カテゴリ:未分類( 1110 )


2017年 03月 27日

東京オペラシティアートギャラリー

d0114140_22052729.jpg
2007年から2008年にかけて
TORSO series と名付けた作品がある。
フォトポリマーと銅版画の併用版で
当時、相当苦労して作った記憶がある。
樹脂版の繊細さと、腐蝕銅版画の力強さを
なんとか融合させたいと
試行錯誤して出来たシリーズだった。
それなりに納得のいくものに仕上がったと思っている。
確か七点くらいのものだったと思うが、、。
そのうちの三点が東京オペラシティアートギャラリーに掛かる
と言う知らせがあった。
4月8日(土)から6月25日(日)まで開催の
「ブラック&ホワイトーーー色いろいろ」と言う
収蔵品展でのことらしい。
同時開催の企画展はデザイナーの片山正通のコレクション展だそうです。
なかなか興味深い企画です。
ちなみにワタクシの三点は
Voice、Will、Story です。
良かったら見て下さい。

■写真は「Voice」2007年の作品です。


...........................

[PR]

by fujita-art | 2017-03-27 22:10 | Comments(0)
2017年 03月 26日

春のセッション

d0114140_11532238.jpg

カリタイプ & リスプリント、
ゼラチンシルバー & ガム印画、
フォトドローイング/ぞうきんがけ、
カーボンプリント 、
フォトエッチング、、、。
へぇ〜、なんだか分かりませんがいろいろあるもんです。
いろいろありますがどれもこれも
興味深くていい作品が掛かっておりました。

昨日、オープニングを迎えた
SPRING SESSION と題した
池尻のモノクロ写真を扱うMonochrom Gallery RAINでのグループ展です。
どういうワケかワタクシも参加しております。
ここ最近お見せしているフォトポリマー版ではなく、
銅版によるフォトエッチングです。
思い起こせばまだPCも無かった時代
大きな製版カメラを駆使してリスフィルムを作り
猛毒の感光液を銅版に塗布したりして作っていたものです。
あの時代の苦労があって今の作品があるワケです。(なんてね)
まぁ、何はともあれついでがあったらご覧下さい。

昨日のオープニングはいろいろな方々から
写真のけっこうコアなお話が聞けました。
正直、半分も理解できませんでしたが。
分かったらオモシロいんだろうなということが
分かりましたとさ。

土日限定の展示ですのお気をつけ下さい。

Monochrome Gallery Rain



,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,





[PR]

by fujita-art | 2017-03-26 11:56 | Comments(0)
2017年 03月 17日

カタログレゾネ

d0114140_18101354.jpg

「こっちこっち」
岡山のギャラリー A-zoneのオーナーに案内されたブースで
金山明と田中敦子のカタログを頂く。
どう言う経緯での配布なのかはわからないまま
お言葉に甘えて頂いてきました。
無料配布していたのはGalleria Col と言う大阪の画廊でした。
アートフェア 東京の会場は見るものがいっぱいありましたが
本が重くて途中で諦めました( ̄▽ ̄)。
フェアでは欲しい作品も何点かありましたが
値段の折り合いがつかず無視しました。(ウソ)
どこのブースだったか前から気になっていた
ジャン・シャルル・ブレが掛かっていて
それだけで大満足でした。
興味のないものはスルーして(失礼)
気になったものだけじっくり見る。
公募展の審査員にでもなった気で見て回ると
結構楽しめることに気づきました。
それにしても貴重なカタログをを無料で配るなんて
なんとも太っ腹な画廊です。
帰りの電車で奥付を見ると全て1000部程度の限定本でした。
作品は買えなかったけれど、大満足の1日でしたとさ。
あ〜おも!(^^)。


d0114140_18203211.jpg

アートフェア東京 2017








........................

[PR]

by fujita-art | 2017-03-17 18:21 | Comments(0)
2017年 03月 14日

一部の方にお知らせ


TV放映の後、いくつかの問い合わせがありました。
特に作品に興味を持たれ、メールをくださった方々、
ありがとうございました。
放送で写真版画と紹介されていたものは正確には
「フォトポリマー・グラヴュール」と言います。
基本は銅版画の制作に近いものです。
放送は短い時間でしたが良くまとめられていたと思います。
しかし、TV画面では本当の良さはなかなか伝わりにくいのも事実です。
もし、ご希望でしたら版画工房へ直接お出かけください。
メールを頂ければ、可能な限り対応させて頂きます。

鍵コメントでお知らせ下されば嬉しいです。

fujita


[PR]

by fujita-art | 2017-03-14 21:09 | Comments(0)
2017年 03月 11日

もう春かな、、。

d0114140_16321338.jpg

久しぶりに工房へ行くと
テレビ効果もあってか、
シャッターの前に何人もの人だかりが、、、。

なんてことは全くなく、
猫一匹寄り付かない平和な版画工房です。

薄着と忙しさが重なって風邪をひくも
湯たんぽを抱えながら早寝遅起き療法でなんとか乗り切る一週間。
工房前の自販機からお汁粉がいつの間にか消えていて
あっ、もう春なんだねと気づかされる。
しょうがねぇ今日も一日頑張っちゃうか、、。
と言いつつなかなかエンジンがかからず
それでも工房を訪ねてくれた二人に版画の楽しさを熱く語る
3月11日の午前中でした。

ストーブの前でウトウトし、
時計を見れば
あっ、もうすぐだと
6年前の出来事を思い出し、
ひと時思いをあの日に重ねる。

ちょうど
開館して四年目の美術館で個展が開催中でした。






...................



[PR]

by fujita-art | 2017-03-11 16:40 | Comments(0)
2017年 03月 06日

テレビは照れ日

d0114140_21025334.jpg

「はい!もう一度最初からお願いしま〜ス」

「あっ、立ち上がるの少し早すぎま〜ス」

世界的スターにダメ出しをするか?
えっ?
アンタ誰?
チミねぇ、
こう見えてもワタクシ、我が家では家内の次に偉いんですよ。
もっともふたり暮らしですが、ナニカ?

「そこのローラーを動かすところ、もう少し長くお願いしま〜ス」
ハイハイやりますよ。
どーもいつもと勝手が違う、、。

先日テレビカメラが工房に入って来て
同じことを何度もやらされました。
ぶらりじゃないじゃん(ナイショです)。
おかげで「ワタシ失敗しませんから!」
でも旅人(主役)のタレントさんとすっごく気が合いまして、、。
カメラが回っていないところで共通の話題で盛り上がりましたとさ。
カメラさえ回ってなければそこそこ面白いことも言えるのに、
実に残念だ( ̄▽ ̄)。

あれからパン屋に行けば「てれび見ましたよ〜。」
えっ?ひょっとして250円のバケットが200円に?
ならないのね( ̄▽ ̄)。
居合わせたお客さんにも
「いつも何をやっているのかと思っていたけどやっとわかったワ。」
(テレビは恐いな、あんな短時間でわかったような気にさせちゃうんだから、、。)


まあそんなわけで
会う人会う人に声をかけられ、
やっぱりバットマンのマスクでも被って出れば良かったと、、、。

友人たちからは
尺、長かったねぇ〜とかなぜか業界用語で言われ、
五、六分でしょうか?
ホントはね
撮影、ワタクシのNGもあって三時間はかかってます( ̄▽ ̄)。

「ぶらり途中下車の旅」

あぁ〜チカレタ。

メディアに出るのは作品だけで良いと、、。

再確認( ̄▽ ̄)。

あぁ〜、ハズカシカッタ。








。。。。。。。。。。。。。。



[PR]

by fujita-art | 2017-03-06 21:18 | Comments(2)
2017年 02月 24日

テレビ出演

d0114140_16420609.jpg


ど・どうしましょテレビですって。
ついにテレビ業界からお声が?
美人女優と共演?
・・・ち、違うの?
じゃ悪役?
な〜んだドラマじゃないのね( ̄▽ ̄)。

ワタクシのマル秘版画制作の
インチキを暴きたいのだと
テレビ制作スタッフが訪ねて来ました。

番組はね、
「ぶらり途中下車の旅」って言うんですって。
美人女優とドラマ共演とはいきませんでしたが
京浜急行線を途中下車した美人が
(とっても素敵な方でファンになっちゃいました)
我が版画工房を訪ねて来ると言うくだりです。
言っちゃなんですが、
ワタクシなんて人生途中下車して40年、
いまだにぶらぶらしてまっせ(^^)。

でね、
ワタクシの顔のアップは
TVの前で卒倒する人が続出するといけないので、
撮影は出来るだけ手元だけをとお願いしましたが
どうなる事やら( ̄▽ ̄)。

よっ、大統領!
なんておだてられ、
秘密のアノ事、ソノ事、
惜しみなく公開しちゃいました。
写真が版画になるというアレです。
フォトポリマーグラヴュール。
なんと
製版から刷りまで全部見せます。

と言っても肝心なところはヒミツですが、、(笑)。
どうもインチキ臭い( ̄▽ ̄)。

そうそう、放送日のご案内です。

日本テレビ(4ch)
3月4日(土)9:25〜10:30

残念ながら首都圏のみの放映だそうです。

見れなくて助かったわと思っている
首都圏以外のブログファンの方
ご安心ください、
放送後一週間はネットでも見れちゃいます。
残念でした(^^)。


d0114140_16420416.jpg





...................................





[PR]

by fujita-art | 2017-02-24 06:00 | Comments(0)
2017年 02月 19日

制作時間

d0114140_14374486.jpg

作品を作るのにどのくらいの時間がかかるんですか?

こんな質問を良くされます。
一時間もあれば、なんて答えようものなら
なぁ〜んだ、意外に簡単にできちゃうのね、
と、思われるに決まっているでしょうから
六十うん年と自分の年を言ってその場をやり過ごすのですが
苦笑いされるのがオチです。
さて、先日TVカメラが制作過程を追うような機会があったのですが
ワタクシの作業が速すぎて追いつけないと言う事態が、、。
なんでそんなに急ぐのかって?
そりゃあなた、老い先短いからですよ(^^)

Life is very short, and there's no time
For fussing and fighting, my friend.


時々一人で口ずさむ
♪We Can Work It Out
Beatles の一節です。

まぁ、
ただ単にじっくり取り組む忍耐に欠けるだけかも知れませんが。




........................................................


[PR]

by fujita-art | 2017-02-19 14:43 | Comments(0)
2017年 02月 09日

本物のコレクター

d0114140_20420320.jpg

そこは明治時代からある蔵元で広い敷地内には酒造所や
レストラン、カフェ、ベーカリーにギャラリーまでありました。
創業当時、酒樽や道具の修理製作を行う工房だった
桶場と呼ばれた倉庫を改修した場所がギャラリーで
okebaと言うそうです。
そんな魅力的な空間で行われている
スロバキアの作家ドゥシャン・カーライ展に行ってきました。
友人でカーライ作品のコレクターとして知られている
江森清さんのコレクション展です。
今回展示されてる作品数も圧巻ですが、
まだまだ半分にも満たないと言うから驚きです。
今まで自称コレクターには何人にも会ってきましたが、
この展示を見れば、
こう言うのをコレクターと呼ぶのさと言いたくなります。
とにかく魅力的な場所でした。
(〜15日(水)まで)

okeba

カーライ展

d0114140_20421001.jpg

d0114140_20421450.jpg




.......................




[PR]

by fujita-art | 2017-02-09 20:49 | Comments(0)
2017年 02月 04日

tube

d0114140_18581254.jpg


犬も歩けばなんとかで、
ワタクシだって歩けば宝物に当たることも。
アトリエに向かっていつもの道をトボトボ歩いていた時です。
マスカワデンキとか言う個人の電気屋の前に
植木鉢が置いてあってその中に植木ではなく、
何故か大量の真空管が、、。
チラ見して
100m程通り過ぎたのですがやっぱり気になって気になって
引き返し、思い切って電気屋さんのガラス戸を開けました。

「あのぉ〜、植木鉢の中の真空管ですが?」

「あぁぁどうぞ、持ってって下さい。」

やっぱり普段から行いが良いとちゃんとご褒美が頂けると言うものです。(^^)
町の電気屋さんにとってはゴミみたいなもんでしょうが
アータ、ワタクシにとっては宝の山でございます。

えっ?何するのかって?
ヤボなこと聞きなさるなって。
見てるだけでワクワクするでしょ。
しない?
まぁ、見てらっしゃい。
近いうちにギャラリーの壁に飾られているのをきっと目にしますから。(^^)


,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,



[PR]

by fujita-art | 2017-02-04 19:08 | Comments(0)