DAY BY DAY

fujitart.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 07月 ( 27 )   > この月の画像一覧


2007年 07月 31日

夏の夜の夢

ここしばらく思うようにいかなかった新作銅版画の始めの作業が今日はとりあえずうまくいった。室温が少し低かったのも良かったのだろう。やはり、夏の制作は夜に行った方が良い。本格的な銅版画の制作は久しぶりで、新しいイメージの立ち上げに挑戦している。ここ二三年作り続けているフォトポリマー・グラヴュールとは違う、もっと強いイメージのものをと思っているのだが、どうなるか。この夏、集中して取り組んでいこうと思う。


http://www.asahi-net.or.jp/~wi9o-fjtd0114140_2227768.jpg
[PR]

by fujita-art | 2007-07-31 22:27 | Comments(0)
2007年 07月 30日

掛布がいっぱい。

やはり、落選しました。僕の投票した候補者のことです。応援する政党もその都度違うのですが、どうしてだか、毎回落選です。昨日も書きましたが、やはり候補者は僕に投票しないでくださいとメールでも下さればたぶん当選すると思うのですが。
それから、選挙中、仕事の邪魔になるほど大きな声でがなり立てている方もやっぱり遠慮します。もっと落ち着けばなんて思ってしまいます。選挙が終わるとみなさん掛布の声になってます。


http://www.asahi-net.or.jp/~wi9o-fjtd0114140_2032336.jpg
[PR]

by fujita-art | 2007-07-30 20:34 | Comments(0)
2007年 07月 29日

落選する候補者は確実です。

選挙に行ってきました。行ってきた感想として、いつもより人が若干多いような気がしましたが、気のせいでしょうか。投票率はどうでしょうか。
さて、いつもそうなのですが、僕が投票した候補は必ず落選します。べつにあえて無理そうな候補者を選んでいる訳ではないと思うのですが、どういうわけか必ず落ちます。ですから、当選したい候補者は僕に絶対投票しないでくださいとお願いすれば言い訳です。いまのところそんなお願いをしてくる候補者はいませんが。


http://www.asahi-net.or.jp/~wi9o-fjtd0114140_19335735.jpg
[PR]

by fujita-art | 2007-07-29 19:34 | Comments(0)
2007年 07月 28日

勘は頼りになりません。

イヤになるほど暑い日が続きます。あまり暑いと、仕事のペースも確実に落ちます。これからは早朝か、夜に仕事の時間を持ってこなければと思います。実は銅版画を腐蝕するときの腐蝕液の液温も微妙に制作に影響してくるので気を使うところです。丁寧にやるときは、液温や比重なども計ったりします。慣れてくると勘だけでやってしまうので、失敗の原因にもなります。


http://www.asahi-net.or.jp/~wi9o-fjt
d0114140_17152116.jpg
[PR]

by fujita-art | 2007-07-28 17:16 | Comments(0)
2007年 07月 27日

海に面した美術館

この夏、横須賀美術館の常設に僕の版画が6点展示されているそうです。横須賀美術館は今年オープンしたばかりの美術館です。海に面したガラス張りの建物はなかなかユニークで開放感あふれる美術館です。横須賀の海に遊びがてらにぜひ、寄ってみてください。
本人もまだみていませんが、ご覧になったら感想など送っていただけるとうれしいです。
山梨県立美術館の夏の常設展示2点とあわせてお知らせします。


横須賀美術館
http://www.yokosuka-moa.jp/top.htmld0114140_22322633.jpg
[PR]

by fujita-art | 2007-07-27 22:36 | Comments(0)
2007年 07月 26日

下ごしらえに手間がかかります。

新しい作品を作る時、それも版画の場合のようにいくつもの行程を踏まなくてはならない時は、テスト版をつくり、データを出さないとなかなかうまくいきません。カメラマンが本撮りの前にポラロイドで撮ってみるのとちょっぴり似ているかもしれません。全く同じような作品を作るのでしたら、経験と勘で済むのでしょうが、少しでも、新しいことをしようとすればいくつもテストプレートを作らないと失敗します。版画制作はイメージに向かって方法論を解き明かして行くような作業が鍵を握っています。と言っても、方法論だけでは完成しないところがおもしろいのですが。


http://www.asahi-net.or.jp/~wi9o-fjtd0114140_17582361.jpg
[PR]

by fujita-art | 2007-07-26 17:59 | Comments(0)
2007年 07月 25日

版のお仕事。

「写す」ということだけにとどまるものはたんなるPrintで終わってしまう。版を通した時の、版のリアリティを物質感の強いインクを使って提示する。モノの存在感が人の死生観にまで昇華していく。その辺りのことをいつもぶれないように仕事をしたいと思っている。版画の仕事はなかなか奥が深くて、やりがいがあります。



d0114140_1974065.jpg

http://www.asahi-net.or.jp/~wi9o-fjt
[PR]

by fujita-art | 2007-07-25 19:08 | Comments(0)
2007年 07月 24日

汗だく。

室温は30度を優に超えます。その上フォトエッチング(銅版画)の作業では部屋を暗くするため、窓を閉め、電気を消します。さらに、感光液を乾かすために閉め切った部屋で温風ストーブをつけます。(暑っ〜!)溶剤をたくさん使用するのでエアコンはありません。それでも、いい作品が出来たときは暑さも忘れます。なかなかそううまくはいきませんが。


http://www.asahi-net.or.jp/~wi9o-fjtd0114140_21575163.jpg
[PR]

by fujita-art | 2007-07-24 22:01 | Comments(0)
2007年 07月 23日

棚からぼた餅は落ちてきませんでした。

どうにも片付かないので、急遽、棚を二つしつらえる。版画を制作しようとすると、オブジェ用に集めた小物類が邪魔になる。片付けべたで、捨てべたなのでいつも難儀をしている。棚など作らず整理整頓術を学べば、もっと仕事がはかどるのにと思うのだけれど、ほとほと嫌になる。棚を吊ったところで、ぼた餅は落ちてこない。あっちこっち棚だらけの仕事場です。それにしても、湿度が高すぎます。80%もありました。





http://www.asahi-net.or.jp/~wi9o-fjt


d0114140_197720.jpg
[PR]

by fujita-art | 2007-07-23 19:08 | Comments(0)
2007年 07月 22日

戦争は理由を問わず、絶対にいけません。

TVで靉光の特集をみる。前にも一度書いたけれど、最後の自画像はやはりダントツです。あの壁のようにそそり立ったような胸の表現。エルグレコを思い出すような顔の微妙なデフォルメ。ゲストの寺田氏もおっしゃっていたが、あの作品は本当に実寸よりも大きく見えます。浪人生の頃、竹橋へ行くたびに胸うたれました。正直言うと「眼のある風景」はそれほど心動かされたことはありませんでした。やはり、僕にとって、靉光といえば自画像です。



http://www.asahi-net.or.jp/~wi9o-fjtd0114140_2244338.jpg
[PR]

by fujita-art | 2007-07-22 22:05 | Comments(0)