<   2010年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2010年 01月 31日

さよなら


あまりにも突然でした。
朝起きて様子を見たら何か変です。
声をかけても、叩いても何も反応がありません。
今にして思えば、ここ何日か調子が悪そうでした。
顔面蒼白イヤ画面蒼白
愛しのタルビーちゃんが記憶と記録をすべて待ったまま
帰らぬ人イヤ帰らぬケータイとなってしまいました。
仕方なく夕方ケータイショップへ出かけ、
評判のiPhoneにしようかなと思ったのですが
お店のお兄さんがあまりにも説明がヘタで
聞いてるうちにいらないかなぁって思っちゃいました。
オジさんはとりあえず電話だけ出来れば良いかなって。
で、タルービーちゃんとおなじ「え〜ゆ〜」です。
味も素っ気もない顔をしていますが
でも今度の子は海外にもお供します、なんて頼もしいことを言っております。
ただ、タルービーちゃんにすべての記憶は管理してもらっていたので
おともだちの電話番号はすべて喪失してしまいました。(泣)
すみません、私のケータイに電話をする時は
まずどこの誰だか名乗って下さい。
[PR]

by fujita-art | 2010-01-31 21:55 | Comments(0)
2010年 01月 30日

2010年、最初の個展が始まります。


d0114140_20451323.jpg


自分では少しずつ変わってきたつもりです。
作品の話です。
次の作品は前の作品からより進化して、
今、作っているものは、それまでと
アプローチもテーマも違い、
新しい自分だ、なんて
独り合点しておりました。
ところが時代を経た作品を
時系列ではなくランダムに並べてみせられると
なんてことはない
ずっと同じ軸を回っていたのだ
と、気づかされるわけです。
今日、G池田美術の展示を見せられ
お前はお前だと言われたようでした。
まぁ、それがオリジナルと言う評価に繋がるのですが。

2月1日(月)から始まるギャラリーコレクション
「Spring Rain, Again」
良かったら、見に行って下さい。
この展覧会を見てから3月の新作展を見ていただけると
なんか、うれしいかな と。

大作「Rain」と、もう一点絶版の作品「Piano」も出てました。
[PR]

by fujita-art | 2010-01-30 20:51 | Comments(4)
2010年 01月 29日

Spring Rain,Again


d0114140_20384153.jpg


2月1日から始まる個展のDMが届きました。
この展覧会は画廊のコレクション展です。
1997年の好評だった個展
「Spring Rain」の再現のようです。
DMに記されたタイトルは
ずばり「Spring Rain,Again」でした。
展覧会に対するアプローチやDMデザイン等
さすがと感じさせる「G池田美術Study」です。
おそらく、もう市場には出て来ない
「Rain」最後の一点。
ご興味のある方は是非、お出かけください。

DMご希望の方はお知らせ下さい。


G池田美術Study
東京都中央区銀座8-12-6小野商ビル5F
tel.03-5941-7365
[PR]

by fujita-art | 2010-01-29 20:45 | Comments(0)
2010年 01月 28日

舞台監督


d0114140_2101583.jpg


作品を作っている時は
ひたすら作っていれば良いのですが
美術館やギャラリーでの展示となると
どのように見せるかを考えなければなりません。
展覧会のタイトルを決め、
役者(作品)のキャスティングや全体の流れを考え、
これしかないという配置を考えます。
舞台監督のようなものです。
舞台となるギャラリーの空間をつかむためには
出来るだけ模型を作ります。
コンピューターで3Dを作るのも良いのでしょうが
やっぱりアナログ世代には模型の方が簡単です。

■写真(上と下)は吉祥寺のGallery SATORUの1/20模型です。


d0114140_2104075.jpg

[PR]

by fujita-art | 2010-01-28 21:03 | Comments(0)
2010年 01月 27日

睡眠導入剤


表紙に使われている絵に惹かれて読み始めた本が
どうにも進まない。
登場人物の語りが難しすぎる。
上下巻2冊目の3分の2まで読み進んだので
ここでやめてはもったいない。
何がもったいないのかは分かりませんが。
かなり深い内容を扱っているので頭のさえている時は
いいのですがベットに入ってから読むのはいけません。
5分ほどで眠りについてしまうので先へ進めません。
睡眠導入剤のような目的で書かれたのかもしれません。
前半の芸術論はかなりおもしろく読めましたが
後半の宗教論は難解すぎます。
マークロスコの表紙に惹かれて読みは始めたのは
高村薫の「太陽を曵く馬」
今夜もぐっすり眠れそうです。
[PR]

by fujita-art | 2010-01-27 21:37 | Comments(0)
2010年 01月 24日

デキた接客


だいぶ薄くなって来たから隠すのがタイヘンだよ。
え〜、そんな事ないですよ。まだまだ大丈夫ですヨ。
お〜、なんというできた接客。

今日、買い物ついでにフラッと入った散髪屋。
オジさんを喜ばすプロのトーク。
今まで行ってたところとは大違いでした。
だいぶ薄くなって来たからとこちらが言えば
そうですね、なんて答えていたところへはもう行かないもんね。

さっぱりして男前になったせいかどうかは分かりませんが
工房に戻って仕事をしていたら
見せて下さいと入って来た方が二人もいました。
いやぁ、そんな見せるほどの顔ではありませんが
と言おうと思ったら、
飾ってあるがらくたが見たかったみたいでした。
まぁそんなもんでしょ。
[PR]

by fujita-art | 2010-01-24 00:06 | Comments(0)
2010年 01月 22日

年5回


昨日、MUSEUM HAUS KASUYAで版表現をする作家が三人集められ
美術館側と打ち合わせがありました。
横須賀で制作する版画家です。
カスヤの森現代美術館はヨゼフ・ボイスや
ナム・ジュン・パイクのコレクションで有名なクールな美術館です。
6月に三人展を行い、7・8・9月に一ヶ月一人ずつ個展を行います。
私は最後の9月に決まりました。
2月1日からはG池田美術でコレクションによる個展があるとの連絡も受け、
今年は5回の個展が決まっています。
過去に年3回はありましたが5回は始めてです。
巡回展ではなく、すべて切り口の違った展示になります。
生き急いでいるようで、オジさん大丈夫でしょうか。





カスヤの森現代美術館
[PR]

by fujita-art | 2010-01-22 13:17 | Comments(0)
2010年 01月 20日

おやつの因果が歯に報い


からだのことをいろいろと気遣うお年頃にまりまして
塩気なんつぅものを絶っておりました。
そうすっるてえとその結果甘ぇもんにてーが伸びるワケでして。
おはぎ、大福、ようかんにチョコレート
まぁ、アタシ嫌いじゃありませんので
疲れたぁ〜と言っちゃ手を出してた訳です。
結果。
因果応報、おやつの因果が歯に報い
かどうかはわかりませんが
どうにもこうにも歯が痛い。
高潔で崇高なる意志を持ってしても歯が立ちません。
仕方なく決意しました。
勇気を振り絞って電話をし、向いましたよ。
ハイシャ
歯医者へ行くのは結婚を決めたときより勇気がいります。
上品で高貴なお口を無理矢理こじ開けられ
なんでお金を払ってこんなコワい思いをしなくてはならないのかと
行くたびに泣きたくなります。
一回では終わらず「またおいでと」との甘いことばに震えちゃいました。

歯医者復活
[PR]

by fujita-art | 2010-01-20 13:50 | Comments(4)
2010年 01月 17日

写真スタジオ


d0114140_18163257.jpg


三月の個展用の写真をカメラマンのニシムラヒロシ君に頼みました。
狭い工房があっという間に写真スタジオに早変わりです。
昔は露出計なるもので画面の隅々を計測しているのを良く見ましたが
今はカメラで計れるんだそうです。
お仕事が終わって趣味の音楽談義に花が咲きました。
最近見てきたというライブの映像をiPhoneで見せて頂きました。
近ごろどういう訳か僕の周りの人たちはみんなiPhoneを自慢します。
みんな次々とiPhoneのエバンジェリストになっていきます。
auのtalbyなんていう歴史の遺物を持っているのは僕くらいです。
自身が遺物のような者ですから致し方ありません。
でも正直言うとiPhoneいいなぁと。
[PR]

by fujita-art | 2010-01-17 18:22 | Comments(0)
2010年 01月 16日

とびます、とびます


寒い。
東北や北海道の人には笑われるかもしれないが
雪も降らず、霜も降りない半島に暮らすが
それでも寒いものは寒い。
工房は床がコンクリートの剥き出しなので靴下を二枚重ね履きしてみた。
それでも動かないと暖まらないので
ニヒルなあーちすとはひとまずお休みして、
往年のコント55号の次郎さんのように
狭い工房の中を動き回ってみる。
少しだけ暖まって来たのでコーシーなど飲んで
もう一度、ニヒルなあーちすとに成り済まし仕事をするフリをした。
個展の期日が気になってきた。(ヤバッ)
ラジオでは温暖化を話題にしていたが的外れな気がした。



ほーむぺーじはコチラ
[PR]

by fujita-art | 2010-01-16 22:46 | Comments(0)