DAY BY DAY

fujitart.exblog.jp
ブログトップ
2007年 08月 27日

銅版画の基礎講座 9

カーボランダム
 アクリルメディウムに炭化珪素を混ぜて版面に自由に塗る。メディウムが固まることによって炭化珪素(カーボランダム)が定着する。炭化珪素は砂状になっているので固まった表面はちょうどアクアチントの凸版状態のようになります。凸版のようですが炭化珪素の粒子の間にインクが引っかかるようになるので凹版ともいえます。他の技法とも自由に組み合わせることもできるし、カーボランダム単独で作品化してもよし。ちなみに僕は炭化珪素の500番にコピートナーを加えたものを使用しています。


http://www.asahi-net.or.jp/~wi9o-fjtd0114140_221184.jpg
[PR]

by fujita-art | 2007-08-27 22:03 | Comments(3)
Commented by 吉良康矢 at 2009-11-11 12:17 x
こんにちは。1年前にソープグランドエッチングの技法について質問した者です。1年ぶりに投稿します。カーボランダムの技法に使うアクリルメディウム、版面はどんなものを使うのでしょうか?木工ボンドとカーボランダムを混ぜて、銅板に塗ったものでしょうか?最近、コピートナーを手に入れたので、試してみたいと思っています。コピートナーは粉の細かさから人体に悪そうですが、使うときはマスクが必要ですか?
気まぐれな質問ですが、よろしくお願いいたします。

Commented by fujita-art at 2009-11-11 21:04
吉良康矢様
メディウムはグロスメディウムでもマットメディウムでも何でもいいと思います。経験ではトナーだけだと少し細かすぎてインクの引っかかりが少ないような気がします。メディウムの量を工夫すれば解決するかもしれません。版面は別に何でも良いと思います。私は銅版を使い他の技法との混合でやりました。マスクは防塵マスクを、風邪予防の使い捨てマスクでもいいでしょう。ただし、理科材料で炭化珪素(カーボランダム)が手に入ればそれの方がうまくいくかなと思います。
Commented by 吉良康矢 at 2009-11-12 00:26 x
カーボランダムはサンドブラスト用の薄緑色のを使っていました。
版面は砂絵みたいに表面がざらざらしているものなのかなと思いました。
ありがとうございました。


<< 銅版画の基礎講座 10      銅版画の基礎講座 8 >>