DAY BY DAY

fujitart.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2009年 12月 27日

ネンガジョウ


年賀状は必要なのかななんて、
そんな思いが毎年よぎりますが
けっきょく出すのです。
まぁ、ブンカですから。
頂いてから出すって言うのもなんだか失礼な気がするし、
もちろん出し忘れた人や
初めて頂いた方には基本的にはその日のうちに出します。
ただ毎年、全くどこのどなたか思い出せない方からの賀状があったりすると
どうしたものかと思案のするところであります。
でも、元旦に届く年賀状はやっぱりうれしいものです。
もらえばうれしいのですから
もらった方もやっぱりうれしいかななんて
勘違いかもしれませんが出します。
いついつまでに出せば元旦に届きますよ、
なんて毎年聞くのですが
あっ、あれは無理です。
みなさん無理でしょ。
結局暮れもギリギリになってからって言うのが大方ではないでしょうか。
今年ですか?
えっへん、今日出しました。
元旦に届くと言う期限は過ぎてしまいましたが
郵便屋さん、お願い、
できたら元旦に届けて〜。
年賀はがきは基本的にスタンプ省略みたいですから
いつ出したかは相手の方に分からないんですよね。
だったらやっぱり元旦に届けて下さい。(笑)
[PR]

by fujita-art | 2009-12-27 23:03 | Comments(4)
2009年 12月 24日

クリスマス・イブ

d0114140_22102490.jpg



クリスマスソングって
どうしてどの曲もどの曲もやさしい気持ちになるのかなって
がらにもなく思ったりします。
街を歩けば聞こえてくるのはクリスマスキャロルばかりです。
やっぱりやさしい気持ちになります。
戦争中もクリスマス休戦なんてものもあったりするから不思議です。
クリスマスに争いは似合いません。
平和の君と呼ばれている方の誕生日ですから。
クリスマスおめでとうございます。
来年も良い年でありますように。
[PR]

by fujita-art | 2009-12-24 22:11 | Comments(0)
2009年 12月 18日

ドゥシャン・カーライ

d0114140_21482276.jpg


スロバキアの版画家であり、絵本作家でもある
ドゥシャン・カーライの展覧会を見て来ました。
初めて出かけた板橋区立美術館は
静かな公園の中に建つ、さほど大きくはないけれど
アットホームな感じのする美術館でした。
緻密で幻想的なエッチングを始め、
初期の油彩画、代表作の「不思議の国のアリス」挿絵原画と
カーライファン必見です。
中でも興味をそそられたのは、スロバキアの切手と
数点のレコードジャケットの仕事でした。
ヨーロッパともちょっと違うイメージの立ち上げ方。
東欧のエスプリ漂う不思議で暖かみのある作品群でした。



d0114140_21522875.jpg



板橋区立美術館
[PR]

by fujita-art | 2009-12-18 21:54 | Comments(2)
2009年 12月 15日

センスが違います

d0114140_23324071.jpg


物忘れが激しいお年頃なので
忘れないうちに書き留めておこうと思うのが
先月のパリ滞在中に見た画廊の一つに
気になった写真の展示があった件です。
滞在したホテルにほど近い地区にあったギャラリーで見た、
JEFF COWENと言うニューヨークの作家でした。
これがまた僕の好みにドンピシャ。
実にかっこいいのです。
展示もなかなかニクイ。
裸の写真の四隅に画鋲ですよガビョウ。
(あっ、裸の写真ってヌードと言う意味ではなく額縁に入っていないと言う意味ですよ。)
クリップや虫ピンのようなものなら経験がありますが
さすがに画廊空間で画鋲は勇気がいります。
でも、それがめちゃくちゃかっこいいのです
お値段も安くはないのです。
このセンスが体感したくてパリに行くのだとも言えます。
もちろん額装したものもあるのですが
画廊の展示センスもたまりません。
3月に予定している個展では作品を裸で見せる予定ですが
画鋲で留めたら
やっぱり似合わないだろうな。
おっしっ、
画鋲に勝つにはガムテープってところかな(笑)。
[PR]

by fujita-art | 2009-12-15 23:36 | Comments(0)
2009年 12月 11日

暖かな京都

d0114140_17512448.jpg



東福寺ならまだ残っていますよ。
そんな言葉に、
午前中一つの用件を済ませてから
ゆっくり行ってみました。
風が吹くたびに、舞う紅葉もなかなかオツなものです。
もう一件用を済ませて、京都国立近代美術館へ。
今回はイタリアのボルゲーゼ美術館展です。
メインはラファエロの「一角獣を抱く婦人」。
大好きなカラバッジョも一点ありましたが
ちょっぴり物足りなかったかな。
クラナッハのビーナス、借りられなかったのかな。
寒いよと聞いていたので、冬支度をしていきましたが
コートはずっと手に抱えたままの
昨日の京都でした。



京都国立近代美術館

d0114140_17551843.jpg
[PR]

by fujita-art | 2009-12-11 17:56 | Comments(2)
2009年 12月 08日

手帳が欲しい

d0114140_2313143.jpg


来年の手帳がまだない。
それほど多忙な人生を送っている訳ではないけれど
ないとやっぱり不便だ。
今日もお世話になっているギャラリーから
来春の予定を聞かれ、困った。
どこかにメモしてあったはずの3月に決まっている個展の日程が
即答できなかった。
電話の後メモを見つけて
ダブルブッキングはなんとか避けられたのでひと安心。
予定と予定の間に年末が入るとなぜか急に忙しく思えてしまう。
12月だろうと3月だろうと同じ日常の続きなのに
なぜだかせわしない。
実際にせわしくなるのは事実だから
これまた気もせわしない。
ゆっくり本を読む時間が持てないのは
健康に良くない。と思う。

まだ咳が続いており、
本調子でないのも困りものである。
今日観念して病院へ行き、
ヤクに手を出す。
けっこう効くみたいだ。
[PR]

by fujita-art | 2009-12-08 23:03 | Comments(2)
2009年 12月 03日

ヘ〜クション!

d0114140_18303942.jpg


ここ一ヶ月程どういうわけか
体調が今ひとつ優れなかった。
特に血液が動脈血管内を流れているときに示す圧力に異常事態が発生。
つまりその目が飛び出すほど高い数値が現れた。
シロートなのでヤクには手を出したくない。
気合いと根性で塩断ちした。
忙しい時についつい手が出てしまった
カップヌードルシーフード味と
恋人のように毎日私に寄り添っていた
亀田の「柿の種わさび味」に、泣く泣く別れを告げた。
口から入るものは徹底して塩気をさけた。

江戸っ子ではないけれど熱い風呂がでーすけだった。
それを風邪を引いてしまうのではないかという温度に下げた。

二週間が過ぎ、だいぶ下がった。
しかし、
塩味の効いた言葉まで失い、
おまけに風邪までしいちまった。
塩気を断った分、甘いものが増え
不本意な体型に変化したようにも思える。
あぁ、のどが痛い。
くしゃみも連発。

熱々のキムチ鍋が食いたい。
[PR]

by fujita-art | 2009-12-03 18:33 | Comments(2)
2009年 12月 01日

極秘の計画

d0114140_23185779.jpg


活版印刷の活字は鉛や錫なのど合金ですが
特殊な文字や図柄のようなものは樹脂版を使うのが一般的でしょう。
ぅん?原理はワタクシの専門の感光性樹脂版と同じはず。
ならばなんて事はない、凹版を凸版に替えてあげれば我が工房で出来るのでは?
いつもはポジで原稿を作っておりましたが
ネガで起こしてあげればいいんだよな。
やってみました。
でけました。このあと多少の改良点はありますが。
さて、問題は印刷方法です。
バレンで刷ってみましたがいまいちシャープさに欠けます。
銅版プレスの圧を微妙に調整してトライ。
インクもいろいろ改良しながら、、
あっ、行けるかもしれません。
自家製の活版印刷による詩画集というかテキストと版画の限定本が出来そうです。
来年の秋頃までになんとか完成させたいなと目論んでおります。
でも、昔から、一度計画発表しちゃうと、どういう訳か実現しないんだよな。
小学生時代の夏休み前の計画表と同じです。
まっ、見なかった事、聞かなかった事にして下さい。(笑)


■写真はパリの版画工房で見せていただいた活版印刷のための組版です。
[PR]

by fujita-art | 2009-12-01 23:22 | Comments(4)