DAY BY DAY

fujitart.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2011年 01月 31日

業務連絡


急に思い立ち、
ワタクシの主催する版画工房専用のブログを立ち上げました。
工房の業務連絡と広報を兼ねようかなと思ったりしています。
版画の裾野を広げたいと思ったりなんかしてね。
ブログ名はズバリ「版画工房」です。
ノンビリ、更新しようかと思っております。
気が向いたらたまに覗いて下さい。

版画工房
[PR]

by fujita-art | 2011-01-31 23:38 | Comments(0)
2011年 01月 30日

ついでにワタクシも

d0114140_20592346.jpg


現代美術と言う言葉も、
時代によって随分と定義が変わってくるようです。
ただ、いくら時代性を帯びているからと言っても
作品に社会に対する批判性や、
時代を検証する思想が反映されていなければ、
それは現代美術とは呼ばないのではと思っています。

2月11日から始まる横須賀美術館の
「原口典之・若江漢字」展は
現代美術を代表する作家の興味ある展覧会です。
お二人とも国際的に評価の高い横須賀在住の作家で、
今からとても楽しみです。

4月10日までですが、4月3日までにお出かけ下さい。
だって、ワタクシの特集展示は3日までですから。(笑)



■写真は版画工房のガラスに貼り出した
ワタクシのチラシと「原口典之・若江漢字」展のチラシ。
[PR]

by fujita-art | 2011-01-30 21:01 | Comments(0)
2011年 01月 27日

色の確認

午後から時間が空いた事もあり、美術館へ行ってきました。
会場写真をお願いしていた、カメラマンのニシムラヒロシさんから、
トーンの違う6パターンの見本が送られてきて
全体の色と明るさや電球の色をどのくらい残したらよいか
問い合わせがあったので
データの入ったiPadを持って会場で検討してきた次第です。
カメラマンの丁寧なお仕事に感謝です。

出かけたついでに、担当学芸員のHANAWAさんから
一冊目のサイン帳を受け取ってきました。
皆さんホントに好意的な感想を書いてくださって嬉しい限りです。

横須賀美術館 第8展示室  
特集  藤田修  - 深遠なるモノローグ -
4月3日まで続きます。
今は美術館前の海が一番きれいに見えます。
良かったら、一度お出かけ下さい。
[PR]

by fujita-art | 2011-01-27 20:12 | Comments(0)
2011年 01月 25日

小さなトモダチ


ポリマー樹脂版を注文する為に電話をし、
しばらく店主と技術的なことで話しをしていた時
勝手知ったる小学生が黙って入ってきて
フィルム缶に入ったチョコをひとつ食べ
あっと言う間に出て行きました。
版画工房での話です。
餌付けに成功した小学生の二人。(笑)
昨日は相手をしてあげられませんでした。
どこかで拾ったらしい、
錆びた小さな鎖をワタクシの手元にそっと置いて行ってくれました。
どうやら日頃のお礼のようです。
あるいは、工房にあるガラクタをいつも見ているので
彼らなりに気を使ったのかもしれません。
カワイイね。
チョコも一つだけでガマンしたようです。
一回に一つだけで。
ルールをしっかり守っていました。
オジさんは5つは食べちゃうけどね。
オトナだからね。いいんです。

さて、これから日韓戦(サッカー)を見よっと。
[PR]

by fujita-art | 2011-01-25 21:45 | Comments(2)
2011年 01月 23日

腹が減っては、、、


なんかないのぉ〜、と言ってはみましたが
戸棚を探っても何にも無い。
今日に限ってなにもない。
食後しばらくすると甘いものが食べたくなります。

昨年と違って、どう言うワケか今年はヒマです。
そうだ、欲しいものがあったら、先ずは検索。
「簡単・おやつ」とキーワードをiPadに入力。
オッ?これならできるかも。
バターに卵に薄力粉、砂糖を加えて良くわからんが
とにかくゴチャゴチャまぜまぜ、オーブンレンジに入れたら
こーしーなぞ入れながら待つ。
待つのは得意なんです。受験生の時から。
それが何か?
デケマシタ。カントリーダーダ?
イマイチ?イマニ?
ところがワタクシより美味しい美味しいと食べたのは
ワタクシの息子と娘の母でした。
作品よりホメらられました。
きっと、それが手なんでしょけどね。
[PR]

by fujita-art | 2011-01-23 23:39 | Comments(0)
2011年 01月 21日

Facebook

ソーシャル・ネットワークと言う映画を見ました。
知っての通りFacebookを作った若者の成功物語です。
最近、フェイスブックの話を良く耳にしていたので見てきた次第です。

友人のカメラマンがモロディブの小さな島へ行ったとき
現地の高校生にFacebookやってる?なんて聞かれて、
こんな離島まで流行っているんだと、いう話を聞いていました。
また、別の友人もビジネス上、Facebookを利用しているとも聞きました。
面白そうだなとは、思いましたが、
一つ問題があります。
Facebookと言うくらいですから、顔を出します。
ワタクシ、言うのもなんですが、人様にお見せるような顔ではありません。
もったいなくて、そんなに軽々しくお見せ出来ませんのですワ(笑)。
もう一つ、映画でもトモダチが五億人とか言っておったと思いますが、
そんなに友達ができても困るしなぁと思っちゃったワケです。
何が困るかって、友達が多くなればそれだけ
ワタクシのくだらない素性がバレてしまいますからね。
まぁ、今のところはひっそりとココでくだらない話を
しゃべるにとどめておきましょ。(笑)
[PR]

by fujita-art | 2011-01-21 17:43 | Comments(0)
2011年 01月 19日

スローな郵便

昨日、カナダの友人からクリスマスカードが届きました。
もちろん、友人がクリスマスに届くように送ってくれたカードです。
タイムラグの無いEメールに慣れ親しんでいる昨今、
この不確かな郵便はかえって、人間味があり、温かさを感じました。
その前日にはパリのMATSUTANIさんから手紙が届いたばかりで
なんか、いいよなぁ郵便っと思っている今日このごろです。
っと、言いながら返信はちゃっかりEメールなんぞ使っている
姑息なワタクシですが。
ゆっくり届く、Eメールなんてものが出てくれば
結構面白いかもしれませんね。
っな、こたぁねえか(笑)。
[PR]

by fujita-art | 2011-01-19 16:52 | Comments(0)
2011年 01月 10日

今日は成人式だった

午後からプライマリー・フィールドという名の展覧会を見に
神奈川県立近代美術館・葉山へ。
天井の高い空間に7人の新鮮な絵画が展示されておりました。
どれもすがすがしい切り口で取り組んでいる好感の持てる作品群です。
なかでも、小西真奈の写真をもとにして描かれていると思われる絵画に
新たな具象絵画の可能性のようなものが見え、興味を引きました。
見終わった後、偶然お会いした評論家のMさんと学芸員室でお茶を頂き
話もそこそこに、
急いで鎌倉近美へ行こうということになり、いざ鎌倉へ。
が、今日は成人式。(ウッカリ)
かまくらへ続く道は大渋滞。
間に合うかと思っていた最終入館時間を過ぎてしまい
泣く泣く鎌倉駅でMさんとはお別れ。
仕方がないので葉山方面に戻り、
食事をと、初めて入ったお店は
スープカレー屋さんでした。
テーブルに付くまで何屋さんだかわかりませんでしたが(笑)。
これが、びっくりするほど口に合ったので、◯。
いろいろあった午後でした。


追記
葉山の学芸員室にあった、コルクボードに
ワタクシの展覧会のチラシを発見。
[PR]

by fujita-art | 2011-01-10 20:08 | Comments(2)
2011年 01月 08日

明日は撮影



昨日、大学時代からの友人が横須賀まで来てくれました。
美術館でワタクシの展示を見てから工房を訪ねてくれました。
久しぶりにゆっくりと話すことができ、
楽しいひとときを過ごしました。
卒業して随分と経つのに個展にはほとんど来てくれる
大切な友人のひとりです。
それぞれの仕事や家族の話に花が咲き
ときを忘れる午後でした。

さて、明日はカメラマンのニシムラヒロシさんが
展示風景の撮影をしてくださいます。
昼過ぎに会場に入る予定です。
ですから、明日の午後は避けたほうがよろしいかと。
作家を発見し、イメージの違いに
ガッカリするといけませんので、念のため。(笑)

横須賀美術館 第8展示室
「藤田修  ー   深遠なるモノローグ」
まだまだ続きます。
[PR]

by fujita-art | 2011-01-08 21:24 | Comments(0)
2011年 01月 07日

作品の向こう側

d0114140_1943355.jpg


作品の向こうに見えるものがあるだろうか。

表面に何がしかのカタチがあると言う事実を超えた

目に見えない真実が感じられるだろうか

そしてそれらが作り手の技術を超えて現れたとき

おそらく人の心にその作品が確かに届く。



■写真は「screen」フォトポリマーグラヴュール
[PR]

by fujita-art | 2011-01-07 19:07 | Comments(2)