DAY BY DAY

fujitart.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2011年 07月 30日

常設展示


d0114140_18401047.jpg


常設展示なので個展ではありません。
作品も新作ではありません。
けど、一つだけ、あえて言えば
額縁が新品です。
作品はともかくとして額縁はいいモノです。
お気に召しましたら、額縁を買って下さい。
作品がオマケでついて来ます。(笑)
いつまでの展示なのかは、実はワタクシ、知りません。
近くを通られて時にもし、開いていたら覗いて下さい。

GALLERY F.ROUTE
横須賀市上町2-1 Tel.046-825-0888
[PR]

by fujita-art | 2011-07-30 18:49 | Comments(0)
2011年 07月 25日

ご近所つきあい

d0114140_19505264.jpg


工房で作業をしていると玄関前に
大きなトラックが横付けされました。
京都のギャラリー白川に並べた旧作9点をお渡ししました。
ギャラリー 「フ・ルート」さんが常設展示に並べたいとのことです。
フ・ルートさんとはご近所付き合いのあるギャラリーです。
そんなワケで一週間ほどでしょうか、
版画工房の近くでワタクシの作品が並びますので、
普段工房の前を通り過ぎて、
何をやっているのか訝しがっておられる方々に
見ていただければ嬉しいかなと思うのです。


GALLERY F.ROUTE
横須賀市上町2-1 Tel.046-825-0888



■写真は「exit」 2004年作 フォトポリマーグラヴュール
[PR]

by fujita-art | 2011-07-25 19:54 | Comments(0)
2011年 07月 24日

クレーと伊藤さん

ポスターの絵に捕まって(?)、
パウル・クレー展を竹橋の国立近代美術館へ見に出かけてきました。
油彩転写という、聴きなれない技法は
カーボンコピーのようなものでしょうか。
素描を写し取った後に施された彩色は驚くほど美しいものでした。
迷路のような展示空間にちょっぴり戸惑いながらも
クレーマジックを堪能してきました。

竹橋の後は清澄白河のKIDO PRESSへ。
現代のイコンとMANGAの吹出しのように配置された
短い言葉の組み合わせで、新鮮なイメージを導き出した
パリ在住のITO EIJIRO さんの新作版画展です。
久しぶりにお会いしたITO EIJIROさんは、
作品同様とても爽やかな好青年です。
新しいイメージの版画展はオススメです。

d0114140_22104431.jpg



KIDO Press
[PR]

by fujita-art | 2011-07-24 22:12 | Comments(0)
2011年 07月 23日

The Lion Sleeps Tonight

りんご屋さんから百獣の王ライオンの出前はいかが?
なんていう回覧板が回ってきたので、
一頭お願いしました。2600円(ビミョ~)
ライオンさんは働き者で、鬼に金棒です、
なんて言う触れ込みでした。
ところが
このライオンは性格があんまりよろしくありません。
古くから働いていたりんご屋の職人さんを解雇するし、
写真屋さんも挿絵職人も、大事な印刷屋さんまで
ライオンに食べられちゃいました。
冗談じゃありません、
私にとってみんなとっても大切な方々ばかりです。
あの日に帰りたい。
どうしよう、どうしよう。
なんとかライオンを追い出さなければ。
そうは言っても相手は百獣の王。
あっ、そうだ。
りんご屋さんが以前タイムマシンを置いてったはず。
不安もありましたが思い切ってタイムマシンに乗り
過去へ、タイムスリップしました。
一日前ですが。
な、なんと、ライオンのいない平和な村が2時間半で戻ってきました。
りんご屋の職人さん、写真屋さん、挿絵職人さん、印刷屋さん、みんなタイムマシンで復活です。
ここのところ、ひとり勝ちのりんご屋さん、
ちょっと先を急ぎ過ぎてはいませんか。
やっぱり、熟練の職人さんたちをもっと大切にしないとね。
便利さの追及だけじゃいかんぜよ。

Mac OS Lion をインストールしたら、
古くから使っているAppleWorksも
Photoshopもイラストレーターも使えなくなり、
更にプリンターまで動かなくなってしっまたのです。
タイムマシンがあってホントに助かりました。
ライオンさんにはしばらく眠ってもらうことにしました。
[PR]

by fujita-art | 2011-07-23 21:03 | Comments(0)
2011年 07月 18日

なんだか元気になりました

ケータイで目覚ましを朝3時40分にセットして、
ワールドカップの決勝戦を見ました。
楽しかったですね。
ここのところ、ニッポンもワタクシ(?)も
なんだか元気がなかったので、もう見終った後は
そうだ、おシゴトしようなんて
ガラにもなく思っちゃいました。
スゴイですね。
ワールドカップ優勝ですよ。
やっぱりこの国も我が家も女性で持っているようなものですね。(笑)

ガンバレ男子作家ー選手(?)
[PR]

by fujita-art | 2011-07-18 17:44 | Comments(0)
2011年 07月 17日

新車がやって来た。ヤアヤアヤア

新車がやって来ました。
と言っても自転車ですけど。
今までスポーツタイプのものに乗っておりましたが
今度の自転車は街乗りで限りなくママチャリに近いんです。
けど、かなりおしゃれなスタイルで
パリの街をスーツを着ながら乗るようなイメージのものです。(?)
っと、言ってもここはニッポンの田舎ですが。
新車はブリヂストンのマークローザ・ホリゾンタルと言うものでして、
まぁ、長ったらしい名前はどうでもいいのですが
ブリヂストンと言ったら、
ワタクシがその昔、初めて作品を購入していただいた美術館が
ブリヂストン美術館でした。
ですから、ブリヂストンと言う名前は大好きなワケです。(笑)
昔、作品購入していただいたお礼のようなものですから、
ブリヂストン関係の方々、気になさらないで下さい。(するわけないか)
もうチョット涼しくなれば、遠出もしたいと思ったりなんかするワケですが、
こう暑くては、工房までがせいぜいでしょうか。(片道15分ですが)

さて、ヘルメットの中にケーキについていた保冷剤を入れて出かけますか。(ひえっ)
[PR]

by fujita-art | 2011-07-17 13:55 | Comments(0)
2011年 07月 11日

坊主

毎日毎日暑いですね。
友人のひとりはあんまり暑いんで坊主頭にしておりました。
坊主と言えば、ワタクシも人生で一度だけ坊主にしたことがあります。
確か中学一年だか二年だかの人生で一番髪型を気にしだす頃でした。
当時、ワタクシはバスケット部に入っておりまして、
なんか大事な試合に負けてしまいまして、
全員で責任をとるとかで、坊主にしたのを覚えています。
坊主の前は、それなりにきれいな少年だったと思いますが
(あっ、思い過ごしかもしれません。)
とにかくそんなにひどくはなかったと、、
でもね、坊主はイケません。
クラスメイトがみな下を向き
足早に立ち去るような顔になっちゃいましたから。
それでも、ワタクシのせいで試合に負けたのでしたらわかりますけど
言っちゃなんですが、ワタクシ一度も試合に出してもらってない
補欠ですよ。
ホケツ。
なんでそんなワタクシまで坊主にしなければいけなかったの?
教えて、アリマセンセ。

今ですか?
少ない髪の毛を切ってしまうなんて、あ〜た、
とんでもござぁません。
増やしたいくらいです。
[PR]

by fujita-art | 2011-07-11 20:13 | Comments(0)
2011年 07月 04日

節電中


節電のために散髪をしてもらい
仕事のウォーミングアップを兼ね
刷り増し作業から始める。
少し大きな作品になると、
それなりに気をつかう事も多く
時間もかかります。
複数版を使っている時などはなおさらです。

節電といえば、銅版画の刷りは版を温めるために
電熱器を使うのですが、
樹脂版の方はインクを柔らかくし、電熱器は使いません。
ですから、銅版画より節電になります。

今日はエアコンは時々ドライで使用し、
照明は必要な時だけにし、
コーヒーメーカーの保温を切り、
節電を考えた工房作業でした。
体を動かした分だけ充電できるといいのにな、
なんて事を思いながらのお仕事でした。
[PR]

by fujita-art | 2011-07-04 20:01 | Comments(0)
2011年 07月 02日

譲り合い

混んでる電車に飛び乗り、
一つ空いた席に腰掛けると
目の前に杖をついた年配のご婦人が。
疲れていたけど、どうぞ、と席を譲る。
すると、隣に座ってたお兄ちゃんが、
イヤイヤ、オレが、と立ち上がる。
そうかい、と、白髪のワタクシは
素直にもう一度、座り直しました。
ジジイも結構素直ですし
ジーさんに立たれちゃ男がすたると
思った若者もなかなかイイ男です。
[PR]

by fujita-art | 2011-07-02 21:51 | Comments(0)