<   2008年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2008年 12月 26日

一割は?

名古屋駅でのことです。
予定の乗車時間まで少し時間が空いたので、
時間つぶしにと駅前のビックカメラへ寄る。
目的の無い行動には心に隙ができるのかどうかは知らないけれど、
急に個室に入らなくてはならない緊急事態が発生したのです。
(お昼のエビかつ巻きが多すぎたかな?)
あいてるお部屋を目指し、緊急事態の収拾にかかろうとした瞬間、
目に入ったのがペーパーホルダーの上に誰かのお財布。
(まさか、用を足すのにお札を使う?)
あっ?もしかして悪いやつが悪い方法で手に入れて、
この小部屋で中身だけポケットに入れていったもの?

と、とにかく今は我が身に起こった緊急事態の収拾が先決事項です。
事態を収拾し、落ち着いたところで、
そっと現場に残された物証を捜査官は調べました。
きれいに並んだカード類。
きれいに重ねた現金。(おぉ、盗品ではなく、単なる忘れ物か)
嘘は時々つくけれど、ドロボーにはなりくない私。
身支度を整えて店員さんに渡さなくては。
ただ、このドアを開ける時が問題だ。
もし、ポケットに入れていたら、
近頃、物忘れが激しいおじさんはそのまま新幹線に乗ってしまうかもしれない。
若い頃、画塾の先生に「人の絵を見て盗みなさい。」なんて言われたけれど、
お財布は盗めとは一言も教わっておりません。

手にもってまずその手を見える位置に突き出すようにドアを開けました。
するとそこに待ってましたとばかりに若者がホッとしたような、
泣きそうな顔をして立っておりました。
若者よ、おじさんがいい人で良かったなぁ。
それにしても私のものより財布も中身も立派だったのは、
ちょっぴり気に入らない。
そりゃ感謝されましたよ。

あっごめん、渡した手、まだ洗っていませんでした。
[PR]

by fujita-art | 2008-12-26 23:50 | Comments(2)
2008年 12月 26日

目を上げると雪でした。


「しっかりした技術というものは、
 アーティストを奮い立たせるものだ。
 逆に、優れたアーティストというものは、
 技術を限界まで使いきるものだ。」

ピクサーで、3DCGレンダリングソフトの開発に携わり、
現在はディズニーにも関わるエド・キャットムルのことばです。
アーティストの部分を版画家に置き換えると
僕にもピンとくる言葉になります。
クリエイティブな仕事をしている人が
それぞれの仕事名に置き換えても良さそうです。
まぁ、とは言っても技術を限界まで使いきってはいないので、
優れたアーティストには成りきれないのだと、
陰口を叩かれそうではありますが。

今日はとても寒い一日でした。
出かけた先の車窓から、突然雪景色が現れました。
あわてて携帯カイロを取り出して、
ズボンのポケットに入れた次第です。(さぶっ)
[PR]

by fujita-art | 2008-12-26 20:12 | Comments(0)
2008年 12月 20日

マジカルミュージアムツアー

d0114140_19242045.jpg


版画工房に集まっている方々と
マジカルミュージアムツアーです。
メンバーが予約してくれたお店でランチを頂いたあと
横須賀美術館まで短いドライブ。
今日から始まった僕の特集を見るために、
無理矢理みんなを誘った訳です。
歴史上に残る作品群を断ち切るように、
第6室と7室に僕の作品が並んでおりました。
入り口に掲げられたパネルは担当学芸員さんが
かっこ良いものに作り替えてくれておりました。
写真を撮っていると、係員が怖い顔をして近づいてきたので
撮影許可証をお見せしました。
作者の顔は知られていませんが、(笑)
美術館スタッフはしっかりお仕事をしておりました。
作品は作者を離れると、生みの親にも知らん顔です。
立派に巣立っておりました。

今日は天気がよく、とても気持ちのよい中庭に出て
最後はツアー参加者全員で、お約束の記念撮影。
楽しい午後でした。

d0114140_1946482.jpg


横須賀美術館 小特集:藤田修


版画工房
[PR]

by fujita-art | 2008-12-20 19:28 | 美術館 | Comments(4)
2008年 12月 17日

子供たちの晴れ舞台

d0114140_19222795.jpg


12月20日から始まる美術館の展示に立ち会うよう言われ、
雨の中、横須賀美術館へ出かけてきました。
担当学芸員によって選定された作品の並びのチェックと
ライティングの打ち合わせです。
美術館での展示は興奮します。
自分の子供たちの晴れ舞台です。
公立美術館でお披露目されるこの子供たちは
本当に幸せです。
工房にいた時より数倍、立派に見えます。
美しい美術館で、ひときわ美しく見えます。

横須賀美術館常設展示室(BF)、第6室と7室を使っての
小特集展示です。
来年の4月12日までだそうです。
レストランが評判の美術館でもあります。
ランチのついでに、寄ってください。



横須賀美術館 小特集:藤田修
[PR]

by fujita-art | 2008-12-17 19:25 | 美術館 | Comments(10)
2008年 12月 13日

メモリーは指先に


突然ですが、
脳はどこにあるのか考えたことありますか。
またお前はバカなことを言うと、笑わないでください。
脳はアタマ、頭蓋骨のなかにあるくらい
小学生でも知ってるゾ、と言われそうです。
じゃあ、記憶はどこにありますか。
記憶は脳の中だろうって?
はぁ、やっぱりそうですか。
でもね、最近思うんですよ。
記憶しているはずのものがどこにも見当たらないことが実に多い。
今読んでいる一冊前の本の内容とか、
おととい画廊であった人の名前とか、
ケータイの予備の電池を置いた場所だとか。
つまり、日常のあらゆる場面でそのような事件が多発している訳です。
「事件は現場で起こっているんだ!」

ところが、たまに学校に呼ばれて、
フォトポリマーグラヴュールの細かくも長々とした手順を教えたり、
版画工房でソフトグランドを塗布する時のウォーマーの温度と
エッチングに使用するニードルにはペンシル型のけがきを使うと良いとのアドバイスと
松やに粉末を版面に付着させるためにアルコールランプを外すタイミングと
メゾチントのためのインクの粘度をどのくらいにするとかを、
同時に教えることができるんです。
昨日食べた夕飯のおかずを忘れてしまうような私がです。
慣れない四人の方に同時にです。
あと六人いれば聖徳太子です(笑)。

っで、何が違うのかなって思った訳です。
三日前に読み終えた小説の内容を思い出せない現実と
版画工房でのアタマのさえは、同じニンゲンとは思えません。
考えました。
日が経つと忘れてしまいそうなのでその日のうちに。
わかったんです。
なんてことは無い。
手を使って覚えたことと目で覚えたことの違いです。
ですから、脳は手にあるというのが
わたくしの今日の研究発表でございます。





版画工房

Osamu FUJITA HP
[PR]

by fujita-art | 2008-12-13 19:21 | 版画 | Comments(6)
2008年 12月 11日

Andrew Wyeth そして

d0114140_22123312.jpg


「ワイエスは二流だ」と言ったのは、高校時代の恩師でした。
1970年代、美術の世界ではポップアートやコンセプチャルアートと
時代は具象なんて誰も描いていない時代でした。
それでも1974年の国立近代美術館でのワイエス展は
美術家志望の少年にもそれなりに衝撃を与えたものでした。
その当時のワイエスの新作「薄氷」?の具象を超えた絵画の可能性に
多感な少年の心は釘付けになりました。
あれから34年、渋谷のBunkamuraでワイエスに再会してきました。
正直、34年前の衝撃はありませんでした。
作家の本領発揮のテンペラがあまりにも少ないです。
クリスティーナの世界に至ってはコピーパネルですもの(泣)。
初めて目にする80年代以降の作品は父N.C.ワイエスのイラストのようで
すこしばかり寂しくなりました。
ワイエスも80年代に話題になったヘルガのシリーズが頂点だった気がします。

今回、ヘルガシリーズ一点だけありました。
もっと見たかったなぁ。
でも、この一点で今日は満足しましょ。
それにしても、平日の朝からすごい人でした。
やっぱり一流です。ね。

ワイエスを見終わった後はすぐご近所のギャラリエアンドウへ。
友人の金子透さんの個展へ。
ストイックな画面作りに益々磨きがかかっておりました。



d0114140_23381910.jpg

[PR]

by fujita-art | 2008-12-11 22:17 | 美術館 | Comments(0)
2008年 12月 10日

これでいいのだ


夏に工房の引っ越しをしたあたりから、
慢性的な腰痛に悩まされていました。
やっと時間が取れたので、
医者に見てもらいました。
かなりひどい状態だそうです。
っで、冷やさないように、腹巻きをすすめられました。
えっ?
もう歳なのは認めますが、
腹巻きはねえだろ。
バカボンのパパじゃないんだから。
こう見えても、一応「あーちすと」を名乗っているのだし。
いめーじってものがねぇ。
まぁ、仕方が無いので、うにっきゅろ(UNIQLO)を覗いたら、
イマドキは「ぼでーうぉーまー」と呼ぶんだそうで。
笑っちゃいます。
何を恥ずかしがっているんだハラマキと呼びたまえ。

結局売り切れだったので、
またの機会ということになった次第です。
売れてるんだ(笑)。
あーちすとだって堂々と買えるゾ。
これでいいのだ。
d0114140_2024398.jpg





版画工房

Osamu FUJITA HP
[PR]

by fujita-art | 2008-12-10 19:01 | Comments(4)
2008年 12月 08日

消えたデータ問題


友人に荷物を送る必要があって、
PCの中にある住所録を開こうとしたら、
????どこにもない。
うそっ!!
そういえば先日、ごちゃごちゃしてきたデスクトップを整理しようと
いくつかのいらないフォルダをゴミ箱へ放り込み、
さらにゴミ箱の中身を確実に空にしたのですが、
その消去の時間がやけにかかったのを思い出しました。
大事なフォルダも一緒に消し去ってしまったようでした。
どうしよう?
年賀状用の住所録と展覧会用住所録と他いくつかの情報が
マックの闇に消え去ってしまった。(マックら闇)
昔は消えたデータを回復するノートン先生というドクターが確かいたのですが、
今はほとんど病気(クラッシュ)などしないせいか、そんな先生(ソフト)がいない。
青くなって調べてみたら、「ファイルサルベージ 6 PRO」という
いかつい名前のソフトがあることを知り、(いかついのにソフト?)
だめ元で購入してみる。
ネットで注文し、メールで受け取る。
モノのやり取りはない。(ついていけない)
すぐにインストールをし、使ってみる。
、、、、、、、、、、、、、、、、、。
おぉ〜!おみごと。(パチパチパチパチ)
完全に消え去ったデータが復活したではないか。
税込み9,975円は決して高くはない。

でも、これって消し去りたいデータも
第三者によって復活させられてしまう可能性があるってこと?
いやいや、消したい過去なんて、わたしゃ持っておりませんよ。(泣)
[PR]

by fujita-art | 2008-12-08 23:05 | Comments(0)
2008年 12月 06日

A Whiter Shade of Pale

d0114140_151531.jpg



10代の頃、何を思ったかエレクトーンなるものを習っていた時がある。(エッ?)
おそらく、ピアノは小さい時からやっていないと無理だと思ったのだ。
ギターはバンドをやっていたので少しは弾いたけど、
なんとか譜面が読めるようになりたいと思ったんだと思う。
一年くらい続いただろうか。
一度「発表会」なるものがあって、(ハズカシ)
僕はプロコルム・ハルムの「青い影」を歌い(怒鳴り)ながら弾いた。
思い出すと恥ずかしいのだが、今日 iTunes radio から「青い影」が流れてきて
うっかり思い出してしまったのだ。(一緒に口ずさんでいた)
あぁ〜、言わなきゃ良かった、、、、。



[PR]

by fujita-art | 2008-12-06 15:14 | Comments(2)
2008年 12月 03日

死の日は生まれる日にまさる

d0114140_1932484.jpg


日の落ちるのがホントに早くなりました。
夕暮れ時の訪れがあっという間です。
家に帰ると何通かの郵便物に混じって、
喪中のお知らせ葉書が今日も二通。
おつきあいのある方々も自分とそれほど変わらない年なので
親御さんが旅立ったとのお知らせが多くなります。
人は誰でも必ず通る道ですが、
人生の夕暮れ時を迎えるのはやっぱり寂しいものです。
でも、その反対にその時はいつも「生」について考える時でもあります。
作品作りにも必ず投影される問題です。



Osamu FUJITA HP
[PR]

by fujita-art | 2008-12-03 19:35 | Comments(0)