パリはバケーションと決めております。
もっとも、お仕事の依頼が来ないだけですが、、。
ってなワケで、行くぞ〜、パリ。
何がなんでも行くのだ。
あぁ、この残ったお仕事終わらないと、、。(泣)
[PR]

by fujita-art | 2012-05-11 11:37 | Comments(0)
2012年 05月 03日

photobookでも

d0114140_14543354.jpg



何点かたまったモノタイププリントを
一度客観視したかったので、photobookにしてみました。
作品を写真に撮ったり、印刷物にしてみると
いろいろ反省点も見えてきます。
一歩下がったところから自作を眺めることが出来るのでしょう。
なんと言うか、他人事のように見えてくるから不思議です。
この人の作品はもっとこうしたらいいのになぁ、とか、
ココが惜しいなぁとか、いろいろ気づくものです。
反省も含めて、まだまだ試行錯誤は続きます。
それにしても、作ろうと思えばあっという間に
簡単な作品集のようなものが3日で出来上がってくるのですから、
便利な時代です。
便利すぎてなかなかそのスピードについて行くのが大変です。
まぁ、ついて行きたい時代とも思えませんが。
[PR]

by fujita-art | 2012-05-03 14:56 | Comments(2)