DAY BY DAY

fujitart.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2010年 03月 29日

You Tube


2月1日から始まった3カ所での個展が昨日すべて終了しました。(ホッ)
たくさんの方々に見ていただく事ができありがとうございました。
昨日終了した吉祥寺のGallery惺SATORUの様子がゆうちゅうぶであっぷされました。(ビックリ)
見逃した方のために公開しちゃいます。
見たくなんかない?
まぁまぁ、そう言わずに見ましょうよ。
この写真をまとめた動画はギャラリーの写真を撮って下さっている方が
作って下さったそうです。
内容の薄い(謙遜です)ワタクシの展覧会も
なんだかけっこう立派に見えるから不思議です。
そう思うのはワタクシだけかもしれませんけれど。




[PR]

by fujita-art | 2010-03-29 18:11 | Comments(4)
2010年 03月 27日

おいでやす


昨日、気になっていたカスヤの森現代美術館の
エドガー・ホフシェン、アン ケ・エルレンホフの展覧会を
やっと見ることができました。
これがまたイイんです。
特にエドガー・ホフシェンの作品が絶品です。
日本では初めて紹介されるようですがドクメンタの出品作家でもあるとの事です。
遠目にはロスコを思わせる色使いもありましたが
似て非なるものです。
ツボです。
残念ながら、この展覧会は明日が最終日です。
そういえば、ワタクシの展覧会も明日が最終日でした。
どちらにしようかなと悩まれる方がおりましたら(いるわけないか)
迷わずカスヤへ行かれる事をオススメします。
と言いたいところですが、
このブログを見ちゃったのでしたら、何かの縁です。
あきらめて吉祥寺においでやす。
がんばればはしごも出来るかもしれませんね。
最終日ですので昼頃からいます。
えっ?じゃぁ行かない?
そんなときはドケドケ光線を出して下されば
井の頭公園にお花見に行っておりますから
遠慮なさらずお越し下さいませませ。


カスヤの森現代美術館

Gallery惺SATORU
[PR]

by fujita-art | 2010-03-27 23:48 | Comments(0)
2010年 03月 27日

もう帰ってくるな


お前たちは一度嫁に出したのだ、
もう実家には戻ってくるなと言っているのに
帰ってくる。
困ったものです。
展覧会が終わるといつも戻ってくる子供たち。
帰って来てほしくはありませんが、
親ですから、そう邪険に出来ません。
帰って来てもいる部屋がないと可哀想なので
お父さんは彼らのために部屋を増やしました。

あぁ、またマップケース買っちゃった。
お前たちのためにどんどん狭くなる
版画工房です。

28日までの展覧会の後は
出来ることなら戻って来ないでね。
お嫁に行っておくれ(笑)。

明日は(おっと、今日になっちまった)午後から画廊におります。
娘たちを見に来て下さい。
いい子たちですよ。
[PR]

by fujita-art | 2010-03-27 00:03 | Comments(4)
2010年 03月 24日

あいふぉんでついったー


りんごマークのコンピューターを所有する人は
昔から例外なくりんごの伝道師となっていましたが
ちっちゃなりんごの「あいふぉん」を手にする人も同様です。
ワタクシの周りにいる若い人たちはどういう訳か
その「あいふぉん」を持っておられる方が多いのです。
先日も個展に来て下さった中のお二人があいふぉんで写真を撮り
その場で記事を書き、「ついったー」で宣伝してくれました。
時代の早い流れをまざまざと見せつけられました。
正直うらやましいなとは思うのですが
あのちっちゃなキーではワタクシにはムリです。
見えません(泣)。
ケータイだってほとんど電話だけです。
もうすぐ売り出すとか言う「あいぱっと」にワタクシ期待をします。
あの「愛パッと」に電話機能がついておったら
おもしろいのになぁと思う訳です。
雑誌のサイズほどの電話があったら大ウケ間違いなしです。
なんでもかんでも小さければ良いと言う訳ではありません。
ワタクシなど昔から態度は相当デカイです。
血液型だって大型です(笑)。
そんなワケで、デカイ携帯電話が出たら
絶対買うのですが。(たぶん)
っなワケないか。

今日は一日中雨でした。
[PR]

by fujita-art | 2010-03-24 19:08 | Comments(0)
2010年 03月 23日

病院へ行こう

d0114140_1712278.jpg


ポカッと空いた一日でしたので
ジッちゃんバッちゃんのコミュニティーサロン
THE BYOIN へ行って来ました。
ちょっとばかり気になったところがありまして、
出かけて行った訳です。
ここ数週間、メガネの汚れが気になっていました。
ところがメガネをきれいにしてもなんだか視界がスッキリしません。
ちっちゃな虫がワタクシの目の中に無断で住んでいたりと、、。
病院へ行くと連休明けだとかで混んでおりました。
連休と言っても、いたのは毎日が連休続きの
ジッちゃんバッちゃんばかりでしたが(笑)。
目指す眼科へ行くと、いろんな検査をされまして、
担当の女医さんの診察室へ。
獲物を狙うカメレオンのように目玉を上下左右に動かすように言われるままに
ライトを当てられ念入りチェック。

っで、結果は加齢によるものなので心配ないとの事でした。
イヤイヤ、ワタクシはその加齢が心配な訳で
なんとかならんですかと問えば
歳とともに皮膚にしわが寄ったり、シミが出たりするのと同じです。
と、にべもないお答え。
飛蚊症(ひぶんしょう)と言う症状だそうです。
やっぱり虫が飛んでいたんだ、それも蚊ですか?
モンダイないのでお気になさるなと言われました。
ワタクシもついにジッちゃんの仲間入りです(泣)。

眼圧だか、眼底だかの検査のため
怪しい目薬を差されまして瞳孔を開いたんです(たぶん)。
薬のせいで帰り道は目に映る風景がまるでトイカメラの世界です。
霧の中をさまよい歩いているようで、
フラフラしながら帰って来ました。


■写真は吉祥寺のGallery惺 SATORUの展示風景です。
[PR]

by fujita-art | 2010-03-23 17:23 | Comments(0)
2010年 03月 22日

にぎやかだったギャラリー


あと一週間です。
吉祥寺のギャラリーでの個展の話です。
今日はまじめに店番しておりましたらたくさんの方々が来て下さいました。
写真家のYuriさん (カワイイ)
ギャラリー池田美術のIkedaさん (シブイ)
イラストレーターのYamawakiさんご夫妻 (仲良し)
カメラマンのNishimuraさんご夫妻 (お二人で着物です)
作家のKanekoさんご夫妻(情熱家)
その他にも初めてお会いする方々方々方々。
その中に横須賀美術館のカタログを手にしたすてきな女性が
サインをして下さいとやって来られました。
ワタクシにサインをねだるのは、宅配便のお兄ちゃんぐらいですから
「今日は荷物はありませんよ」と言おうと思いましたが、折角ですから
作家に成り済まして(ウソ)、サインしちゃいました。
Fujitaのファンなのだとおっしゃっておりましたが(聞き間違いかも)
いまごろ本人に会ってしまった事を、きっと後悔しているはずです。
「あぁ〜、作品はまぁまぁだけれど、あの顔はいただけないわねぇ」とか
「あの軽薄さはイメージダウンだわ」ときっと思っている事でしょう。
あっ、いけない。
たしかブログを見ているとかいないとかおっしゃっていたかもしれません。
このおちゃらけ加減が、イメージダウンに繋がるんですよね。
もっと、シブく、芸術論を展開しなければと、
一応、ちょっとは思うのですが、
ちょっとだけですけど。

ヨッシ! 次回はサングラスでもかけて
分厚いドイツ語の本でも読んでるフリをしちゃいましょうか。

なんでサングラスなんだ、
なんでドイツ語なんだ、
なんでダイワハウスなんだ。

次回は27日(土)に、おりますので、その他の日がおススメです。
火、水は定休日なので、お気をつけ遊ばせ。


Gallery惺SATORU
[PR]

by fujita-art | 2010-03-22 23:02 | Comments(0)
2010年 03月 20日

ワタクシではありません


吉祥寺展の帰り、渋谷に出て東横線で横浜へ向かいました。
連結付近に座ったのですが途中何か臭うんです。
ぅん?ワタクシ家では時々放屁いたしますが
公共の場では紳士です。
ですからワタクシではありません。
何かが焦げるような臭いが微かにします。
ワタクシ顔はいいのですが、中でも鼻は特にいいんです。
カレーとシチューの違いが嗅ぎ分けられるほど鼻はいいんです。
えっ?あなたも?
そんな事はどうでもよろしい。ワタクシの話です。
そうこうしている間にキナ臭いニオイと
煙がモクモクと前の車両から上がって来たのです。
誰かがキョーレツな一発をと思っておりましたが
そうでもなさそうです。
車内放送ではすぐに車両から降りろと言うし
みんな大きな口と低い鼻をハンカチで押さえ、
後ろへ後ろへと逃げて行きます。
こんなときは素直にみなさんとご一緒に逃げるように
隣のホームへ。
「おい!たいへんだ」と、家に電話をすると
今日はサリンの日だとの情報。
ギョエ〜、こりゃヤバいと
急いでその場を後にして、JRに乗り換えて
逃げ帰って来ました。

結局、車両故障だったとの事でしたが。
プチパニックの帰り道でした。
多数の犠牲者を出した地下鉄サリン事件から、15年がたったそうです。
まったくもって許されないイヤな事件でした。

Gallery惺SATORU
[PR]

by fujita-art | 2010-03-20 22:29 | Comments(2)
2010年 03月 19日

隠し部屋までありました。


昨日は横浜展の搬出を午前中に済ませ、
午後からは版画家でパチンコの歴史研究家で有名な
杉山一夫氏のお宅へ招かれました。
まるで博物館のような家へお邪魔しました。
正直、パチンコには全く興味のないワタクシですが
杉山氏の熱い昭和史の話に引き込まれ
そのコレクションに圧倒されました。
一緒に招かれた木版画家の大庭明子さん曰く
「まるで忍者屋敷のよう」な次々に案内される隠し部屋のような
造りにもう笑っちゃいました。
コレクターの凄みを垣間みました。
奥様のきめ細かなおもてなしにも感激でした。
お土産に頂いた手造りの手前味噌がうまいウマイ。
パチンコ博物館を後に、作家お二人を我が工房へご案内。
パワー全開のお二人の話はとても楽しく
ほとんど聞き手に回ったワタクシでした。

明日は午後から吉祥寺です。
[PR]

by fujita-art | 2010-03-19 21:44 | Comments(2)
2010年 03月 17日

横浜展無事終了

d0114140_21534436.jpg


横浜の個展が無事終了しました。
最終日なので一日中待機しておりました。
様々な方がいらして下さり、
いろいろなお話をいたしました。
最終日はどういう訳かワタクシよりみなさん先輩ばかりでした。
ですから、ほとんどおとなしく聞き手に回りました。
と言いたいところですが、
失礼のないようにお話に加わらせていただきました。
美術評論家のK氏やベテラン作家のN氏。
彼らから見たらワタクシはヒヨッコなので
気を使って頂いたのか、
こいつは褒めると伸びるタイプと思われたのか褒められました。

芳名帳をめくってみると若い方はみんなワタクシのいない隙に
来てくれたみたいです。
ジイさんの長い話を避けたと思われます。(笑)
でも、たくさんの方々、ありがとうございました。
本来ならばお一人お一人にお電話でお礼を言いたいところですが、
最近、ケータイを壊し、
電話番号がすべて闇の中へ消えてしまったので
この場を借りてお礼を申し上げます。
グラッツェ、メルスィー、コープン・クラッ!

あぁ〜横浜は終わっちゃったのねと、安心しているそこのアナタ、
吉祥寺のギャラリー惺SATORUでの個展は28日までですよ。(笑)

ギャラリー惺SATORU
[PR]

by fujita-art | 2010-03-17 22:02 | Comments(0)
2010年 03月 16日

教えちゃいますが


d0114140_21294870.jpg


作品を見るとどんな技法を使っているのかが
気になるらしく、すぐに聞いてくる人がいます。
特に版画の場合は多いようです。
ほんとは技術的な事よりも
内容について聞かれなくてはいけないのですが
技術に目がいってしまうのは作り手の力不足です。
僕の作品の場合も例外ではなく、良く聞かれます。
まぁ、聞かれれば出し惜しみせず、
門外不出の秘伝さえ、包み隠さず教えちゃいますが(笑)
伝わっているかどうかはまた別の問題です。
なんてぇたってスイカとヨドバシカメラのポイントカードを
間違えるような男ですから(泣)。

それと技法名なんてぇものも、
自分で勝手に名付けているものが多いので
どう考えてもインチキくさいものです。
ですから何でもお教えしますけど
決して信用はしないで下さい。



■写真は 「force」 2009  (297×420)×2  ed.10

ATELIER・K(横浜)の個展はいよいよ明日までです。
[PR]

by fujita-art | 2010-03-16 21:26 | Comments(0)