DAY BY DAY

fujitart.exblog.jp
ブログトップ
2009年 01月 25日

オドロキの入場者数?

d0114140_2020396.jpg


いつも、作品写真の撮影をお願いしているカメラマン(ニシムラヒロシ君)に
横須賀美術館へ出張をお願いしました。
しかし頼んだ日をちょっぴり間違えたかもしれません。
行ってみてびっくりです。
今日は美術館で児童生徒造形作品展なるものを開催していました。
市民の意見や教育界の要求があったかどうかは知る由もありませんが、
公立美術館が、まるで幼稚園のお遊戯室で行われるかわいい発表会場のようです。
いまだかつてこんなに人がいる横須賀美術館を見たことがありません。
駐車場に入るにも渋滞だなんて、バーゲンセール中のデパートみたいです。
聞いてみると、なんでも市内の幼稚園、小学校の父兄には
入館無料招待券を配布しているそうです。
まぁ、これがきっかけで美術ファンが増えてくれればよいわけです。
でもね、幼稚園や小学生のチミたち、
そんな小さな時から美術館に作品が展示されるなんて、幸せですよ。(かな?)
おじさんが、作品を美術館に展示されるまで、
どれだけ長い年月がかかったか、(泣)
どれだけ血のにじむような努力があったか分かっておるの?
えっ、どーなの?
「おじさん、たいへんだねぇ。」
「なに、それ?この絵、黒ばっかりじゃん」
そんな声が聞こえそうです。

カメラマンは人が途絶える一瞬を待って
撮影をしてくれました。
お仕事が終わって、併設のレストランで
コーヒーを頂きホッと一息。
窓の外ではたくさんの小さなあーちすと達が転げ回っておりました。
今日はとてもきれいな海でした。


d0114140_20454977.jpg





横須賀美術館「小特集:藤田修」



ニシムラヒロシHP
[PR]

by fujita-art | 2009-01-25 20:28 | 美術館 | Comments(0)


<< 人はどこから来て、どこへ行くのか      チラシは半分に折って >>