2009年 12月 15日

センスが違います

d0114140_23324071.jpg


物忘れが激しいお年頃なので
忘れないうちに書き留めておこうと思うのが
先月のパリ滞在中に見た画廊の一つに
気になった写真の展示があった件です。
滞在したホテルにほど近い地区にあったギャラリーで見た、
JEFF COWENと言うニューヨークの作家でした。
これがまた僕の好みにドンピシャ。
実にかっこいいのです。
展示もなかなかニクイ。
裸の写真の四隅に画鋲ですよガビョウ。
(あっ、裸の写真ってヌードと言う意味ではなく額縁に入っていないと言う意味ですよ。)
クリップや虫ピンのようなものなら経験がありますが
さすがに画廊空間で画鋲は勇気がいります。
でも、それがめちゃくちゃかっこいいのです
お値段も安くはないのです。
このセンスが体感したくてパリに行くのだとも言えます。
もちろん額装したものもあるのですが
画廊の展示センスもたまりません。
3月に予定している個展では作品を裸で見せる予定ですが
画鋲で留めたら
やっぱり似合わないだろうな。
おっしっ、
画鋲に勝つにはガムテープってところかな(笑)。
[PR]

by fujita-art | 2009-12-15 23:36 | Comments(0)


<< ドゥシャン・カーライ      暖かな京都 >>